FC2ブログ
2019年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2019.01.30 (Wed)

本日LSD

最近は”とうごう梅マラソン”の10kmのレースに出たりフルマラソンの為のスピード練習もしなきゃと、インターバル走やペース走などでスピード系の練習ばっかりやってたけど、昨日と今日は二日連続でゆっくりとLSDを走ってきた。

いづれも20kmをゆ~っくり2時間半ほど掛け、江口浜の景色を見ながら走るんだけどこれが後半は結構キツイ。

レースペースで走った方がこのくらいの距離ならよっぽどラクに思えてしまう。

DSC_1442.jpg

一つは新しいシューズになれる為と、たっぷり時間を掛けて走って体に負荷をかける為だけど、二日連続でやると体幹を相当使うらしくてもう腰から背中からバッキバキで疲れた。

フルマラソンに耐えれる体が出来たかな?

菜の花マラソンではアップダウンが多いので、特に下り坂対策で超厚底シューズのホカオネオネでも一番厚いボンダイというシューズを履いたけど、次は熊本城マラソンと鹿児島マラソンなので菜の花マラソン程は坂道もないはずだからとナイキのペガサスで走る事にした。

とうごう梅マラソンの10kmで試し履きしたけどかなりいい感じ。

今までがずっとナイキのペガサス系で来てたけど、また元に戻しただけだがボンダイを履いた後では軽くてまさに羽が生えたような気もする。

ペガサスもガッツリ厚底系なんだけど、そんなに厚底に感じないのはボンダイが厚底過ぎたからだと思う (^^;;

IMG_3070.jpg

IMG_3071.jpg

IMG_3072.jpg

今話題のナイキの『ドーピングシューズ』と言われてるシューズと同系らしいけど、プレートが入っていないのでエリートランナー御用達みたいな超反発はそれほどないモデル。

あれわぁ~、一般の市民ランナーレベルでは脹脛をやられそうで怖い。

オヤジランナーにはそこそこでいいのだ (;^_^A

熊本城マラソンまで後2週間とちょい、嫁が風邪引いてゲホゲホ言ってるので、移されないようにしないと。

デリケートなオヤジには風邪が大敵だけど、もう何年風邪引いてないだろう?

マラソンって風邪引かない体を作ってくれるのネ♪♪♪
18:11  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.01.28 (Mon)

川内川沿いの10kmレース

薩摩川内市の旧東郷町であった『とうごう梅マラソン』に嫁と一緒に走ってきた。

IMG_3084.jpg


初めて走るレースでコースのアップダウンとかまったく予備知識はなかったけど、全体的にはオールフラットの走りやすいコースで高速レースの感じで皆メッチャはやい!

川内のスポーツジムで顔なじみのランナーも大勢出てて一緒に記念撮影。

開会式では地元の議員とか沢山の来賓がしゃべり倒すなが~い挨拶も、殆どのランナーはスプリントやジョグで自分のアップに余念がなかったけど、ゲストランナーの谷川真理さんの時だけはスマホを持って谷川包囲網を完成!

そして谷川さんのただ一人、元気で的を得た挨拶が終わるとササッと潮が引くようにいなくなる (*^-^)

IMG_3093.jpg

さて、問題の嫁はというと毎日仕事に忙殺され、前日やっと2km走った程度でまったくのぶっつけ本番で、目標は完走 (^-^;

そしてレースが始まり、スタート直後から皆飛ばすもんだから、折り返しで嫁とすれ違った時にはビリから10番目くらいであえいでいた。

コースはホントに走りやすいし、菜の花マラソンみたいな1万数千人が出るレースと違って人も少なく自分のペースをしっかり維持できて良かった。

10kmだけど、この後走る熊本城マラソンのシュミレーションを兼ねてフルマラソンのレースペースより少し早い程度にペースを抑えて走る。

ラスト1kmだけ鬼の形相で走ったけど、自己ベストより2分遅くでゴールした。

今日はこれくらいで良いと、自分に言い聞かせる。

嫁はフラフラになりながらゴールしたけど、それでも1時間7分で走りきり、思ったよりエライ♪

しかも後ろには20数人のランナーがまだいたからガンバッタ (^。^;)(^^;;;

夢は嫁とフルマラソンで手をつないで4時間を切ってのゴ~~~~ル!!

なんだけど、嫁がその夢は100%実現しないと言いってる。。。

IMG_3101.jpg

10kmがスタートして1時間後にスタートした5kmには、以前健康の森公園で練習する時にいつも一緒になってた腰のと~っても低いエリートランナーのお兄さんが出てた。

朝受付け付近で会って挨拶したけど、ホントはとんでもない人なんだけど、礼儀正しくうちらみたいなジジ&ババランナーにも挨拶してくれる。

誰でも出れない別府大分マラソンのような大会に出るエリートランナーなのに、うちらと普通に知り合いってメチャメチャ光栄なこと。

だいぶ以前だけど、鹿児島市の甲突川沿いをナイトランでランナー仲間と走ってるとき遭遇して、暫くおしゃべりした事があったけど、その後ランナー仲間でもサブ3やサブ3.5を狙う兵達が『あの方とお知り合いなんですか?』と、羨望のまなざしで見られたことがある。

『うん、時々健康の森公園で一緒になり、良くエロ話をするよ♪』と、それがなにか?

そのエリートランナーのお兄さん『5kmの部の先頭がもう直ぐゴールします!』というアナウンスで嫁とゴール付近で見てたら2位に10mほどの大差をつけて、とんでもない超高速でゴールを駆け抜けてきた!

そんでゴール付近で待機してた自分らとハイタッチ♪

その後関係者や10kmを走った速いランナー達に囲まれ見えなくなったけど、まるでスターがファンにもみくちゃにされてるみたいだった。

最初にハイタッチしたのが自分らってホントに良かったんだろうかと、嫁と話してたら呼吸が整ったのか、表彰式前なのにお兄さんが寄ってきて応援の感謝を述べられてしもうた。どこまで腰が低いんじゃ (^。^;)(^^;;;

あのエリートランナーのお兄さんと話す事ってマラソンの話なんか自分とあまりにもレベルが違いすぎるのは知ってるから殆ど話さない。

当たり障りのない世間話やエロ話程度だけど、それが返って気を使わなくていいのかもしれない。

だってスター的な人に皆マラソンの話ばっかり聞いてきたらうっとうしいのかもね♪

それにしても菜の花マラソンもそうだったけど、今度の東郷町も駐車場の誘導などなど、ボランテアの人達が皆親切で頭が下がる。

消防団も総出で車の誘導や道案内や交通整理をしてた。

こんな人達に支えられるから、安全にマラソンを楽しめてる。

おばちゃん達が笑顔で応援してくれるから、まだまだマラソンは止められせ~ん(*^-^)
18:17  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.01.24 (Thu)

朝が寒い

昨年の冬は日置市に引っ越して初めて経験する冬だったけど、鹿児島市とのたった2℃の気温差に震え上がった。

でも今年はちょっと慣れたのか、昨年ほどの冬篭りはしなくて良さそう。

とはいえ、最近の朝の寒さはジョギングに出かけるのにも躊躇してしまう。

走れば体はポカポカで問題はないけど手先が手袋2枚重ねでも冷たい事。

ランニング用の手袋ではなく、ロードバイク用の厚手の手袋を2枚重ねで対応してもまだ冷たい。

なので通販で買ったスノーボード用の手袋が最近では活躍してる。

IMG_2951.jpg

ランニング中にスノボ用の手袋は異常にデカくてカッコ悪いけど、背に腹は変えられない。

菜の花マラソンの時はスタート時はとっても暑くて汗がダラダラ状態だったのに、終わればこの寒さだ。

今度の日曜日は『とうごう梅マラソン』の10kmに出るんだけど、東郷町って結構寒いらしい。

しかも日曜日の気温予想は最低が2℃らしい。

まさか10kmとはいえ、ジョギングじゃないからスノボの手袋で走る訳にも行くまい。

そんでこの寒さにはうちの娘も外に出たがらず、ちょっと困っている。

一日中寝てばかりだ。

自分用のベッドで完全に冬篭り状態。

とっても過保護に育てたので今ではただのブタ猫になっちもうた (^^;;

IMG_3074.jpg

IMG_2988.jpg

IMG_3038.jpg

ちゃんと自分専用のベッドがあるのに、夜は必ず自分のベッドの上でクルクル丸まって寝てやがる。

お願いだからこっち来ないでって真夜中に移動させる。

だって最近買い換えたばかりの羽毛の掛け布団がふっかふかでキモチイイのはよ~く分かるけど、それでも買ったばかりだからこっち来るな~~~!!!!
16:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.01.21 (Mon)

田舎暮らしを10倍楽しむ (*^-^)

以前から気になっていた冠岳温泉というのがいちき串木野市にあり、いつもその近くまでは坂道練習で自転車で行ったりジョギングで行ったりしてたんだけど、そこから先はとんでもない急傾斜地になるので自力での登坂は無理と怯んでいた。

でも『冠岳温泉』の看板が出てたのでいつか車で行ってみようと思っていて、やっと昨日の日曜日に行く計画にしてた。

ところが、その前日の土曜日に偶然にもテレビで紹介されてていやな予感はしてたけど、案の定結構なお客さんで賑わってた。

IMG_3041.jpg

IMG_3050.jpg

IMG_3047.jpg

それでも田舎なので日曜日の『たぬき湯』や『みょうばん温泉』から比べたら可愛いもの。

温泉もだけどお目当ては食堂のうどんでここも少しだけ行列が出来てた。

温泉に入ってから食べると昼の営業に間に合わないので食べてから温泉に入ることに。

天ぷらうどんを食べたけど、エビが旨い。

ペロッと平らげてちょっと気になってた生醤油うどんも追加で喰った。

これが絶品だ!!!

IMG_3045.jpg

IMG_3046.jpg

IMG_3044.jpg

うどんも勿論美味しいけど、醤油がハンパナイくらいに旨かった。

店の人には聞かなかったけど、おそらく市来町の国道沿いにある醤油屋さんのしょうゆではないかと思った。

たらふく喰ってから温泉へGO!

まだ新し目の温泉で気持ちがいい。

お湯の温度も調度いいくらいで露天風呂の絶景は山の上だけあって最高だ。

周りは全部山で風呂に入りながらの森林浴状態。

IMG_3052.jpg

IMG_3055.jpg

サウナも水風呂も気に入ったけど、特に水風呂はつめた過ぎないしお風呂が深いのでちょっとしたプールだ♪

たぶんだけど、自分の中で今まで行った温泉の中でも最高ランクだと思う。

それが自宅から車で20分でいける距離だなんて最高ジャン (*^-゜)v

嫁も興奮気味に出てきたけど、次回からは温泉券購入は必須決定!

帰りにいつも素通りしてる醤油屋さんの直売所に寄った。

冠岳温泉の食堂で使っている醤油は絶対ここの蔵元に違いないと。

色んな醤油が置いてあり、どれも旨そうにしか見えないけど綺麗な店員さんに聞いたら定番の甘露醤油を勧めてくれたので刺身醤油の小さいやつと一緒に購入したけど、630円って、蔵元の醤油なのに激安じゃないのか!?

併設しているカフェにも今度寄ろうと思った。

IMG_3059.jpg

IMG_3061.jpg

晩飯の時に刺身醤油と甘露醤油を刺身に付けて食べ比べたけど、もう、スーパーの醤油には戻れないと思う。。。

田舎に暮らす前、マラソンとロードバイクを思いっきり楽しめる環境だけを考えてたけど、住んでみると鹿児島市内で経験できないようなことも沢山あることが分かった。

地元の湯の元温泉は150円で入りたい放題だし、ちょっと足を伸ばせば冠岳温泉のような超ド級の温泉もあるし、一昨日は嫁と一緒に普通にランチで蓬莱館の食堂で魚フライ定食を喰らいついた♪

土日でも、お昼13時をちょっとすぎた頃に行くと殆ど並ばずに喰えることも分かった。

当然だけど蓬莱館の魚料理は絶品で、特に魚フライ定食は2種類の魚とおまけで野菜のフライと小鉢2品と刺身とわかめ汁が付いてリーズナブルで激旨のテッパンだ。

魚フライの量がかなり多めでご飯もお代わりできて毎回完食がやっとのボリューム!

そんで平日限定のシラス丼が一人で行く楽しみになっている。

日置市だけでも他に地鶏屋さんが近所にあったり駅前のお菓子屋さんのマメ大福が異常に美味しかったり、穴場的な店が多いのに、お隣のいちき串木野市にも道の駅や海の駅が知ってるだけでも4件はある。

そのうち海の駅のマグロは旨かった♪

そんでちょっと人気店になるとすぐに行列が出来る鹿児島市内と違って殆ど並ばないという贅沢♪

いい!!

まだまだ気になるお店や温泉などなど、ひとつづつ攻略しなくてはいけないが、これが以外にも多くて完全攻略には結構手ごわい。

なんか、1年ちょっと住んでみて、どっぷりと田舎暮らしにはまっている感じ (*^-^)
16:20  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.01.15 (Tue)

今年もまた菜の花マラソンにいいようにいたぶられて

昨年は激しいアップダウンのコースに股関節を痛めて下り坂で苦労した反省を踏まえ、今年の菜の花マラソンは前半10kmほど続く上って上ってたまに下ってまたまた上ってみたいなアホみたいなアップダウンを池田湖までは自重して抑え気味に走ったので計算どおり快調にこなせた。

IMG_3014.jpg

DSC_9403.jpg

池田湖を過ぎてからの急な上りは400mなんだと時計を見ながら苦しさから意識をそらして上り終え、昨年調子コイテ飛ばしまくった開聞岳までの2.5km続くなだらかな下りも今年は自重して後半に備え周りの景色を楽しみながらジョギング気分でクリア。

ハーフの手前に来た頃、先行してたランナー仲間の女の子に追いついた。

この子とは必ずといっていいほどレース中に遭遇するライバルだ。

しばらくオシャベリしながら併走してたけど、かなり弱ってきたらしく、先に行ってくれと言うので『それじゃあ、先で待ってるから』と言い残しまたレースペースに戻して走り出す。

どうせ順調な走りは長くは続かないであろう事はイヤというほど分かっている。

案の定、25km付近手前から脹脛が攣り始め、そのうち両足とも痙攣し始めた。

また例の女の子が追いついたけど、かなり弱ってるので私設エードで豚汁、ハーブティー、芋の天ぷらのガネ、その他を頂きながらしばし休憩し、また二人で走り出す。

でも両足の脹脛が尋常じゃないくらいに痙攣したのでまた必ず追いつくからと言って女の子を先に行かす。

絶対また会いましょうねって言ってくれたけど、内心はもう無理かもしれないと思う。

あえぎながら山川港にたどり着いたけど、両足の脹脛がとんでもない事に。

でも太ももと股関節はまだいける。

山川でおばちゃんに貰った暖かいお茶と梅干に救われ、また走り出す。

背筋を伸ばして落ちた腰を上げ、腕を振って懸命にリズムを取っていたらだんだんとペースが上がり、設定してたレースペースまで回復してきた。

山川駅先の最後の地獄坂も少しペースを落として走って上れる。

100mくらい先にさっきのランナー仲間の女の子の帽子が見えたけど、無理には追わない。

勝負は指宿の温泉街に入っての最後の4km続く平坦コースだと自分に言い聞かせ、黙々と坂を走った。

温泉街の平坦地まで来て旅館の人達の応援をスイッチに徐々にペースを上げ、気が付けばサブ4ペースで走ってる。

でも例の女の子もペースを上げたらしく、姿が見えない。

オヤジの意地というか、今シーズンは10kmやハーフのレースでその子にはまだ負けてないからここでも負けたくないという、やっぱり意地か (^^;;

ラスト1kmでようやく捕らえた!

そしたらまたまたかなりの弱りようで、先に行ってくれと言うけどここまで来て置いていったら他のランナー仲間から何言われるかわかったもんじゃない。

少し歩いて休憩してまた走るように促し、少しづつペースを上げてやる。

そしたら競技場付近でカメラ構えた嫁を発見し、専属カメラマンがいるから笑って手を振ってと促す。

競技場の横を走ってるのにまだ中に入れないというもどかしさでまたまた気弱になって歩こうとする女の子を『走らんかいワレッ~!!』と今度は威嚇しながら走る。

そしたらやっと競技場に入り、トラックを走れる喜びで急にペースを上げやがった。

今度は『コラッ!またんかいワレッ~!!』と追いつき、笑顔で同時にゴ~~~~~ル!!!!

まさか?またか?のこの子との二回目の同時ゴール。

完走証は2年前は1秒違いでカウンタされたけど、今年は二人して同着で同タイム。

残り1kmからはあんなに泣きそうで歩きそうだったのに、ゴールしたらしれ~っと『楽しかったですね♪♪♪』って、女は怖いワ (^。^;)(^^;;;

DSC_9465.jpg

DSC_9595.jpg

DSC_9616.jpg

結局今年もまた川内選手とは競り合えなかったのが残念 (^^;;

あらためて菜の花マラソンの過酷さを思い知らされたけど、このコースってやっぱりヤバイ。

5時間15分で目標の4時間半には届かなかったけど、昨年より30分早かったから良しとしよう。

nanohana1.jpg

自己ベストは熊本城マラソンか鹿児島マラソンまでお預けって事で (*^-^)
09:21  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.01.12 (Sat)

補給食とパワージェル

榛名湖マラソンが1位でいびがわマラソンが2位、3位が菜の花マラソンだそうな。

全国のバカみたい難コースTOP5の中でも堂々の?第3位に鎮座する菜の花マラソンだけど、名だたる難コースを蹴散らしての3位って誰が考えたコースじゃ!

そんなアップダウンのキツイコースなのに陸連が公認してる大会だから陸連登録してる選手が日本最高記録を出したら1億円もらえちゃう大会♪

しかも川内選手が市民ランナーとして出る最後の菜の花マラソンだから、自分と同じ立場で?出れるのもこれが最後 (;_;)

そんなアホみたいなレースを明日走るにあたり、ドーピングじゃないけど、色々とパワー系のジェルやアミノ酸を買い揃えたけど、ポーチに入れて走るには重さと量の兼ね合いで悩む。
IMG_3006.jpg

途中、いくつもある補給エードで豚汁やおしるこやそら豆スープなど、並んでまで食べるとタイムが気になるのでバナナなど、さっと取れる補給食だけにしようかと思う。

後は持参するパワー系ジェルに頼らねば。

でも去年も食べたけど、25km過ぎた時に食べた豚汁って、涙が出るほど美味しかったのよね~(^^;;

後、山川の最後も地獄坂を上り終え、指宿に入る下り坂途中で出してくれるそら豆スープは外せない。

JAのおばちゃん達、ありがと~う♪♪♪

なので今年はもう、スマホは置いていく。

1本でも多くのジェルを携帯した方がいいかも。

写真は走る前と後に撮ればいい。

後は近所の起伏の激しい山道を、夏から菜の花マラソンを意識しながらひたすら走ってきた己の練習を思い出しながら本番に臨むだけってね (*^-^)

ガンバレ!自分(*^-゜)v
09:45  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.01.07 (Mon)

菜の花マラソンはスピードよりもご安全に!

今度の日曜日の菜の花マラソンで履くシューズがやっと決まった。

アシックスのサブ4用シューズかナイキのフライニット系の高速シューズも考えたけど、やっぱり菜の花マラソンは安全第一!!

ホカオネオネのボンダイ5という、超厚底シューズで走ろうと思う。

IMG_2998.jpg

IMG_2996.jpg

IMG_2995.jpg

ホカオネオネのシューズは2足目だけど今回はもっと厚底のタイプを選んだのは昨年の夏、宮崎まで遠征してショップの走り込みイベントに参加した時にモニターで履いた時、最初は違和感バリバリだったけど走った瞬間に柔らかさと適度な反発力とに一目ぼれ♪

菜の花マラソンは自己ベストとか狙えるようなコースじゃない事は今までの経験でこれでもかっていうくらいに思い知らされてるから、安全に走りきる事だけを考えた。

自己ベストはその後にある熊本城マラソンか鹿児島マラソンで狙えばいい。

とにかくスタートから続く約15kmのアップダウンで頑張りすぎて体力を消耗しないことと、下りでの足への負担軽減を考えたら超厚底のボンダイ5はベストなシューズだと思う。

練習では1km/4分台でも走れることは分かってるけど、菜の花マラソンではまずは完走が第一で、自分の菜の花史上最速が狙えればそれいい。

問題は開聞岳を過ぎた後、名物おばちゃん「はしらんか~!」のいる激坂以降のアップダウンを過ぎ、山川港に入る激下り坂で足が攣らないよう、そして山川港を歩かず走って山川駅先の最後の1km続く上り坂を走ってクリアして最後の指宿温泉街の平坦4kmをビクトリーランで走れれば最高の展開 (*^-゜)v

IMG_0437.jpg

ただ、毎年ホテル吟松のお上さんと若お上が応援してくれるのは有難いけど、一斗缶をガンガン叩いて周りの温泉旅館のビルに反響して耳に突き刺さるのはカンベン (^-^;

お上さん達に余裕で手を振りながら走って帰ってこれれば最高なのだが、どうなることやら (*^-^) ヽ(^_^)ヽ=3=3=3
09:52  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |