FC2ブログ
2021年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2020.02.21 (Fri)

コロナの呪い パート②

やっぱりというか、恐れてた最悪の事態になっちもうた。

昨日鹿児島マラソンの中止が決定したみたいで、残念。

IMG_0671.jpg

昼過ぎからずっと2階の書斎に籠って仕事してたけど、スマホやタブレットは1階に置いたままで世間の状況が全く分かってなかった。

あたりが暗くなってから仕事を終えて1階に降りてスマホを見たらLINEがなにやら騒がしくなっている。

ラン友のグループLINEがそれわぁもう、大賑わい。

アプリを開いてマラソンの中止決定を知ってしばし茫然。


晩御飯の準備はほとんど出来てたけど、財布をもって近所のスーパー(タイヨー♪)に行き、止めていた焼酎とおつまみ各種とめんどくさいので晩御飯の弁当を買って帰り、お湯を沸かしてつまみ類を広げてやけ酒スタート。

今までは何があろうと嫁が帰るまで焼酎は飲まない!ご飯は二人そろってから食べる!との原則を初めて破った。

その間もLINEの着信音は止む事はなく、みんな恨み節を書き綴っている。

つい先日、東京在住のラン仲間の女の子を東京マラソンが中止になって可哀そうだの、元気出せだの、言ってたのに逆になぐさめのLINEも届く。

東京マラソンどころか、名古屋のウィメンズマラソンも中止になってしかも翌年の優先権もないとの事だったが、すっかり吹っ切れた感じだった。

だって昨年も神戸マラソンが台風で中止になった経験をしてる。

しかも、前日のバスでのコース下見会の最中に関係者が青い顔して中止の連絡をしたらしい。

そのまま宿泊もキャンセルして東京に帰ったらしい。

そんな事を経験してるからすっかり開き直り状態。

けど、自分も含めて地元のラン仲間にはどっか頭の隅にはあったけど、実際に中止決定がなされると今までやってきた追い込んだ努力と練習で走り倒した距離と、目標の自己ベスト、あわよくばサブ4も狙えるんじゃないかとの淡い期待もガラガラと音を立てて崩れて行く。

特に昨日は18kmのペース走を行って確かな手ごたえをつかんで充実感に満ちていたのに・・・


状況が状況だけに、中止決定は仕方ないか。。。

参加予定だったランナーは当然ショックだったろうけど、事務局や大会関係者は苦渋の判断だったと思う。


まだ正式な発表はないけど、来年の優先権はどうなるんだろう?

エントリーフィーが返却されないのはランナーなら皆分かってる事だからそれは良いんだけど、鹿児島マラソンも認知度が上がって最近の抽選倍率は半端じゃない。

第1回大会から5回連続で当選した幸運が優先権がなかったら、来年も走れる保証はどこにもない。

とか色んなこと思いながら、仲間とのLINEをやりながら、帰ってきた嫁に禁酒を破ってしかも先に飲んでた事を謝罪しながら、グッデグデの一日がいつの間にか終わってた。


今朝は元々完全休養日にしてたから走る予定ではない。

そんで近所を散歩しながら今後どうしようかと考えた。

本来なら鹿児島マラソンを走り終えた3月からしばらくの間ぐうたらしてチャリンコなんかで遊んでて、5月くらいから来シーズンに向けての練習を再開しようと考えてた。

そんで今の自分の現状を考えるに、禁酒と食事を見直したおかげで菜の花マラソン時より4キロとちょい、体重が絞れてる。

フルマラソンで4キロ減だと12分も速くなる計算だ。

予定では鹿児島マラソンまでに6キロ近く体重を落とすつもりだった。

先日のラン仲間と走った甲突川のナイトランでもサブ4ペース以上のペースで走り切れた。

いつフルマラソンを走ってもかなりの成績が残せるんではないかというくらいに仕上がっている。

このまま喪失感でヤケになり、今の自分の現状をドブに捨てるのはあまりにももったいないのではないかとの思いが沸き上がる。


このまま来シーズンに向けての前向きな練習を続ければサブ4なんて簡単に達成できるのではと、だったらこのまま行っちゃうことに決定 (*^-^)

かなり凹んだけど、立ち直りも早い。


けど、実際食事の見直しと禁酒はちょっと大変なので、すこ~し解禁してもいいのではないかと (^^;;

体重管理をしながら、ちょっと強度落として今の状態が維持できる練習内容に戻し、9月から今までやった練習を再開して追い込んで行く。

まぁ、今まで追い込んだ練習を1年間続けたらオヤジの体は跡形もなく潰れてしまう。

せっかく仕上がった状態をドブに捨てる事なく、

頑張って来シーズンに笑っちゃおう o(*^▽^*)o~♪


明日からまたサブ4への挑戦をゆ~っくり開始 (((^^;)(;^^)))

16:56  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.02.18 (Tue)

コロナの呪い

日本各地の主要マラソンが目白押しの2月3月だというのに、コロナウィルスのせいでとんでもない状況になっている。

京都マラソンは2割ものランナーが辞退したそうだし、とうとう中止に追い込まれた大会もあったそうな。

東京マラソンは超エリートのみの大会に縮小されちまった。

直近3年以内のタイムが2時間20分以内の記録を持ってるエリートランナーのみが出場って、日本最大の市民マラソンだった筈がプロのレースになっちもうた。

でも事が事だけに仕方ないって言えば仕方ない。

あおりを喰ったのが何人か知り合いにもいるんだけど、初めて物凄い倍率の、多分日本で最高の倍率の抽選に奇跡的に当たってメチャクチャ喜んでたラン友が、不憫で。。。

来年の参加は優先されるそうだけどエントリーフィーは返金されず、来年参加の場合は少し安くなるそうな。

来年も払うんかい!

確か東京マラソンって1万6千円くらいじゃなかったかな、エントリーフィー?

もっと不憫なのが、東京在住のラン友の女の子で、『どうしても東京オリンピックの年にほぼ同じコースの東京マラソンを走りたい!!』と、抽選に外れたけどチャリティー枠の出場を勝ち取った。

チャリティー枠が10万円也!諸経費込みの値段はなんと15万円也!!

昨年夏に東京で一緒に豊洲を走って恵比寿で飲みまくった時に、とっても嬉しそうに『オリンピックランナーが走る前にオリンピックコースを走れる♪』とはしゃいでた。

けど、オリンピックのマラソンは札幌に持っていかれるは、東京マラソンは一般の市民ランナーは排除されるはで、とっても不憫じゃ。

あまりにも可哀そうでまだ連絡を取れないでいる。

これでチャリティー枠の15万円也も返金はしないって事になったら東京都、詐欺とまではいわんが、あまりにもあこぎだぞ!

昨日のうちに鹿児島のラン仲間だけとは連絡を取ったけど、しばらくは騒がずそっとしといてあげようという事になった。


かえすがえすも、不憫じゃ。


コロナとは関係ないけど、昨年走った熊本城マラソンは激しい雨と風と寒さで救急搬送されたランナーが40数人もいたとか。

とっても走りやすくお気に入りの大会だけど、今年は抽選に漏れてた。

その大会で低体温症で棄権するランナーも多かったらしく、ニュース映像ではガタガタ震える大勢のランナー達が回収バスに乗り込むシーンが映し出されていた。

天気とウィルスだけにはマラソンは勝てない。


鹿児島マラソンも他人事ではなく、毎日大会のオフィシャルサイトを覗いて情報を確認してるけど、今のところは開催する方向で関係者の方達が動いてくれてるようだ。

中国人の参加予定者には参加を遠慮してくれるように要請しているとの事だが、奴らは大人しくしてるだろうか?ちょっと心配だ。


今日もとっても寒くて風が強かったけど、頑張って坂ダッシュ10本とジョギング12kmを走ってきた。

昨日やった筋トレと今日の坂ダッシュのせいで足はパンパンだけど、そろそろ筋トレは止めにして疲労抜きに入ろうかと思う。


何事もなく、鹿児島マラソンを走れますよ~に (((^^;)(;^^)))

17:05  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.02.13 (Thu)

幻の平日数量限定三色チリメン丼定食

日置市江口浜の道の駅『蓬莱館』の食堂で出される定食や海鮮丼はリーズナブルでとっても新鮮なんだけど、それだけにお客がとっても多く、入り口で名前を書いて日曜日なんかかなり待たないと順番が来ないほど盛況だ。

最近は平日でも多くなってるような気がする。

その中でも平日のみの数量限定『三食チリメン丼定食』がメチャクチャ旨い♪

でも最近は競争が激しく、とんと喰えてなかった。

先日も12時半ごろ行って20分ほど待って席に通された時にはすでに完売。

かなりがっかりだったけど、代わりに頼んだ魚フライ定食も自分の中では蓬莱館の第2位に入る美味しさだ。

次が煮つけ定食、次が海鮮丼だ。

でも、チリメン丼(シラス丼)がどうしても喰いたくて、昨日は雨だったのでランニング練習はお休みにして三食チリメン丼を喰う為にだけ蓬莱館に行ってきた。

平日の結構雨が強い日だから流石に客も少ないだろうと思い、それでも昼飯には少し早めに家を出て、11時40分に席に通された。


あった (^^♪


今年初めて喰える三食チリメン丼!

IMG_4758.jpg

IMG_4759.jpg

ゆがいたばかりのシラスと乾燥シラスを味付けしたヤツとシラスのかき揚げがご飯の上にたっぷり乗っている。

しかも新鮮な刺身や小鉢や浜汁までついて980円だからたまらん。

けど、雨の平日にもかかわらず、お昼前だというのにほぼお店は満席状態。

自分が三色チリメン丼を頼んでお店の人がオーダーを厨房に通したとたんに厨房の中から『これで完売で~す』の声が聞こえてきた。


最後の一杯。

フッフッフ (*^-^)


しばらくして隣の席に座った夫婦が自分のチリメン丼を見て頼んでたけど、お店の人の完売の声にガックシ。。。


フッフッフ (*^-^)


一見さんが簡単に幻の三色チリメン丼を喰おうなんて、10年早いわぁ~!!

時々恨めしそうにチラチラ見てた気がする。


フッフッフ (*^-^)


一度でいいから嫁にも喰わしてあげたいカモ。

でも嫁は土日しか来れないからいつも2番推しのフライ定食か、3番推しの煮つけ定食を喰らってる。


平日って、最高 (*^-゜)vィェィ♪

18:45  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.02.12 (Wed)

超ドMな30K走

日置市の江口浜で昨日お一人様30K走をした。

江口浜の海岸沿いを片道3キロのフラットなコースで往復5周、1回の給水と補給食休憩をはさんでペースはキロ6分を地道に刻んで走り切った。

ほんとは一日前に走りたかったんだけど、その日は風が強くて断念した。

以前風の強い日に15kmを走った時、とっても辛かったので30Kは無理そうなので一昨日は坂道練習に充てていた。

キロ6分ペースでの30K走は普通といえば普通の練習なんだけど、前日の坂道走を終えた時にスクワット200回とランジを100回づつ200回、その他腹筋やら何やらと、筋肉を痛めつけるだけ痛めつけてやった。

その翌日の30K走なのでアップの段階から股関節やありとあらゆる筋肉達が悲鳴を上げているのが分かる。

それでもドMな30Kを敢行したのはフルマラソンの30km以降の状態でもゴールまで走り切るスタミナをつけようとの狙いがある。

でも、スタートして10km走っただけで辛い。

IMG_4756.jpg

IMG_4745.jpg

IMG_4743.jpg


何度止めようかと思ったけど、サーファーのお兄さんやお姉さん達がエールを送ってくれたから。

この日は風が殆どなく、波も穏やかだったのでサーフィンをしてる人はだ~れもいない。

せっかくの休みの日に江口浜までやってきたけどサーフィンを断念したんだろうか、十数人のサーファーがあちこちで呆然と海を眺めていた。

その横を何度も往復してる変態オヤジが一人でゼエゼエハアハア言いながら走ってるので『ガンバレ~♪』と小さく手を振ってくれるお姉さん達。

オヤジは単純だからとっても元気をもらってひたすら走り、また心が折れそうな時に別なお兄さん達のサーファーが『さっきからすごいですね~、何キロ走るんですか~?』と、30Kだというと『頑張ってくださ~い♪』と、また元気をもらう。

次の周回になるともう誰もいなくなっていた。

その後の2周、12㎞が辛かったけどドM30K走を平均ペースキロ5:59で走り切った。

筋トレ翌日の30K走ってとっても辛かったけど、江口浜海水浴場のベンチに座って水分補給とBCAAやアミノ酸やクエン酸のジェルとか飲んで砂浜見ながら一人ヌボォ~っと達成感に浸る。

しばらく休憩してから重い腰を上げてストレッチをするけど、どこもかしこもバッキバキ。

砂浜では犬の散歩やウォーキングに釣り人にと、天気の良い休日を楽しむ人がいっぱいいた。

のどかな時間が流れてたけど、日置市の正午の音楽が流れだした。

8時半に江口浜にやってきてアップをしてから12時くらいまでと考えてたけど、バッチリ予定通りにこなせた。

後はお決まりの温泉にた~っぷり入って体のケアに努めたけど、今朝起きて、さすがに体がバッキバキ状態。

今日は一日完全休養日。


また温泉に入り浸り (^^♪

18:03  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.02.09 (Sun)

LT走

少しでもマラソンのタイムを引き上げようと今取り組んでる練習がいくつかあるけど、インターバル走や坂ダッシュや10kmのペース走に加えてLT走なるものを週一でやっている。

LT走=閾値走(いきちそう)というらしいが、乳酸がたまってもう走れなくなる上限を引き上げてくれる練習らしい。

5kmや10kmの現状のタイムから換算するベストなペースを割り出す表がネットでも公開されてるから、それによると現状ではキロ5:20で20~30分走ればいいらしい。

5kmだけならもう少し速く走る事が出来るのかもしれないけど、それではダメで、あくまでも走り終わってから少し余力を残さなければならないらしい。

この練習を週に1~2本走り続けると少しづつもっと速く走れるようになるのだと。

最初やった時にはキロ5:20は結構きつくてデータの読み違えじゃないかと思ったけど、何度見返しても現状ではこのペースがベストらしかった。

でも2回目に走ったら結構余裕で走れたから不思議だ。

乳酸の処理能力が進化したらしい。

この調子で余裕の度合いが大きければ少しづつペースを上げて行くそうな。

これにロング走やゆっくり走るLSDや坂ダッシュやインターバル走など、色んな練習をして体に刺激を入れ続ければサブ4なんて簡単に出来てしまうとか・・・

世の中には老いという厄介な現実があるのを、このデータを作ったヤツらは知っているのだろうか?

そう簡単にはいかない事は分かってるけど、藁にも縋る思いでやってみる事にした。

今シーズンは無理でも、来シーズンにはきっと!の思いで希望を持たなくてはネ♪


ちなみに、先日運動公園の周回コースで1kmのインターバル走を6本走ったけど、最後の1本で全開で走り切り、走り終わってから両ひざに手を置いてハア~~ハア~~~!!と大きな声を上げてぐったりしながらも充実感にほくそえんでたら、ウォーキングのオバちゃんがガラ携出して大真面目に『大丈夫な~、救急車を呼ぼうか~』なんて言ってたから、慌ててお礼を言って大丈夫だから~って。

ちょっと焦った (^^;;


とりあえず、今回は自己ベストの更新を期待してゼエゼエハアハアいいながら、坂道や運動公園のランニングコースや海岸沿いを毎日のように飽きもせず走り倒してる、変態的 オ・ヤ・ジ(^^♪
21:03  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.02.06 (Thu)

近所の温泉

日置市の湯之元に引っ越して2年とちょい。

すっかり田舎暮らしを満喫してるオヤジになっちもうたけど、当初の主たる目的である『ランニングとロードバイクを思いっきり楽しみたい!』との願いは今のところすべて叶っているからいいんだけど、それだけではなく思わぬメリットも沢山ある。

場所が湯之元だけに温泉がその代表だけど、湯之元の温泉は殆どが150円で入れる。

しかもご近所だからチャリや歩いて行ける距離にいっぱいある。

今の時期は鹿児島マラソンに向けての追い込み練習で毎日海岸沿いや山道を走り倒してるけど、その後は必ず温泉に飛び込む。

走った後のケアで水風呂やサウナの設備がある温泉は車で10分も走ればいくつもあるけど、さすがに150円では入れなくて大体300円前後になる。(それでも安いけど・・・)

しかし日置地区には超高級温泉が2件もあるのを最近発見した。

超高級温泉だけあって入湯料も破格だ!


一つ目は伊集院の山の中にある『花水木』という温泉だけど、ここは日曜日に行っても客が少ないうえに広くて色んな温泉があって隣が川で眺めは最高だ。

今日の練習後にはここの温泉に入ってグデェ~っとしてきたけど、平日とあってほぼ貸し切り状態。

しかしお値段も超破格の420円もする (^。^;)(^^;;;

とにかく露天風呂が最高で、ほんのりと硫黄の臭いがしていつまでも浸かっていたくなるからたまらん (^^♪

隣に宮田石のそうめん流しがあるけど、夏は賑わうんだろうね。

花水木の温泉をしこたま堪能した後は、道の駅の蓬莱館に寄って新鮮な魚なの海鮮丼などを食して腹いっぱいで帰ってきた。

なんて贅沢なんだ (*^-^)

IMG_4725.jpg

IMG_4719.jpg

IMG_4711.jpg

IMG_4707.jpg

IMG_4703.jpg


二つ目は高級旅館の温泉のようなハイソサエティな、セレブ的な雰囲気が味わえる凄い温泉だ~!

しかも地元湯之元のこれまた山の中の渓谷沿いにある風流なところ。

『つれずれの湯』という、見た目も高級旅館と間違うようなたたずまいで、こちらの温泉も味わいがあって並の温泉とは違うのがすぐ分かる。

特にサウナが強烈で、サウナ好きにはたまらんと思う。

高圧のスチームサウナでもう汗ダラッダラ状態が味わえる。(汗なのか蒸気なのかもう分らん)

サウナから出る時立ち上がったら息が出来なくなるくらい蒸気で苦しいけど、露天にある水風呂にドボンと浸かればもう極楽極楽 (^^♪

水風呂が露天にあるので渓谷の景色や鳥のさえずりや、森林浴状態だ~!

なので、その辺の温泉と違ってここの入湯料は超破格の、500円もするのだ!!

けど、温泉から上がったら冷たい水とコーヒーが自由に飲めるのはありがたい。

コーヒー(インスタントだけど(^^;; )を飲みながら、外のテラスで絶景を見ながらヌボォ~っとするのがまた極楽極楽♪

IMG_4684.jpg

IMG_4687.jpg

IMG_4688.jpg

IMG_4690.jpg

IMG_4691.jpg


ご近所の昔ながらの温泉が、去年の増税後もかたくなに150円を守っているので当たり前になってるけど、東京や福岡のスーパー銭湯に比べたら500円なんてとんでもない料金だと思う。

昔東京で冬の寒さに耐えきれずに朝風呂に入りたいと銭湯に行ったけど、東京の銭湯って夕方からだし、温泉じゃなくて沸かし湯だって、その時はじめて知った。

ガタガタ震えながら帰った記憶がある。

鹿児島の銭湯は温泉が当たり前で、朝早くからやってるのが普通だって事が、よそでは普通じゃなかった。

ありがたい事に鹿児島ではどこに行っても温泉があるし、地元の温泉はどこも微妙に泉質が違ってて飽きない。

鹿児島マラソンが終わったらランニングは少しお休みしてロードバイクでツーリングを楽しむんだけど、着替え持参で吹上や加世田の温泉にも入りに行く。

ただ、ロードバイクで走って温泉に入って気持ちいいんだけど、ま~たロードバイクで帰ってくるのでまた汗だらけになる。

そうゆう時は近所の150円の温泉に飛び込む!

これが、極楽だ~~(^^♪
19:13  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.02.04 (Tue)

最後の追い込み

昨日は雨は降らないものの、ずっと曇り空で肌寒い一日だったけど、頑張って30キロ走を走ってきた。

レースペースより10秒遅いペースでイーブンペースを心がけて走ったけど、結局タイムはレースペースにほとんど近いペースで走り切れて大満足♪

最近はネガティブスプリットが良いと言われてるけど、どんなに前半ペースを落としても結局は30キロ前後で疲労でペースは落ちる。

ラン仲間とも飲み会でこの話題がいつも出てくるけど、サブ3ランナーみたいな走力があるランナーならともかく、やっぱり一般のオヤジランナー達は体力には限りがあるのでネガティブスプリットみたいな後半30キロからペースを上げるなんて土台無理!

ポジティブスプリットみたいに前半飛ばして貯金を増やすなんて愚かな行為も後半潰れるのは確実な訳で、ならばイーブンペースが正解なのかもしれない。

そんでレース当日の状況を見ながらだけど、調子がよさそうならちょこっとだけ、それも苦しくない程度にペースを上げるのも有りだと思う。

それもせいぜいキロ5~10秒程度。

これを30キロまで愚直に刻んで行ってラスト12キロを涙と鼻水垂らして気合と根性と沿道の応援だけを頼りに頑張れば、自己ベスト更新も見えてくる。

これが今度の鹿児島マラソンのマル秘作戦だ(^^♪

来週もう一回ロング走を25~30キロを走って、後はひたすら心肺機能を強化でインターバルや坂道走やダッシュを繰り返す予定。

それをほぼ2週間バカみたいにやる。

そんで最後の2週間近くを強度は変えずに距離を徐々に短くして疲労を抜き、3月1日の本番を迎える予定。

青島太平洋マラソンと菜の花マラソンを良い感じで走れてるのでぜひとも自己ベストを更新させたいけど、それが出来れば来シーズンに念願のサブ4も見えて来る筈。

せめて10年早くマラソンを始めていればと思うけど、こんなオヤジになっちもうたんだからしょうがない。

同世代のオヤジでも世の中にはサブ3を平気で走る兵も世の中に沢山入るんだから、まだあきらめるには早いと思う。

ただ練習をやるだけではサブ4どころか自己ベストもままならないので、今取り組んでるのは禁酒と夕食の炭水化物抜きの食事。

どちらもまだ一週間だけど、体重が2kg落ちている。

毎晩の晩酌がいけないとは分かってたのに、10年前のタバコの禁煙は成功してるけど禁酒はなかなか達成できなかった。

何も一生禁酒をしようなんて思わないけど、せめて鹿児島マラソンまでは我慢して、3月2日に浴びるほど飲んでやる (*^-^)

まだ一週間だけど、別に今回の禁酒は不思議と苦にならないし寝る時間が早くなり、しかも熟睡できてる。

炭水化物を夜抜くのも工夫して、おからでクッキーっぽいのを焼いて主食代わりにしてる。

生おからにシーチキンとマヨネーズと卵と顆粒のだしの素を入れて混ぜ合わせ、クッキー状に成型してオーブンで焼いている。

味がたんぱくだけどカロリーオフのマヨネーズか市販の甘酢あんかけみたいなのを掛ければかなり、旨い!!

フライパンで焼いた方が少しだけ美味しかったけど、ガスオーブンの方が一度に大量に作れるから面倒がない。

これと野菜中心のおかずと味噌汁で特に不自由なく食えるから痩せる。

この調子で一週間に2kgづつ痩せれると、そんなに甘い訳はないと思うけど5~6kg痩せたら最高だ。

いつもおなかの中?にある6kgの鉄アレイを置いて走れるんだから、それはもう楽しくない訳がない (*^-゜)v

5kgも痩せられたら単純計算でフルマラソンを15分短縮できる。

フルマラソンでは1kg減で3分短縮出来ると言われてるそうな。

今までどんなに走っても、ある程度の所で体重がストップしてたけど、禁酒とおからで体を絞って自己ベスト更新を狙ってやる o(*^▽^*)o~♪

ちなみに、嫁もちょっと痩せたと言っていた。

後は残り1ヶ月足らずだけど故障が一番怖いので、体と相談して練習計画をその都度見なおす勇気も必要だと思う。



なんか、アスリートっぽくない (^。^;)(^^;;;

09:48  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.01.27 (Mon)

東郷町で遊ぶ

日曜日にさつま川内市の東郷町で『とうごう天神梅マラソン』があり、昨年から10kmの部に嫁と一緒に出てるんだけど、今年は1年後の年末年始の小旅行の下見を兼ね、『東郷温泉ゆったり館』という温泉旅館に前泊した。

日帰り温泉も兼ねてるので宿泊客だけの温泉という訳ではないけど、部屋に入って早速温泉に浸かってまた部屋に戻ってきて嫁と速攻で意見が一致。

一年後の年末年始は、ここではない!


施設が老朽化が目立つ。

別に古いからといってすべての旅館がだめじゃないけど、ここは部屋はそこそこ広いけど部屋や廊下のカーペットがシミだらけで汚く、すべての部屋が禁煙らしいけど宿泊棟の入り口が喫煙所になってて廊下がメチャクチャたばこ臭い。

これわぁ~、絶対ダメな奴でアウト!!

温泉もジェットバス系がすべて配管が老朽化してて作動してないし、日帰り温泉で人も多すぎ。

なので、なし。。。


10kmのレースは前日が雨で当日も変な天気だったけど、なんとか雨も持った。

しかしゴールのグランドが泥だらけ。

それでも鹿児島マラソン前のスピード練習にはもってこいのレースで知った顔も沢山出てた。

IMG_4673.jpg

IMG_4672.jpg

IMG_4674.jpg

その中でも今でも知り合いってゆうのが不思議なんだけど、今年もエリートランナーのお兄さんが出てて、夫婦で会場付近でアップしてたら話しかけてくれた。

12月のアオタイの待機場所でも会ったけど、その時は疲労骨折の疑いがあるみたいだと医者に言われてたみたいでちょっと自重して走るって言ってた。

まぁ、あまり無理しないでサブ3が出来れば良いかなって言ってた。。。

そんでアオタイの結果はどうだった?と聞いたら何とかサブ3では走れたと。。。

確かに、若手の実業団の選手より速く走れて色んなレースで年代別の優勝を数多くしてるとんでもないエリートランナーだからサブ3くらいは軽く走れるのだろう。

自分らの知り合いでは福岡に住むラン仲間が昨年やっとサブ3を達成したとのLINEを貰ってみんなで『すごいね~、おめでとう♪』なんて盛り上がったのにね。

この10kmは鹿児島マラソンを意識してペース走的な感じで走るって言ってた。

その意識はレベルははるかに違うけど、自分と同じだ (^^;;

そしてレースは総合で3位入賞して年代別では当然のように今年も優勝してた (*^-゜)v

嫁と話す時はいつも『速いお兄さん』って言ってるけど、もう40代になるそうな。

それでもフルマラソンを2時間20分台で走ってしまう人と何を間違ってお知り合いになれたのかねえ (;^_^A

いまだに不思議だ。


雨のせいでビッチャビッチャの泥んこだらけのグランド状態だったけど、この大会は結構好きな大会だ。

タイムも夢の50分切りは出来なかったけど、限りなく近い自己ベストを出せて満足(^^♪

60過ぎのオヤジにしては菜の花マラソンに続いて結構ヤルジャン、自分 (*^-^)
18:17  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.01.21 (Tue)

なんて贅沢三昧なんだ

3月の後半に毎年1泊~2泊程度の県内の温泉宿に、お二人様慰安旅行を行っている。

毎年3月の鹿児島マラソンがシーズン最後のマラソン大会として以降は暖かくなるまではシーズンオフ的な感じで、嫁もそのころ仕事が一段落するので昨年と一昨年は紫尾温泉に湯治旅行をした (*^-^)

春休みにどうしても重なってしまう為、家族向けの大きなホテルや旅館は避け、夕食までバイキングになってるところは特に絶対避ける。

理由は小さなガキどもが暴れてせっかくの癒しの旅行が台無しにならないように (^^;;

その点でいうと紫尾の山奥の旅館は子連れではなかなかいかないだろうと選んでたけど、これが正解。

けど今年は、紫尾のひなびた旅館ではなく、全国の旅館界に絶対的王様として君臨する、指宿の『白水館』様を予約しちまった!!

当然の事ながら連泊なんてできやしない。

一泊で十分だ。

何を血迷ったかというと、毎年菜の花マラソンを走る時、最後の最後、ラスト1kmで『白水館』様の看板が見えてくる。

輝ける看板を見届けた後の1kmを全力で力の限りに走り切り、栄光の?ゴールゲートを駆け抜ける。

そんで毎年あこがれのように看板の先にチラッと見える『白水館』様の建物が神々しくて、いつかは・・・

嫁と入念な家族会議の末にその「いつかは・・・」は今なんじゃないかとの都合のいい解釈と、どうしても泊まってみたいの願望から発作的にマウスをポチってしまった

(^。^;)(^^;;;

な、なんて贅沢をしてしまったのかとの後悔は微塵もない。

成り行きで行かなければこの先一生後悔するかもしれないから、まっ、いいか~(^^♪

贅沢はそれだけではない。

今度の日曜日にさつま川内市の東郷町でとうごう梅マラソンの10kmのレースがあるんだけど、それには嫁も参加する。

10kmだからいくらなんでも1時間30分もあれば嫁もゴールできるだろうと思い、参加させた。

終わってから近くに東郷温泉ゆったり館というのがあるのを発見し、温泉入って飯食って帰ろうと思って調べてるうちに、贅沢の虫が頭をもたげた。

楽天トラベルで調べたら意外と安いし、まだ部屋は空いていた。

レース会場からも近いし、前泊してしまおうかと嫁に相談したら何の躊躇もなくポチっとな!

自宅から1時間もあればレース会場には着くのに、十分当日の朝自宅から行っても余裕で行けるのに、なんて贅沢三昧してるんだろう。

嫁とこれまた、まっ、いいか~(^^♪

レース前日にご馳走食べながら飲みすぎないようにしないといけない (^。^;)(^^;;;
17:37  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020.01.14 (Tue)

たった2週間の練習で、すごいじゃん(*^-^)

12月の青島太平洋マラソンの後、左足に違和感を感じて絶対に疲労骨折したんじゃないかと整形外科でレントゲンを撮ってもらったけど骨折は確認できなかったけど足はびっこを引くくらいに痛かった。

この時点で菜の花マラソンは不可能だろうと思ってた。

MRIで詳しく検査をと言われたけど、ちょうど病院のMRIを新型に交換作業をしてて、やっと検査できたのがクリスマスの頃。

結局MRIでも骨折は確認できなかったけど、足の裏に炎症を起こしたのだろうとの事でランニングの練習は自己責任でと医者に言われた。

骨折ではないにしても足に痛みは少し残るけど、恐るおそる練習を再開して2日目でそこそこ走れるかもしれないと。

その時点で菜の花マラソンまで後2週間、でも走りたい。

半月以上走ってなかったので恐ろしく心肺機能が低下してるのが分かる。

いつも駆け上がってる2km続く坂道を一度休憩を入れないととてもじゃないけど走れなかった。

それからひたすら2週間は心肺機能強化の練習だけをして菜の花マラソンにやっと臨めた♪

距離の練習は秋以降メチャクチャ練習してきたし、アオタイですでにフルマラソンも走っているのでそれほど危機感はないし、菜の花マラソンは記録を狙える大会ではないという事は身にしみて分かってるので何とか4時間40~50分くらいで走り切れればそれでいい。

そんな感じで同じラン仲間の数人と菜の花マラソンを走ってきた。

DSC_0107.jpg

DSC_0121.jpg

嫁は今年も温泉三昧とカメラマン (^^♪

県外のレースも何本か経験してやっぱり菜の花マラソンのコースは一番過酷なコースだけど、逆に一番楽しみなレースでもある。

IMG_4660.jpg

DSC_0134.jpg

しかし、おもてなしはいつもと変わらず今年も最高だったけど、ランナーのマナーは今年も最低だ。

日本と韓国がやり合ってる中、今年は韓国人のツアーランナーが大挙して来なかったのがせめてもの救いだった。

奴らにマナーという概念はどうやらないらしい。

それでもスタートブロックの自己申告は守らないしスタートしてからの歩道からの割り込みの多さは相変わらずで、せっかく綺麗に咲いた菜の花が今年も踏み荒らされる。


そして今年はビックリするくらいの『クソ野郎』、いや女の子達だったから『野郎』ではないが、ブチギレそうになった20代前半らしき女の子3人組がいた。

スタートして15kmくらい行ったところで普通のランナーならまだまだ序盤で頑張ってはいけない所をず~っと足が痛いだの疲れただの悪態をつきながら走っててうるさかったんだけど、エードで3人組の一人と知り合いらしきエードスタッフの女性が大きな声で応援してた。

『ガンバってー!』と声援しながら水を渡してくれてた。

その直後、そのスタッフは短大の先輩らしかったけど、応援してもらって水を受け取った女の子は、相変わらず可愛くなかったとか、いつまでもブスだとか、水じゃなくスポドリ渡せよとか、ビックリするような話を大きな声でしてる。

それからしばらくしての私設エードでは暖かいスープやおにぎりなどが沢山並んでて、どれもおいしそうだったけどスープをありがたく頂いた。

そしたら例の3人組の別な子が『あのエードには水が欲しかったのに水なかった、全然使えない!』と、さすがにブチギレ3人組の顔を見た瞬間、近くを走っていたオバチャンランナーが『あんたたちさっきからいい加減にしなさい!!』と、間髪入れずに他のおっちゃんランナーも『ボランティアの人達に失礼な事ばかり言うんならもう走るな!!』と一括。

その後ふてくされて歩き出したのでその後どうなったかは定かでない。

どうせ15km時点でフラフラしてたから完走などそもそも出来なかっただろう、だって地獄のような坂道はその後もずっとずっと続くんだから。

どう見てもちゃんと練習などした走りではないのは明らかで、若さだけの勢いで15kmまで走ってはきたけど恐らく中間点までもいけなかった筈。

回収バスの中でもきっと悪態をついてただろうね。

やっと静かになったその周辺では穏やかな時が流れ、しっかりとマラソンと向き合うランナー達の靴音と呼吸の音だけが聞こえる正常な状態に戻る。

どのランナーかは確認できなかったけど『皆さん楽しく頑張りましょうね~♪』との声が聞こえ、その周辺は拍手拍手 (*^-゜)v

12,000人も走れば『クソ野郎』もいるんだろうけど、ちゃんとしたランナーも多いと分かり、なんか嬉しかった(^^♪


昨年からの坂道練習のおかげで菜の花マラソンの過酷な上り坂はすべて走って制覇出来たけど、30km地点でやはり故障の期間が長かったのでハムストリングの痙攣に襲われて300m位歩いたのが悔やまれたけど、当初の目標の4時間後半はクリアできたのでソコソコ満足。

総合順位でもまだ自分より後に10,000人以上のランナーがいた事を考えれば、やるじゃんオヤジ!

たった2週間の準備期間にしては上出来だ。


そして菜の花マラソンの私設エードは今年も美味しそうな差し入れが沢山♪

豚汁は定番だから2ヶ所のエードで頂いたけど、どちらもとっても美味しくて、よく見るとランナーが食べやすいようにすべての具材が丁寧な細かい賽の目切りでとっても時間を掛けて作ってるのが分かる。

ランナーがのどに詰まらせないようにとの配慮だと分かる。

その後小さく握ってラップにくるんだおにぎりと漬物と、梅干しとほうじ茶を頂いた。

豚汁定食の完成だ!!

毎年楽しみにしてるラスト4.5km地点のソラマメスープはぜったい外せない。

今年はさらに進化してメチャクチャ旨かった。

飲んだ直後に思わず大きな声で『うまっ♪』っと言ってしまったら、お姉さんが笑顔で『がんばって~♪』と、涙が出そうになる。

今年は私設エードで一番有名な黄色いハンカチをクレーンで吊っている鉄工所のエード(ランナー仲間の間では『悪魔のエード』という)には寄らなかった。

あそこに寄ってしまうとあまりにもおもてなしが凄すぎてそれ以降走る気がしなくなってしまう。

だって足湯にマッサージに喰い放題飲み放題焼酎付きは、マラソンには良くないかも (^^;;

こういう私設エードの多さは鹿児島独特だと思う、とにかく多い。熊本も宮崎も福岡もありがたいけど、鹿児島は圧倒してると思う。

走る前よりゴールした後の方が太ってるという話は菜の花マラソンを走ったランナーならみんな体験してると思う。

自分も太りはしなかったけど、ゴール前とゴール後の体重は同じだ。42.195km走った後だから、やっぱり実質太ったかもしれない (^^;;

鹿児島マラソンでの帰りの鳥越トンネル手前のそば茶屋のそばは、今年もぜった外せない!!


スタート前に一緒に記念撮影したラン仲間たちも同じようなタイムで次々とゴールして、ゴール後のヘロヘロ状態の記念撮影もパチリ。

使用前使用後のオヤジ達の記念写真 (;^_^A

なんか今年の菜の花マラソンはタイムこそそんなでもないけどあの出来事の後、見知らぬランナー同士で拍手し合えたという事が、嬉しかった。

世の中まだまだ捨てたもんじゃないかも (*^-^)

12:06  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.12.19 (Thu)

オリンピックのマラソン

東京オリンピックのマラソンが東京から札幌に移ってしまって興味が半減したんだけど、コースも前半の20kmだけ決まって後半はまだ未定と。

今日見たニュースでその後半がやっと決まって10kmを2周の折衷案で収まったとの事。

残りの2.195kmは適当に走って帳尻を合わすんだろうけど、IOCと国際陸連 vs JOCと日本陸連のアホみたいなつばぜり合いなのか利権の奪い合いなのか、どうでもいいけどつまらんマラソンコースになって決着したみたいだ。

東京のラン友もがっかりしてた。

朝何時でもいいから早起きして新国立競技場前の激坂対決を見たいと張り切ってたそうだけど、何の興味もなくなったと今朝LINEで愚痴ってた。

お気の毒に・・・


さて、このところ一切走ってない。

予定では今頃は菜の花マラソンに向けて自分で“山連!”と称して近所の農免道路が続く激しいアップダウンのある山を駆け回っている予定なのだが、走れない。

青島太平洋マラソンで自己ベスト更新はならなかったけど、自分的には良い走りが出来たんじゃないかとソコソコ満足してたんだけど、その代償で今現在走れてない。

左足が疲労骨折したんじゃないかと、近所の整形外科でレントゲンを撮ってもらったけど、骨の異常は見られなかった。

けど、何となく腫れて実際にちょこっと痛い。

MRIで検査すればいいらしいけど、ちょうど新しい機械を導入中で工事が終わって検査できるのがクリスマスの日。

新しいMRI第一号ですねと、そしてクリスマスプレゼントですねと、医者が・・・

それまで様子を見てくれと医者が言ったので見てた。

そしたらちょっと痛みが引いたのではと思い、かる~く9km走ってみた。

走ってる途中で大丈夫みたいと思い、レースペースで3kmほど走ったらちょっと痛くなって大事を取って止めた。

以降、痛い。

これ絶対疲労骨折してるんじゃないかという鈍い痛みが続いてる。

今年の3月、鹿児島マラソンの後に疲労骨折が発覚したけど今年2回目の疲労骨折の可能性が大きい。

どっちにしろクリスマスまで検査が出来ないのでマラソン練習を一切止めて出来る範囲での筋トレだけにしてテーピングとサポーターで患部を保護して後はひたすらヌボ~~~~~。

菜の花マラソンは今回は棄権することになりそうだ。

残念だけど、鹿児島マラソンだけはどうしても走りたいから、自重しよう。

なんか、さみしい。。。

県外のレースを色々走って菜の花マラソンの異常なくらいのすばらしさ?にやっと気づいたばっかりだったのに、さみしい。

今回はあの『走らんかババア』のいる激坂も、幸せの黄色い旗をいくつも付けておもてなしをしてくれる鉄工所の通称『悪魔のエード』も、山川の最後の地獄坂であえぎながら歩いてるランナーをごぼう抜きする快感も味わえないのね。

やっぱりなんか、さみしい。。。

17:22  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.12.11 (Wed)

アオタイを走って

日曜日に宮崎であった青島太平洋マラソンを走り切った。

自己ベスト更新を狙って走ったけど、結果は後3分届かず4時間30分でゴールした。

IMG_4593.jpg

スタート前は7℃くらいの気温で後半は15℃くらいのマラソンを走るにはちょうどいいくらいの気温だったけど、ただ快晴過ぎて結構汗をかいた。

塩熱サプリをポケットに入れて給水の時に一緒に飲んで他にも対策は万全で、糖質やアミノ酸のたっぷり入ったパワージェルを2種類4本と、スズメバチから抽出したというちょっとお高いジェル2本をポーチに入れて痙攣対策も万全。

とにかく4時間27分の自己記録を突破するために作戦も入念に、前半抑えて後半から徐々にペースを上げるネガティブスプリットに徹して走った。

宮崎に入る前に予想してたとおり、宮崎へ着いたとたんに前日エントリーの会場で合うは合うは、いつもの大会でよく合うオヤジランナー達と嫌だったけど、沢山合った。

そしてホテルでも、居るは居るは、知り合いのオヤジだらけ。

そしてマラソン当日も沢山の知り合いランナーと会ったけど、ただ嬉しかったのは唯一知り合いの中でエリート登録されてるランナーと着替えをするところで会えたのは救いだった。

それも向こうから気づいてくれて声をかけてくれたのは、光栄の至り。

2時間30分台で走る我々一般の市民ランナーからしたら超エリートランナーだ。

でもちょっと疲労骨折の疑いがあるらしく、アオタイはサブ3で走れればいいかな?と話していた。

そんな状態なのにレースでは、自分が10kmちょっと走った所でトップが折り返してきて、それからほどなく知り合いの超エリートランナーが走って来たので、大声で名前を呼んで手を振ったら爽やかな笑顔で手を上げながら超高速で駆け抜けて行った。

転勤族で今は福岡に移動しているラン友が、1か月ほど前にやっと念願のサブ3ランナーになれたと嬉しそうに報告があり、みんなLINEでおめでとうを送ったばかりだから、疲労骨折の疑いがあるのにサクッとサブ3でと言えるあたりがレベルの違いを感じた。

さてレースだけど、前半と中盤は事前のレースプラン通りに走れて良い感じ。

途中で応援の高校生達からキャーキャーやカワイイーって言われながらご満悦で走ってるダルメシアンのコスプレをした女性と並走してたら知り合いだという事に気づいて声を掛けた。

当然スパッツとか色んなもの履いてると思うけど、ダルメシアン柄のセクシーなミニスカート。

しばらく話しながら並走してたらまた女子高生達からカワイイー!の掛け声。

これが目当てでそのコスプレかいと言ったら、当然だよー!って。

自分より速いランナーだったので、話はその辺にしてお先にどうぞで自分の世界に帰ったけど、少しペースが速くなったのを落としながら後半に入った。

後半もラスト10kmから5分台にペースを上げて一気に自己ベスト更新でゴールする予定でそれまでしっかりとレースプラン通りだったので、かなりの手ごたえはあったんだけど、思わぬ問題が立ちはだかってた。

IMG_4539.jpg

IMG_4540.jpg

ラスト10km付近からは宮崎の運動公園内を走るコースでとっても狭い道を半分に仕切って行きと帰りを走るようになっている。

そして青島へと向かって折り返してゴールのサンマリンスタジアムの外周を一周してゴールだけどとにかコースが狭く、おまけに後半になって足が攣ったランナーが沢山歩いてる。

それを避けながら走るもんだから何度も何度もペースダウンを余儀なくされる。

サブ4から脱落したランナーだろうか、大量に歩いていたので腹が立つくらいペースダウンさせられた。

最後の野球場を一周する時はキロ4分台までペースを上げたけど、所詮は焼け石に水で結局自己ベストより3分遅くでゴールした。


このコース、嫌いだ。。。


事前にオフィシャルのコース案内動画で後半は道幅が狭くなりそうだとは分かっていたけど、コース案内動画はみんな早送りにしてあるので細かい所は走ってみないと分からない。

けど、記録を狙うならもっと前半と中盤にペースを上げてイーブンペースにしないといけないかと、反省。

自分が悪い。記録を出せなかった自分が悪いと、反省。

IMG_4542.jpg

鹿児島マラソンまでもっと走力を鍛えてキロ5分30秒をイーブンで走れるようにしないと、何があるかわからない。

それでも、ラストの5kmくらいの間にさっき出てきたセクシーダルメシアンと数人の知り合いランナーを抜いた。

いづれも自分より速いサブ4ランナー達だったから、ちょっと、いや、かなり嬉しかったのは幸い (^^♪


18:56  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.12.05 (Thu)

休もうって思うけど・・・

昨日はランニングは完全休養日にして近所をウォーキングじゃなく、さんぽして少しだけ体を動かした程度にとどめた。

なぜウォーキングじゃなく、さんぽだったかと言うとウォーキングにしたらついつい早く歩きすぎ、しまいには軽く走ってしまって休養にならないから。

過去に何度も経験がある。

なので格好も普段着にスリッパでさんぽしたけどこれなら走れない。

今日も完全休養日の予定にしてたけど、朝仕事しながらちょこっとネットニュースを見てたらオリンピックのマラソンコース選定でま~だ揉めとると、利権にまみれた国際陸連とIOCがごねてるみたいだ。

国際なんちゃらの組織ってどこぞも利権にまみれて腐ってるのね。

そんでマラソンのニュース見てたらなんか知らんけど、かる~くならいいかもと、走ってしまった。

フルマラソン前でやっぱり鼻息が上がってるんだろうね、
走っちゃうのよマラソン変態は (^^;;

自宅の周りをかる~くレースペースよりちょい遅めに6km。

これで今日は打ち止め。

明日10kmをレースペースで走って土曜日に宮崎へ高速バスで移動する。

その日は会場で前日エントリーを済ませたらホテルで休養して日曜日のアオタイに備える予定。

温泉が売りのホテルだから温泉三昧してやる。

そのホテルは今回で三度目の宿泊になるけど、とにかく温泉が完璧で、朝のバイキング朝食も気に入っている。

他のラン友にも好評で、アオタイのマラソンの時にはランナー御用達のホテルになっちまう。

ま~た、知り合いのオヤジランナーに沢山会っちゃうんだろ~ね~、いやだな~、ギャルがいいな~(;^_^A

2泊3日のマラソン遠征だけど、今回は高速バスで移動する。

11月に二度もマラソン遠征で宮崎入りした時には車を運転して行ってとっても疲れた。

だから今回はバスでのんびりしながら楽チン移動 (^^♪

目指せ自己ベスト!なんちゃって~♪

17:03  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.12.04 (Wed)

カモが来た!

我が家の裏の川に今年もカモがやって来た。

昨年は川の拡幅工事の真っ最中でパワーショベルがうなりを上げてた関係だと思うけど、カモはもっと下流の方へ避難してたので寂しかった。

でも今朝二階の書斎で仕事してたらグワーグワーとぶっさいくな鳴き声を上げながら、十数羽のカモが水辺を泳いでた。

IMG_4508.jpg

生まれたばっかりのチビッ子カモを親達が守りながら泳いでる。

どんくさいチビッ子カモもいてシロサギの足にぶつかってサギに怒られてた。

IMG_4512.jpg

IMG_4514.jpg

これからもっと寒くなってきたら多分大量のカモ達がやってくるだろう。

そうなったら川がやかましいくらいに賑やかになる。

それを見物しに近所のじいちゃん、ばあちゃんや保育園のチビッ子の群れがやってくる。


屋台でも出すかな (^^♪


この川には他にも紅白の錦鯉と金の鯉が悠然と泳いでる。

台風か何かでどこぞの池から脱走したんじゃないかと近所の長老が言ってた。

普通の黒い鯉も丸々と太ってうまそうに泳いでるし、これまた丸々と太ったすっぽんも何匹か潜んでる。

鯉にすっぽんにカモに、旨そうな鍋が出来そうな我が家の裏の川だ。



我が家の、川だ (((^^;)(;^^)))
16:55  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.12.03 (Tue)

お日柄が良すぎてマラソン日和?

日曜日のランニング桜島は今年は10kmを走って来た。

いつもはハーフを走るんだけど、今度の日曜日に宮崎の青島太平洋マラソンが控えてるのでそのスピード練習を兼ねての10km走。

IMG_4489.jpg

IMG_4492_20191203175008127.jpg

いつもながらどこぞで見た顔のオヤジ達がた~くさんいて、殆どがアオタイに出るので同じ10kmへエントリーしたそうな。

だったらスピード勝負で負ける訳にもいかないと、オヤジの意地が沸々と湧いてきて、来週へ向けての練習レースなんかじゃなく、オヤジ達の対決の場と化した。

しかし晴天過ぎて気温がどんどん上がり、マラソン走るにはかなり厳しい環境だったけどそれでも負けたくない。

おまけに桜島がレース会場に到着した時から派手に爆発を繰り返していて灰まみれになる事は必至。

10kmはまだいいけどハーフは大変だったかもしれない。

レースがスタートして直ぐに4人くらいの知り合いのオヤジ達が先行して飛ばして行く。

でも後半の上り坂で勝負を掛けようと決めてたので前半の5kmはキロ5分20秒で我慢して走ったけど、その間にまた3人のオヤジ達に抜かれた。

でもキロ5分20秒ペースでオヤジに抜かれるなんてどんだけ突っ込んで入ってんじゃ!と、しかし我慢、我慢。

クソ暑い晴天の桜島でもう若くもないオヤジ達がバカみたいに飛ばして行くけど、絶対後半の2km以上続く上り坂でバテる筈だと我慢した。

案の定、折り返しで先行したオヤジ達との差を確認したけど、200~300m位しか差は開いていなかったので十分な射程圏内。

IMG_4476.jpg

IMG_4488.jpg

そして後半のフェリー乗り場付近から続く上り坂で気持ち的にはギアを変えて飛ばして行くんだけど、実際には上り坂でスピードが上がる訳ではなく、今までと同じペースで行くのが精いっぱい。

でも読み通りに次々と馴染みのオヤジ達を直線の上り坂でごぼう抜き (^^♪

抜いて行く時に『嘘だ!』という顔で何人かのオヤジ達がビックリしてた。

そうなのよ、このところ毎日のように山を走ったり坂ダッシュを繰り返したりしてて、意外と坂道でペースが落ちなくなっていた。

っていうか、坂道が得意分野になったのか?

でも面白いように先行したオヤジ達や抜いてったオヤジ達を抜き返す快感は、
癖になりそう♪

そんで坂を上り切った後半はなんとキロ4分台で爆走してた。

口の中から内臓とか怨念とか色んなものが出てきそうだったけど、そこは我慢してオヤジのセクシーなあえぎ声だけを大きな声であげながら息も絶え絶えに、ゴ~~~~~~~!!

目標の50分切りは残念ながら果たせなかったけど、すべての知り合いのオヤジ達を全部まとめて抜き返しての10㎞の自己ベストを達成 (*^-゜)v

でも、後50秒。。。

50分切りまでまだまだ壁はとんでも高く分厚い。

必死コイテ走ってさらに後50秒を短縮するってとんでもなく、とんでもない。

年齢のカベって結構大変な訳で、それでも見果てぬ夢のサブ4に向けて諦める訳にはいかぬ (^^;;

来週のアオタイでは3年ぶりにフルマラソンの自己ベスト更新を狙ってるけど、4時間27分だから後10分は短縮できたらと。

いっきにサブ4を狙いたいけど、まだ、今の走力ではスピードが足りないと、
冷静に自己分析。

鹿児島マラソンで狙えたらと、必死コイテ走り込む変態オヤジ (^。^;)(^^;;;
17:58  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.22 (Fri)

今シーズンのマラソン最新兵器

今シーズン走るフルマラソン3本の為にシューズとGPSウォッチを新調した。

シューズはここ数年ずっと履いてるナイキのズームペガサスシリーズで、品番も36になっている。

IMG_4408.jpg

IMG_4415.jpg

5足くらいシリーズ通して履いてるけど、自分には一番しっくりくるシューズだと思う。

途中で超厚底のホカオネオネに一時期浮気はしたけど、ちゃんと元さやに納まった (^^♪

でも付属してる靴紐はよろしくないので直ぐに結ばなくて良い靴紐に変更した。

さて今回の36と前回の35のどこが違うのかというと、

・・・???。

色は4Eの幅広は黒しかなく、選択肢がないのでしょうがないけど性能の違いって、この前のつわぶきハーフマラソンで履いて走ったけど正直分からない (^^;;

以前、ランニングイベントでナイキの広報の人が紐の下にあるベロの部分が薄く短くなっており、これで数グラムの軽量化に貢献してると自信たっぷりに話してた事があった。

他はアウトソールのパターンも全く同じで変わった所はインソールのデザインが左右非対称になったくらいだし、走った感じも前と同じで良い感じだけど・・・

IMG_4413.jpg

IMG_4411.jpg

IMG_4416_201911220823112dd.jpg

結論から言うと、同じジャン(^^♪

ベロの部分が薄くて短くて数グラム軽くなったからと言ってタイムが速くなるわけなかろうて。

かえって履きにくいわ!

でも良いシューズだし、気に入ってるから良しとする。


それと今まで使っていたGPSウォッチはとってもバッテリーの持ちがよくてウルトラマラソンやトライアスロン仕様になってて気に入ってたんだけど、デジタルの泣き所というか、ある日突然何の前触れもなくフリーズした。

デジタル製品が一度そうなったらもう絶対復活しないと仕事柄嫌って言うほど知ってるのであっさりと諦めた。

バイクの時も使うので、トライアスロンやウルトラマラソンは絶対やらんけど、同等のスペックは欲しかったから同じガーミンの245を速攻でお買い上げ。

IMG_4445.jpg

以前のは大きくて武骨だけど画面も大きく見やすかったけど、今度の245はすっきりとオシャレになってスマートウォッチっぽくなってしまった。

そしてベルトが細身になってチャッチく見える。

確かに機能は進化して心拍状態などを把握してゴール予測タイムとか出してくれるけど、機能がありすぎ。

でも何代か前のと比べると心拍機能のセンサーは正確になったかもしれない。

まぁ、基本的には正確なペースと経過時間と走ってる距離を表示してGPS使用時のバッテリーが22時間以上持てばいいんだから文句はないけど、見てくれがチャッチイ!

まだ出たばかりなので定価だったけど、35,000円には絶対見えないから悲しい。

やっぱ見てくれは大事よね~。

時計表示がアナログ表示に出来るのは気に入ってるところかな、でもでも、

見てくれよね~。

08:37  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.20 (Wed)

つわぶきハーフマラソン

鹿児島から宮崎まで2週連続の長距離ドライブはとっても疲れた。

宮崎は良い所だけど、鹿児島からの交通の便があまり宜しくなく、TVの民放が2チャンネルしかないのも不満!

で、日南市であったつわぶきハーフマラソンだけど、スタートから暑くて10km手前で1時間50分切りと自己ベストを諦めてアオタイの練習レースにシフトチェンジを余儀なくされてしまってちょっと悔しい。

でもあのままキロ5:30前後のペースで走ってたら絶対に後半潰れてた筈!と思うくらいの暑さと発汗量で自重してよかったのかもしれない。

IMG_4441.jpg

IMG_4450.jpg

IMG_4459.jpg

4年前につわぶきハーフは出てるけど、その時もスタート時点の気温が26℃だったと記憶してる。

確かゴールした時は30℃越えだったと思う。

おかげでゴールして芝生にへたり込んでる時に猛烈な両足痙攣に襲われて近くにいた宮崎のランナー達に足を延ばしてもらって助けてもらった。

あの時の沢山のランナーさん達、ありがとう(^^♪

そのお返しではないけど、ゴールした後痙攣で一歩たりとも動けなくなってるおっちゃんに肩を貸してあげてパイプ椅子の所まで連れて行って腰掛けるまで支えてあげた。

汗でびっちょりだったので、さすがにマッサージまでするのはためらった (^^;;

宮崎だけではなく、今まで県外レースを色々走ってきて思うんだけど、鹿児島のレースに慣れてるとそれが当たり前と思うのが怖いかも。

エードのおもてなし。

まぁ、菜の花マラソンのこれでもかおもてなし補給食が特別すぎるのかもしれない。

特に30km付近の黄色いハンカチを沢山結んで大型クレーンで掲げてる鉄工所の私設エード!

足湯まであってガランツや肉や野菜やバーベキュー状態で、焼酎にビールにと、ランナーの間ではあそこの私設エードは通称『悪魔のエード』と呼ばれている。

焼酎片手にあぶった魚喰って足湯に浸かった時点でもう終わりだ。

何人もその後回収バスに乗って帰って来たランナーを知ってる。

鹿児島ではそんなエードに慣れてるし、ハーフのレースでも水やポカリだけではなくバナナや色んな補給食をオフィシャルが提供してくれるけど、意外と県外レースはシビアな所も多い。

勿論、『悪魔のエード』なんぞないだろうに (^。^;)(^^;;;

ハーフだからとパワージェルを2本だけ持って走ったけど、水とポカリ以外の補給食がなくて焦った。

エードのバナナを当てにして走ったのは間違いで、これからは自己管理で走れって事だと痛感した。

1時間30分位でサクッと走る速いランナーには関係ないけど、遅いランナーほど長時間のランを強いられる訳で、補給食はとっても大事になる。

だから、甘えずに準備はキッチリやれ!って言われたようなレースで以後反省。

それにしても帰りの宮崎から鹿児島までは遠いわぁ~。。。

アオタイには高速バスで行かなきゃ。

宮崎でのアオタイまで残り2週間ちょっとだけど、気温がもっと下がってくれることを祈るばかりで気温さえ下がればフルマラソンでの自己ベストは狙えるんじゃないかと、そして鹿児島マラソンでは夢のサブ4達成をと、目論んでるオヤジ。

しかし年齢のハンデはとっても大きいのは分かってるけど、練習ではハーフくらいならサブ4ペースで走れちゃうから夢を見てしまう。

そこから先がフルマラソンは地獄が待っている事も何度も経験して知ってるけど、見ちゃうのよ、見果てぬ夢を・・・

08:37  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.12 (Tue)

宮崎で走り込み?

日曜日に宮崎で30kmの練習会に参加してきた。

最初は前日から1泊の予定だったけど、もう歳なのか、ロングドライブでかなり疲れてしまって宮崎に着いたその日に翌日のホテルを予約して2泊することにした。

宮崎から鹿児島まではかなり距離があるので2泊目は都城のホテルを予約したんだけど、日曜日と平日はとっても安いのね。

週末は倍くらいに跳ね上がるのに、日曜日に泊まる客も少なく半額くらいで泊れて得した気分 (^^♪

さて、30kmの練習は一人で何度か今までやってるけど、本番に近いカタチでサブ4ペースで行けるかどうかをシュミレーションするには最適だと思ってた。

最初の10kmまでをキロ5:40で入って10km過ぎからキロ5:30まで上げ、20km過ぎて最後まではキロ5:20位まで上げられたらと、レースプランを考えていたんだけど、結局LSDをやる事になってしまった (-.-;)

宮崎に発つ3日前に主催者のイベント会社の知り合いからラインが入り、初心者のペースランナーをやってくれないかと。



やってくれないかと・・・



今度アオタイが初マラソンだというランナーがいるので5時間半でフルがゴールできるくらいのキロ8:00~7:45位で引っ張ってくれないかと。


くれないかと・・・



昔っからそうなんだけど、頼まれたら断れないたちで(よくそれで失敗することもある)、むげにも断れなかった。

もう完全に本番1か月前のLSDと割り切って走る事にした。

腹をくくったら頑張ろうと、当日はやる気満々♪

IMG_4425.jpg

IMG_4426.jpg

8人くらいのランナーさん達と一緒にワイワイやりながら1周が6kmのシーガイアのランニングコースを5周走ったんだけど、自分の年齢もあってかベテランランナーだと自分の事を思ってるもんだから、根掘り葉掘りマラソン情報を聞いてくる。

TVやネット検索や雑誌等で今まで知り得た様々な情報を駆使しながら、ワセリンの事やパワージェルの事や、ストレッチやペース配分などなど、自分でもこんなに知ってたんだとビックリしたけど楽しかった。

しかし3周もするとすっかり一体感まで生まれた集団も疲れが否めない。

先頭から最後尾に回って励ましたり、CMソングを歌っておちゃらけたり、肩をぐるぐる回してリラックスさせたりとか、ありとあらゆる手段を使って完走させようと思ってたけど、やっぱり30kmって初心者には長い。

周回コースなので何度かサブ3.5やサブ4のグループ、そしてサブ5のグループに抜かれて内心悔しかったけど、今日はペーサーだと言い聞かせ、自分の後を走ってる人達をゴールまで引っ張る事に専念するんだと、またまた言い聞かせる。

疲れが見え始めたフルマラソンデビュー組だけど、どんなに励ましてもペースに付いていけなくなる人も出てきた。

とうとう何人か遅れ始めて振り返っても見えなくなってしまった。

ペースランナーとして引き受けてるので他のランナーさん達のことを考えるとあまりペースを落とす訳にもいかず、なんか、切なかった。

IMG_4427.jpg

結局次の周回でスタッフに付き添われて棄権してる姿を見て、思わず『ごめんなさい』と言ってしまった。。。

でも残ってるランナーさん達をゴールまで引っ張ってと言うか、押して行こうとラスト1周は最後尾からヘンタイオヤジみたく、うるさいオヤジになってケツを叩きながら走る。

実際には叩かない。

だって若い女の子達だったので、ホントに叩いたら逮捕される。

でもそうとうウザいと思われたかもしれないけど、それをしないと今にも歩き出しそうだったので止めないオヤジ。

そうしてる間に速いグループの人達も徐々に遅れる人が増え始め、自分らのグループに吸収されたけど、そうなっても一度遅れ始めたらたとえ一番遅いグループであっても付いてこれないのがマラソンの非情なところ。

結局上位から落ちた人たちの殆どは歩き出し、棄権してしまう。

でも最初からこのグループの人達を歩かせる訳にはいかず、ペーサーの仕事を放棄?してしまったかもしれない。

ペーサー失格かもしれないけど、一人でも多くをゴールまで引っ張りたかったので禁じ手を打つ。

グループの先頭まで走って行って残り2kmだから出来たらペース関係なく、バテない程度にペース上げて下さいと言ってからまた最後尾に回ってケツを叩く。

ラストの200mはダッシュでゴールしようと周りに言ってたんだけど、最後だという事で皆テンションが上がったのか、その前からダッシュし始めてビックリだったけど、もう最後は根性あるのみでデカい声張り上げながらGO!GO!GO!と、またケツを叩く。

サブ3やサブ4のグループはとっくに走り終えてもういなかったけど、スタッフしか残ってない閑散としたゴール付近でもカラ元気出してテンション上げてるオヤジは、ゴールしたらちょっとハズかった。

それでも最後まで走ったグループのランナーさん達から感謝されて、ヘンタイオヤジ?はメチャクチャ嬉しかった (^^♪

いつもレースで風船付けて走るペースメーカーの人達を、この人達自分も普通に走りたいだろうに、凄いなーって思ってたけど、自分が初めて経験してみて改めて今まで見てきたペーサーの人達のボランティア精神には頭が下がる。

来週はまた宮崎の日南市で『つわぶきハーフマラソン』に出るんだけど、その後ランニング桜島10kmを経てまたまた宮崎の青島太平洋マラソンが控えてる。

今日まで休んで明日からスピード練習をみっちりやらなければ (^^;;


後、宮崎の初心者のランナーさん達と一緒に走って気づいたんだけど、マラソンヲタク以外、普通の人達って地元のマラソンの凄さに気づいていない人達がいる。

大分に旅行で行った時の旅館の人達が言ってたけど、別府大分国際マラソンが旅館の前を通るから今度出たらどうですかと言ってくれてた・・・

そして宮崎の初心者ランナーさん達がペチャクチャと走りながら、アオタイで自信つけたら同じ宮崎で延岡マラソンがあるからなんちゃらろかんちゃと・・・

福岡マラソンに出た時には近所のおっちゃんが、よくテレビでやってる福岡のマラソンに出るんだ凄いなーと。テレビ中継やってるそれ、たぶん福岡国際マラソンだし・・・


今の三つのマラソンレース、実業団の凄い人たちや世界のトップランナーが出る大会で、一般の市民ランナーの殆どは出たくても出れないテレビで観る大会だし。

陸連登録してて、少なくてもサブ3.5以上じゃなきゃ資格すらないし。

ホントにサブ3.5なんかでチンタラ走ったら間違いなく足切りされて完走すらさせてもらえない大会だし。。。


延岡マラソンの事で盛り上がってる初心者ランナーさん達の会話にはあえて加わらなかったし、触れもしなかった。

せっかく和気あいあいと楽しく30km走を楽しんでるのに、余計な事を言わない方がと。

いつかもっとドップリとマラソンにハマってから、30kmの壁も何度も経験してゴールした後のゾンビみたいな歩き方も何度も何度も経験してから、『以前はあんなバカみたいな事平気で言ってたな~』と、心の中でハズい思いをしろ!

それも経験だ (*^-^)

17:56  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.07 (Thu)

これで老後の冬は安泰

昨年の冬に、ちょうど1年位前だったろうか? ガスストーブを2台取り付けてもらった。

鹿児島市から湯之元に引っ越して市内と2℃も気温が低いことに驚かされ、もっと効率のいい暖房器具をと散々調べてガスストーブに至ったんだけど、これが大正解 (^^♪

以前住んでたマンションではエアコンだけでも全然大丈夫だったけど、湯之元の冬は東北か?って思うくらい寒くて引っ越した時点で石油ストーブ2台とファンヒーター1台を速攻で買って前から持っていたファンヒーター1台を合わせてストーブ4台体制で臨んでたけど、あえなく撃沈。

ストーブとエアコン同時使用でも寒かった。

しかし昨年ガスストーブを設置してもらってから冬の生活が激変!

とっても楽だし暖かいし、速攻で部屋が快適温度になるし、何が良いって灯油を買いに行く手間と給油する手間がいらない。

そして灯油も値上がりして燃料代が半端じゃなかったけど、ガス代ってガスストーブを取り付けたら値引きされるという、とっても嬉しい現象が。

なのでとっても家計に優しいという、嬉しいことになってしまった (*^-^)

4台ものストーブが今では使われないまま倉庫に仕舞ってあるけど、これも致し方ない。

そんなとっても便利なガスストーブなんだけど、我が家に一部屋だけある2階の部屋が問題で、唯一石油ストーブを使っていた、昨年までは。

その為に灯油を買いに行って給油して2階まで上げるという作業は同じで大変面倒。

8畳ある2階の部屋は自分と嫁の仕事部屋、書斎に使っているので下手したら一日中籠ってる。

2階まではガス管を設置してもらうのは無理だろうと勝手に判断して昨年は断念したんだけど、ダメ元でガス会社に相談して工事の人に現場を確認してもらったら、大丈夫との返事が。

むしろ昨年の2台分の工事より楽だとか。

普通の家なら後工事で2階はほぼ無理なんだそうだけど、うちは2階の下はビルトインの車庫になってるので全然平気なんだそうな。

日程を都合してもらって翌々日の今日、工事完了で今とっても暖かい環境でこの記事書いてる (^-^;

IMG_4418.jpg

器具代が税込みの19,800円で工事代とか諸々タダ!!

確か昨年も工事代はタダだった。

これで我が家のすべての部屋はガスストーブが使える。

1階の二部屋は1台のストーブで使い回しが出来るので、もう老後の灯油を買いに行ったりとか給油する手間とかに解放されて、後はただただボケるのみだ。

灯油はめんどくさい時は頼めば持ってきてくれるけど、何が面倒って灯油が切れた時に給油するのが一番面倒。

しかもガスって思ってたほど危険じゃなく、ストーブとガスメーターの2か所に安全装置が付いてるから万全だそうな。

そして何が嬉しいって、ガス代が安くなるのがとっても嬉しかった。

ガスストーブが1台より、複数台だともっと割引されるっていうから大変 (^^♪

マンションに住んでた頃のお風呂と給湯器のガス代と、今はプロパンなのにストーブとお風呂と給湯器のガス代が同じかちょっと安いくらいだからビックリ。

それに以前は灯油代も加算されるから、とんでもない金額を払ってた訳。

浮いた燃料費でシャレオツな店で嫁さんとディナーでもと思ったけど、残念ながら田舎にはそんなモンはありゃしない、残念!
16:57  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.01 (Fri)

天気も良くて走りっぱなし

先週の日曜日は長島町の長島トライジョギング大会の10kmに参加してきたけど、話に聞いてたとおりのとんでもないコース。

殆ど平坦地がないとは聞いてたけど、まさに上って下ってばっかりの心肺機能をこれでもかっていうくらいに楽しませてくれる10kmだった。

長島町の若手の漁協関係者は強制参加だったようで、スタート前には漁協の幹部らしきおっちゃんから叱咤激励されてた (^^♪

IMG_4389.jpg

大体のレースではスタートしてからコースの1/3から半分くらい走ると周りにいるランナーが自分と同じような走力の人達で、そのままゴールまで同じようなランナーとデッドヒートを繰り広げる事になる。

単純に5km走って折り返してのコースだったけど、折り返してからの上り坂の勾配が半端なく、長くて長くて。

行きは下りだったからあんなに長かったとは気づかなかったけど、スタートからずっと同じような位置で走ってた若い女の子から何度も抜かれて抜き返してを繰り返してたけど長い上りでとうとう歩き出した隙に抜き返した。

でも上り切った頂上付近でまた抜き返され、火が付いた。

最後のゴール付近の上り坂で抜き返してそのままゴール!!

走り出して直ぐにこのコースでは1時間切りは難しいかもと思ってたけど、なんとかギリギリ、数十秒だけど1時間切りできたのはちょっとうれしかった (*^-゜)v

ランニング桜島の10kmレースまで50分切りはおあずけだ (^^;;

ゴールしてからフラフラ歩いてたら先ほどの女の子が寄ってきて『お父さん、握手だネ♪』と手を差し伸べてきたから反射的に握手したけど、お父さんって・・・

しょうがないか、まだお爺ちゃんよりましか (^^;;

この大会で何人ものお知り合いのオヤジ達と会ったけど、いつものラン仲間は別として、殆どのオヤジ達はこっちの名前を知っている。

けど、殆どのオヤジ達の名前をなぜか知らない。

色んな大会で顔を合わせて顔なじみにはなるが、名刺交換をする訳でもないのでなぜオヤジ達は自分の名前を知っている? そして年に数回しか会わないのに覚えている?

とっさに名前を呼ばれて挨拶されても顔すら認識できないから話を合わせるのが大変で、適当な会話の中でだんだんとどこら辺で会った人だとかがちょっぴりだけ分かる時もある。

基本、オヤジやオバチャンはあまり覚えない構造らしい。

オネエチャンの顔と名前しか覚える機能だけが備わってる事は前々から知ってたけど、どうも自分の頭の構造はオヤジやオバチャンを自動排除するオネエチャン仕様に頭の構造が出来てるらしい♪


長島トライの為に坂道練習ばっかりしてたけど、これからは宮崎遠征が3つも続くので、今週は30km走やインターバル走など、平坦地を速く多く走る練習にシフトチェンジしてる。

IMG_4405.jpg

後10日ほどでシーガイアの30km練習会を皮切りにハーフとフルマラソンが待っている。

なので距離を多く踏む練習が主体になってくる。

そんで、昨日メールで鹿児島マラソンの合否連絡があり、見事に当選!!

これで第1回から5年連続で鹿児島マラソンを走れる事になった。

今シーズンのフルマラソン3本が確定。

宮崎青島太平洋マラソン、菜の花マラソン、鹿児島マラソンと、南九州の3本のレースを走れる。

東京は勿論、神戸や福岡や横浜などなど、大都市圏のレースにことごとくはじかれたけど、地元のレースが救ってくれた。

とりあえずアオタイのレースで自己ベストを狙ってるけど、年齢とともに体力の衰えは否めない訳で、坂ダッシュやインターバル走やロング走でどこまで行けるのか、己との勝負だけど、けっこうキツイネ (((^^;)(;^^)))

11:04  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT