FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2019.08.26 (Mon)

土砂降りの中、ほぼ泥だらけのランニング大会

曽於市の財部町であった悠久の森ランニング大会に雨の中、走って来た。

距離は9kmと短いけど、想像よりヘビーなコースに途中は土砂降り状態でしかもコースのほぼ三分の二がキャンプ場内の砂利道という、とんどもない大会。

おかげでランナーのお尻や背中は泥跳ねで、シューズは当然泥だらけ。

IMG_3927.jpg

IMG_3928.jpg

スタートからいきなりアップダウンの連続でキャンプ場内は全部上り、後折り返して全部下り。

上りの練習はいつもやってるからそんなに苦にはならなかったけど、後半は全部下りというのは案外大変。

周りのランナーはやっと下りになったからと物凄いスピードで駆け下りていくので、当然自分も闘争心に火がついて同じようにペースを目一杯上げて駆け下りる。

でも駆け下りながらかなり長い下り坂で腰とか太ももへの負担は半端じゃないだろうと考えながら走ってた。

案の定、カラダの色んな筋肉が悲鳴を上げてるのが分かる。

IMG_3933.jpg

まだ真夏のこの時期、そこまで追い込んだ練習は出来ないので10キロから15キロの距離しか走らず、インターバル走などもそこまで追い込んではいない。

なので雨で未舗装のかなりのアップダウンのコースを想定して9kmながら目標は1時間切りと、あまりタイムにはこだわらない筈だった。

とはいってもそこはレースな訳で、想定のタイムより5分ほど速かったのは良かったのか?悪かったのか?

膝とか腰とかに故障がなかったのは幸いだ。

9月からはもっと気温も低くなるだろうから、本格的な追い込み練習はそれからになると思う。

なにせオヤジのカラダはデリケートだから労わりながらやらないとネ(^^♪

そんで県内レースは勿論の事、福岡マラソンや熊本城マラソンでよく一緒になるオジサン達にいっぱい会った。


あまり、嬉しくはないけど・・・


その殆どは向こうは自分の名前を知ってるのに、ちょこっと当たり障りのない会話の後必ず出る疑問『だれ???』

オヤジの名前と顔は覚える気がないのか、覚えられないのか

多分どっちもだと思う (;^_^A

若い美人のお姉さんの顔と名前は絶対に忘れない!

大会サポートスタッフのお馴染みの女の子達とは満面の笑みでシャベリ倒していたのに、オジサン達とは愛想笑いしか出てこない (^^;;


しかたないよね~(^。^;)(^^;;;


そんで帰りに日当山の温泉に寄って貸し切り状態。

お昼時だったからなのか、男湯はだ~れもいなくてとっても気持ちよかった。

IMG_3938_201908260955308f0.jpg
15:47  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.08.21 (Wed)

お盆、その後

終の棲家に選んだ湯之元はそこそこの田舎で、田んぼや山と海があって近所の家には年寄りがた~くさん住んでいる。

なので、お盆の前から1週間前後も子供や孫が帰省して人口があっという間に増えるみたいだ。

隣に住む一人暮らしのばあちゃんの家にも娘が3人のお子ちゃまを連れて帰省してた。

もっとも旦那は1泊でとっとと帰って行ったみたいだけどね。

残された3人のクソガキに囲まれ、ばあちゃんはもう疲れたと、ぼそっといつもの朝の6時からの井戸端会議でこぼしてた。

その反対側の農家のおっちゃんの家も車が何台も広い敷地の駐車場に止まってたけど、福岡や名古屋など県外ナンバーばっかり。

きっと帰りにはお土産をいっぱい持って帰らなきゃいけないから、車での帰省なんだろうね、しかも大きなワンボックスカーばっかりだ (*^-^)

班長さんの家も千葉と福岡から孫を沢山引き連れて息子や娘が帰ってきてた。

犬の散歩をしてる時何度か見かけたけど、犬の散歩の時だけは孫から解放されるなんて、言ってたぞ (^^;;

なのでお盆の間走り込みに集中してて何人もの近所の元住民たちと汗でびっしょり濡れた状態で挨拶を何度も交わしてたけど、きっと変態オヤジだと思われてるだろうに。

お盆が終わった先日、うちの前の道路で夕方の散歩でばったり4軒のご近所さんと遭遇したもんだからそりゃ~もうお盆の愚痴話さぁ~♪

毎年この季節が怖いとか、楽しいのは初日の2時間だけだとか、ばあちゃんやじいちゃん達は無駄に元気な孫たちのおかげで心底疲れてた様子だ。

しかしここは温泉で有名な湯之元だ。

もれなくじいちゃん、ばあちゃん達はみんなが帰って平和な日常が戻ってから温泉三昧をしたそうな。

次は半年後の年の瀬だ。

それまでつかの間の平和を楽しむ田舎のじいちゃん、ばあちゃん達なのだ(^^♪
17:44  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.08.20 (Tue)

あえてのいばらの道?

今日の天気予報は午前中が雨で、午後から曇り空。

こんな天気だといつもなら当然午前中のジョギングは中止して午後からに切り替える所。

しかし今日はあえて雨の午前中に走る事にした。

今度の日曜日は悠久の森ランニング大会で、曾於市まで行って走ってくるんだけど、どうも週間天気予報では雨になるらしい。

最近雨の日に走るのは避けてきたので、今日は雨の日ジョグをする事にした。

小雨の降る中、選んだコースはアップダウンが少ない12kmの比較的走りやすい自宅から江口浜までの半分周回で半分が往復のコース。

田んぼが多くて車が少ないお気に入りのコースの一つだ。

アップダウンが少ないといってもそこそこの上りや下りはあるので、上りはペースを上げていつもはなんちゃってインターバルをやってるんだけど、きょうはイーブンペースで走ってみた。

走り出してから1kmも行かないうちから雨が激しく振り出してきて速攻でびしょぬれ状態。

シューズの中も雨でびしょ濡れでコンディションは最悪。

7kmくらい走った所に神社があるんだけど、そこに差し掛かる前からガッツリの大雨に。

さすがに神社に避難して20分ほど雨宿りさせてもらった位の土砂降り。

雨でスマホのレンズが濡れてちょっと怖い系の写真になってるけど、いつもならのどかな田舎の風景。

IMG_3922.jpg

IMG_3923.jpg

距離的には12kmなんだけど、いつもより疲れた。

雨でびっしょり濡れて、シューズも走りにくくなっていたのが原因だろうけど、いいシュミレーションにはなったと思う。

日曜日のレースは前半ゆっくり目のペースで入らないと雨で後半はバテル筈だから・・・

とは言っても、9kmしかないレースなんだけどね (;^_^A

真夏の暑い時期に比較的涼しいキャンプ場の森で山道を走りましょう的なレースみたい。

だから最長でも9kmと短いから、ごちゃごちゃ言ってないで前半から突っ込んで走らんかい!!

みたいな (^。^;)(^^;;;
17:52  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.08.08 (Thu)

ついにチュルチュル解禁!

うちのニャンコの『小夏』が最近夏バテなのか、めっきり元気がない。

大好物?のカリカリもあまり食べない。

マジで具合でも悪いのか心配になって来たのでネットで近所に動物病院がないか検索したけど、残念ながら田舎に引っ越した代償だろうか、んなもんある訳ない!

でも1年前までは立派な野良ニャンだったので、そんなひ弱なネコではない筈。

そんで今まで『ぜいたくは敵だ!』『欲しがりません勝つまでは!』とばかりにかたくなに餌はカリカリしか与えてこなかったけど、試しに『チャオちゅーる』を買って与えてみた。

初のチュルチュルを一心不乱にペロペロ、ペロペロペロ!!

速攻で元気回復!!

IMG_3722.jpg

IMG_3724.jpg

何の事はない、ただカリカリの餌に飽きただけだった。

その後は元気に庭でうるさく鳴いてる蝉を追っかけてた。

お得だったのでチャオちゅーるの沢山入った袋も買ってきたけど、毎日やるほどには甘やかさない。

IMG_3759.jpg

うちはしつけは甘いけど、餌には厳しい家庭なのだ (;^_^A

今日も3日ぶりにチュルチュルしたけど、まぁ~可愛いこと(^^♪

IMG_3739.jpg

IMG_3743_2019080816303745c.jpg

夢中でペロペロした後はウッドデッキで満足そうにお口の周りをペロペロ。

その後人工芝の上でなが~い昼寝をしてた。

IMG_3761.jpg

IMG_3762.jpg

チャオちゅーるを作った人って、いったいどうやってネコが夢中になって食べるほど美味しいと思う味にしたのか、不思議ではある。
16:35  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.08.07 (Wed)

山岳RUNを極めようかと・・・

チャリンコの大会も100kmの獲得標高2000mという無謀なエントリーをしてしまい、マラソン大会も10kmとハーフも含めて合計7レースを予定してる。

そのうちフルマラソンは3レース。

なかでも長島のレースは10kmと短いけど、とんでもないアップダウンの厳しいコースらしく菜の花マラソンがかすむくらいに激坂が続くそうな。

そんな坂との闘いが続くので、オヤジの鈍ったカラダを鍛え直すために選んだギアが『ルナサンダル』だ!

なんでもメキシコの山岳民族が履いてるサンダルらしいけど、それをトレイルランも走れるように改良したサンダルで足の指全部と脹脛や体幹を鍛えられるそうな。

今でこそサンダルを履いて走ってるランナーも時々見かけるけど、最初にレースで履いてる人を見たときには「マラソンなめとんのかこいつ!」と思ったものだ。

それがサンダルで走るランナーに限ってとんでもなく速い。

色々調べたらランニング用のルナサンダルという事が分かり、10kmやハーフで走ってフルマラソンのタイムアップの為に鍛えてるという事だと思う。

そんでいつものAmazonでお買い上げのサンダルが昨日届いた。

小ジャレた箱に入ってなんかトロピカルな感じ(^^♪

IMG_3689.jpg

IMG_3691.jpg

造りはしっかりしてるので走ってる最中に壊れる心配はないと思う。

もっともそんなことがあっては困るけど。

サンダルといっても普通のランニングシューズとさほど変わらない13,500円也。

結構な値段がするのネ・・・

IMG_3693.jpg

IMG_3694_20190807121422b59.jpg

昨日と今日の二日間、それぞれ激坂を含む山道15kmを走ってみたけど、キッチリとフォームを意識しないとあちこち痛くなりそうなので気が抜けない。

その分しっかりと体幹や脹脛がいい感じで筋肉痛を起こしてる。

素足で砂浜を走る時の感覚に少し似てるので、フォアフットの感覚が養えそう。

いつもフォアフットを意識して走ってるけど疲れたらだんだんミッドフットになってくるのでそれを防ぐ意味でも足を鍛えるのはいいと思う。

踵着地ではブレーキがかかってタイムロスするけど、ミッドフットよりもフォアフットの着地の方が断然有利になると、今までの経験で分かってはいるんだけど、フルマラソンになると疲れて後半失速するのを防いでくれればいいんだけど。

その為には夏場はこのルナサンダルで足腰強化を図らねば。

IMG_3695_20190807121424aa2.jpg

そんで夏場はどうしても走り終わったら靴下もシューズも、いや全身ぞっぷり汗で濡れので複数のシューズをローテーションで履いて、そして洗って干してを繰り返さないとそのまま玄関に置きっぱなしにしたら玄関が臭くてしょうがない。

その点サンダルだと外の水道で履いたまま水ぶっかけてその辺に干してたらすぐに乾くし、玄関も臭くならないから大助かりだ (*^-^)

でもまだ自分の足ではルナサンダル履いて15km走るのが限界なので、ロング走をする時や坂ダッシュなんかする時にはシューズに履き替えた方がよさそう。

走っててキロ5分のペースまでは普通に走れたけど、もっとペースを上げて走るのはまだサンダルではちょっと怖いので、夏場のジョギングの時だけ履くことにしようと思ってる。

だって、冬はサンダルだと足の指が凍えそう (^^;;
16:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.08.05 (Mon)

オヤジの無謀な挑戦!

先週末は以前住んでたマンションの管理会社の営業マン氏やご近所の仲良しオヤジ達と一緒に、ドルフィンポートの『美人ビアガーデン』と天文館でバカやって来た。

鹿児島のマンションから引っ越して2年近くになるのに、ま~だ以前のご近所さんと管理会社の営業マン氏達と年に数回は天文館で遊んでる。

特に美人ビアガーデンでは美人のキャストのお姉さん達に、エロオヤジ達はだらしない満面の笑みでハッチャケてしまった(^^♪

IMG_3703 -1


飲みながら、今悩んでる事を酒の勢いで話してしまったんだけど、まぁ、どうでもいい事だったと話した後、ちょっと後悔。

それは10月にある自転車の『ツール・ド・南さつま』のエントリーの件。

昨年初めて参加したチャリンコのサイクリングイベントでレースではないけど、60kmの部で獲得標高が750m位だったと思うけど、参加者の殆どが激坂で苦労してるなか、結構いい感じで走れたもんだから今年は調子に乗って100kmの部に挑戦しようかどうしようかと、悩んでた。

今年は100kmの部は過去最長の107kmにコース変更されたらしいけど、距離の事はそんなに苦ではないけど、問題は獲得標高な訳で・・・

全行程走った上り坂をすべて足し算して何メートル登ったかが獲得標高というんだけど、それが多ければ多いほど上り坂ばっかりという事。(サイクルコンピューターに数字は出てくる)

そんで100kmの部の獲得標高はなんと2000mらしい。

しかも笠沙とか坊津の辺りの海岸線の激坂を107km走って登ってと、合わせて2000mも!!

そこにビビってた。

それをビールかっ喰らいながらオヤジ達に話してたら、『オヤジの意地を見せろ!』と。

今にして思えば所詮他人事な訳で、酒の勢いでヤレ!ヤレ!ってなもんだと思うけど、調子ブッコイテ翌朝エントリーして100kmの部にポチってしまった。

いまさらながら後悔、後悔、後悔、、、

過去最高の獲得標高は1000m前後しかなく、その倍の坂道を100km以上かけて走るなんて、グスッ (=_=)

一緒に飲んだオヤジ達が、『マラソン走るんだからチャリなんて軽い軽い~♪』と、酔ってたとはいえ、なんと無責任な励ましに乗せられたことか。

でもエントリーしちまった。

こうなったら覚悟決めて、マラソン練習と並行して激坂チャリ練習をせねば。

また、疲労骨折しない程度にネ (O.O;)(oo;)
16:30  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |