FC2ブログ
2019年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2019.03.29 (Fri)

遅まきながらのwindows 10

現在使ってるパソコンのすべてはwindows7だけど、そろそろwindows7もサポートを終了するそうだし新しいパソコンを入れないとくたびれて来たので新型を購入することにした。

嫁のノートPCはすでに昨年の夏にはwindows 10に変えてたのでその立ち上がりの早さとか画像処理だとか、横で古いデスクトップをガチャガチャしながらとってもうらやましかった (^^;;

嫁がいないときに時々使ってみたけど、OSの違いで戸惑うことも多いけど、そのサクサク感はやっぱ凄い!

そんでとりあえずは主力で使っているデスクトップを変えてみようと、色々物色して決めたのがミニタワー型のデスクトップPC。

以前みたいにヘビーユーザーでもなくなったので大型のハイスペックマシーンじゃなくてもいいかな~?って、だからいつも行ってる専門店でケースから選んでパーツをあれやこれやとこだわりながら組み立ててもらうのはデカいし、高いしで、サクッとネットで売ってるメーカーで小型のミニタワータイプにしてCPUとメモリーだけは上位パーツに交換してもらった。

そんで一昨日宅急便で届いて昨日じっくりとデータの移行とかソフトの入れ込みとかを行って標準の設定を自分の好みにすべて変更してと、様々な作業を行ったけど、もうこんな作業は何回目だろう。

自分だけではなく、友人知人のPCまで入れるととんでもない台数をこなしてきてるから、もはやプロ?(^-^;

でもびっくりしたのは送られてきた本体を箱から取り出した時のサイズ。

IMG_3312.jpg

ミニタワー型どころかミニコンポじゃん!

小っちゃ!!

なので縦置きより横置きにして空間利用。

15年くらい前に造ってもらったPCの1/4くらいの大きさしかないけど、そのスペックはその時のマシーンを凌駕してるから笑っちゃう♪

2台のディスプレイをそのまま使うんだけど、モニターケーブルが1台はHDMIになっているけど、そうしたら音声までモニターに付いてるショボいスピーカーから流れてしまうので、音声だけをストップさせる設定を探すのに苦労したんだけど、探してしまえば何てことはなく設定完了。

音声だけはね、Amazon Musicを聴きながら作業をするんで外部スピーカーにこだわらなきゃね(^^♪

以前はパソコンの作業をするときには急いで書斎まで行ってPCの電源を入れてからコーヒーを入れたりトイレに行ったりとか時間をかけなきゃいけなかったけど、今日からは椅子に座ってから電源をポチっとな。

立ち上がりもサクッと♪

もっと早くにwindows 10に変えればよかった。

順次ノートとかサブ用PCとかも変えなきゃいけないけどと、思ってはいるけど最近はタブレット使いが多くてメインさえ変えればどうでもいいかなって思うようになってきた。

正直、年取ってからはあんまり脳ミソ使いたくない(*^-^)

プリンターのWi-Fiの設定とか、色んな設定を忘れっちまう。

ヌボォ~っとしていたい、お年頃なのかも(((^^;)(;^^)))
07:55  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.03.25 (Mon)

ドクターストップ

鹿児島マラソン終了後はランニングを控えてロードバイクで足に負担をかけないようにリハビリ的なトレーニングをしてたけど、久しぶりにランニングも再開し、4月からサブ4へ向けて本格的な練習をと思ってた矢先、ドクターストップが掛かってしまった。

2月の熊本城マラソンを走ってる時、左足の指が時々痛む自覚はあったけど、走ってればそのうち忘れてしまう程度。

その2週間後の鹿児島マラソンでも時々痛みはあったけど、これもそんな深刻に考えるほどでもなかった。

足の指が変形してるみたいだったけど、それでもロードバイクで50キロから60キロのライドを楽しみ、ランニングも15キロから20キロのLSD的なゆっくりとしたランニングでもたま~に痛みが出る程度。

でも少し気になったので、さっき近くの整形外科に行って レントゲンを撮ってもらったら重大な事実が発覚!!

医者が言うには疲労骨折らしい。

そうとうなハードワークをしなければこんな所が疲労骨折なんかしないと。

そう、昨年秋からのマラソンシーズンでは近年なくハードワークした。

全部で12本のレースに参加して、練習も坂ダッシュやインターバル走などなど、バッカみたいなお一人様陸上部やってた。

昨日もロードバイクで市比野温泉までの60キロを獲得標高800m近くのヒルクライムを走り倒してきた。

帰り道の下り坂では逆方向から登って来るオヤジチャリダーに何人もすれ違い、お互い手を振って挨拶したばかり。

どいつもこいつもオヤジが考えることは同じで、天気がいいとすぐ調子にのってヒルクライムアタックを仕掛けやがる。

ってな訳で、思いっきりハードワークした結果が疲労骨折!

少なくとも1ヶ月くらいはランニングは厳禁で、ロードバイクも山禁止!

どうしてもと言うならロードバイクに限り10キロ程度の平坦地なら可。

『この条件が守れなかったら来年の鹿児島マラソンは無理ですよ!』と、医者が脅す。

医者に脅されたのはこれが二度目。

一度目は10年位前、その数年前に禁煙した反動でバカみたいにメタボって自堕落な生活をしてた時に『死ぬよ!』と脅されて以来だ。

それからスポーツジムに通ってそこで不覚にも、マラソンにドハマリしてしまった訳だけど、オヤジのポンコツな体ではハードワークはホドホドにしろってことだと思う。

なのでランニングは暫く自重しておとなしくしてようっと♪

暇だからレコーダーに撮り貯めした映画でも観ようか。

でもひまだろうな~(^^;;
13:10  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.03.21 (Thu)

リハビリ

鹿児島マラソンが終了して以来、2週間以上をまったくランニングしないでひたすら体のケアにあててきた。

還暦を過ぎた中古のカラダでフルマラソン3本を含む全12本のレース参加でたっぷりと痛めつけられてきた膝と股関節とその他足腰の至るところを地元の温泉三昧とストレッチで介護に近い癒しの時間をすごしてる。

その間、走りたくてしょうがない衝動に何度も襲われてきたけど、チャリンコとジムのスタジオでパワー系エクササイズとヨガの教室で紛らわせてきた。

でもこのヨガの教室はただのヨガとは違い、まるでSMの責め苦のようなハードな内容。

いつもマシーンで筋トレしてるとインストラクターの女性から強制的に参加させられてるんだけど、これが脂汗ダラダラものの体幹をたっぷり使ったただのイジメのようなエクササイズ。

テレビでやってるような優雅なヨガとは違って思わず声までだして皆ヨガッってるハードなヤツ。

チャリンコはいつも50キロから60キロをゆっくり流すんだけど、必ず最後はトップスピードまで上げてしまうから困ったもんだ。

平坦地はゆっくりとリハビリ期間だからと自重するんだけど、坂道になるとメラメラと闘争心みたいなヤツが出てきてヒルクライムアタックを仕掛けてしまう。

ゼエゼエハアハア言いながらまたまたダラダラと大汗かいて山を登って頂上付近では、雄たけびを上げながらガッツポーズで達成感を満喫してる有様。

ほんとにこんなんでリハビリになってるのかはなはだ疑問だ。

もうそろそろ良かろうと、昨日久しぶりにランニングを解禁。

決して無理をしないで4月からの本格的な練習に向けて走れるカラダ作りから始めるつもりでまずはLSDで15キロほどをゆ~っくりと2時間近くかけて走ってきた。

IMG_3306.jpg

IMG_3307.jpg

走ったと言っても伊集院の運動公園のランニングコースをグルグル走っただけだけど、それでも久しぶりのランニングはキモチイイ♪

平日の朝だと殆ど人もいないので走り放題 (*^-゜)v

そんで走った後はお決まりの温泉♪♪♪

IMG_3308.jpg

今月はこんな感じのユルメのランニング程度で良い。

4月になったらクロスカントリーのコースでカラダの土台つくりから初めて心肺系のスピード練習をこなそうかと思っている。

秋までは心肺機能を強化して秋から本格的な距離を稼ぐ練習に移行しようかと、お一人様陸上部としては還暦サブ4へ向けて綿密な年間スケジュールを練っているのだ (*^-^)

その間何度かはランニング仲間に連絡して合同練習なんかしちゃったりして刺激を受けようかとも (;^_^A
12:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.03.04 (Mon)

過密なマラソンスケジュールがたたり

昨日の鹿児島マラソンはあれだけネットやTVの天気予報が朝から大雨で気温は最高20℃になりそうだとどいつもこいつも予想してたのに、朝から曇りで少し肌寒いくらいのマラソンとしてはこれ以上ないくらいの最高のコンディション。

IMG_3238.jpg

IMG_3239.jpg

殆どのランナーがスタートするまではビニールのポンチョや百均のレインコートを着てるし、中央公園の地下駐車場がランナーの更衣室謙手荷物預かり所なんだけど、その出口では透明ビニールのゴミ袋で即席のポンチョを希望者にはスタッフが作ってくれてた。

東京と福岡から来たランナー仲間を入れていつものランナー仲間で毎年恒例になった西郷銅像前での記念撮影をしてペチャクチャしゃべりながらドルフィンポート前のスタートブロックまで移動する。

IMG_3245.jpg

IMG_3248.jpg

東京と福岡から来た二人はいづれもゼッケンの色が白色のスタートブロックAのサブ3ランナーなので小走りでスタートブロックに向かった。

これでまた1年近く会えないんだけど『どこかのレースでまたの再会を』と、手を振って別れる。

無事にゴールをと手を振り他の仲間もそれぞれ申告したスタートブロックに分かれて後はひたすら一人旅。

IMG_3286.jpg

IMG_3287.jpg

スタートし、心のどこかで絶好のコンディションの中4時間半切りの自己ベストをなんて、バカな事を考えるが、鳥越トンネルを抜けるまでの市内区間は自重した。

その間、スタート直後のガソリンスタンドでは知り合いの女性が今年もまたピンクのツナギを来てチェッカーフラッグを振りながら自分に気づいてフルネームで名前を連呼しやがった。

2019.jpg

以前通っていたスポーツジムの前では未だに自分の名前を覚えてくれているトレーナー達が大声で名前を叫んで大きなジムのフラッグを振ってくれた。

鴨池の住宅展示場近くを通り過ぎる時はお世話になった女性設計士の人達が住宅会社のノボリを激しく振りながらハイタッチしてくれる。

武之橋付近では不覚にも誰なのか確認は出来なかったけど、自分の名前を連呼してくれる人もいたので笑顔で手は振っておいた。

ゴメンナサイ・・・

天文館付近でも知り合いが手を振ってくれてた。

まだまだ市内には知り合いが多いと実感する。

でも、タダでさえ天文館の電車通りを走る時はテンションが上がるのに、知り合いと会うたびにテンションが上がってペースが早くなってしまう。

自分にゆっくりゆっくりと言い聞かせながら走らないといけないくらいに調子も良かった、市内では。

その後25キロ過ぎくらいから体に異変が突然やってきた。

無理もない、2週間前に熊本城マラソンを走ったばかりなのに、62年モノのオヤジのくたびれた体はそう簡単にはリカバリーは出来ないらしい。

10月頃の大会参加は別として、昨年12月からの大会は10キロ、ハーフと忙しく、1月の菜の花マラソンから3本目のフルマラソンでその間にもまた10キロを走ってるから相当体に疲労が蓄積してたみたいだ。

30キロからはとうとう股関節が言う事を利かなくなり、それをかばったのかハムストリングが痙攣し始めた。

いつもはフクラハギから痙攣してハムに移行するんだけど、ちょっといつもとは体が違うみたいだった。

弱った体をだましだましで少し歩いては軽くジョグしながらペースを上げてを繰り返しながら、何とかゴールに帰りたい一心で耐える。

そしたら朝一緒に記念撮影したいつもレースで一緒になる女の子に追いついてしまった。

菜の花マラソンでは一緒にゴールしたけど、もう今回は先にゴールしたい意地が勝ってしまい、少し話しながら一緒に走ったけど『また後で』と言い残して先を急いでしまった。

今年もまた鳥越トンネルを抜けて稲荷町にたどり着いたら『おかえりなさ~い♪』と応援の人達が声をかけてくれて涙がチョチョギレてしまった。

行きの鳥越トンネル前では『いってらっしゃ~い♪』と声をかけられ、帰りはまた泣くんだろうな~と思ってたけど、このオヤジは案の定だ。

鹿児島市内に入ってからは股関節の痛みとハムストリングの痙攣でかなり弱ってはずなのに、ラスト2キロはサブ4ペースで激走してた。

目標タイムに50分も遅れてしまったけど、終わってみたら朝一緒に写真を撮ったサブ3ランナーの二人は別として、最高齢者なのに他の仲間より先にゴールしてた。

来年はもっとレースを絞って自転車とランニングを併用したクロストレーニングに力を入れればまだまだいけそうな気がする~~~!!

なんてね (;^_^A

ゴールしてからは以前住んでた西稜でお向かいさんだったご主人と10年ぶりに再会。

その頃はどちらもマラソンなんてしてなかったのにお互いビックリで、なんとロードバイク乗りにもなっててまたまたビックリ。

そしてお互いの体が絞られてるのに気づき、ハグして喜んだ♪

中年のオヤジ同士汗びっしょりの体でハグしあう図って・・・


しばらく仲間の帰りを待ったけど、途中で追い越した女の子しか会えなかったのが残念。

レースが終わった頃天気予報がやっと当たって?土砂降りの雨。

女の子とも別れて急いで着替えに走る。

着替えが終わってホッとしてると次々に走り終わったランナーが戻ってきて、シューズを脱ごうとするが足が痙攣してフリーズしてるおっちゃんを3人ほどレスキューした(*^-^)

困った時はお互い様だ。


来週の日曜日は川内川河口マラソンの23キロレースがあるんだけど、もうキャセルしようと思う。

これ以上体を弱らせる訳には行かない。

しばらく正常な状態になるまでリカバリーをし、体の衝撃が少ないロードバイクから初めて3月の終わりごろから少しづつランニング練習を始めようと思う。

ってなわけで、来週のレースはキャンセルするけど、今シーズンの12のレースをすべて完走したのは我ながらアッパレ!!

ハイ、今シーズンのマラソン全レースは終了 (*^-^)(*^-゜)v

19:09  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.03.01 (Fri)

また一人逝っちまった

若い頃レコードを買い漁り、夢中で聴いていたクラッシック音楽のマエストロ達が次々に逝ってしまってる。

巨匠と呼ばれるくらいだから年齢的にもそんな時が来るのはしょうがないけど、やっぱり何か寂しい気がする。

こんどはアンドレプレヴィンが逝ったという記事を見て、愕然とする。

ロンドン交響楽団とのレコーディングが多くて沢山のレコードやCDが残ってるけど、ベルリンフィルを指揮したドヴォルザークの『交響曲第8番』はとりわけお気に入りのCDで、今でも良く聴いている。

地震と津波で大勢が亡くなった東日本大震災の直後、NHK交響楽団を率いてアメリカに演奏旅行した録画を見て号泣したのを覚えてる。

大所帯のオーケストラが海外へ演奏旅行を行う事は大変な訳で、日程的にキャンセルが利かなかったそうだけど、家族が被災した楽員だけは残してアメリカに旅立ったプレヴィンとN響は、もの凄い演奏をしてた。

凄みすら感じられる演奏を。

冒頭、追悼の為にプレヴィンが急遽選んだのはバッハの『G線上のアリア』で、後にも先にあんな『G線上のアリア』を聴いたことがない。

テレビの録画だったけど、聴きながら号泣し、嗚咽してしまった。

だから今でも『G線上のアリア』を聴くと泣けてしまう。

晩年はN響を良く指揮してたけど、杖をついてつらそうに歩いてたのが印象的。

ドイツ人だけど、ナチスの迫害から逃れてアメリカに移住したそうだけど、なぜなんだろう?

ドイツやオースリー系のマエストロ達は晩年はN響をこよなく愛してくれてるような気がする。

アンドレプレヴィンは勿論、オットマールスイートナーやサバリッシュは日本とN響をお気に入りだったみたいだ。

今の若い指揮者達の解釈と演奏はとっても楽しみなんだけど、巨匠達が残してくれた遺産ともいうべき名演奏は、宝だ。

アンドレプレヴィンに、合掌。
10:01  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |