FC2ブログ
2014年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2014.07.31 (Thu)

護衛艦『くらま』に乗船

毎日こんなに暑いとブログを更新するのおっくうになってくる。

サボってる時は毎度のことだけど、電話やメールでの生存確認がしんどい。まだ爺さんには早いから直ぐには逝かない旨を報告すれば、中年の突然死と言うこともあるので更新はマメにするようにとの温かくも傍迷惑なうざいお言葉を賜るので、久々の更新。

7月の13日の日曜日だったと思うけど、嫁と車で買い物に行く途中、水族館の近くの埠頭に軍艦が停泊してるのを発見!急遽買い物は後回しにして現場へ急行する。

IMG_1218.jpg

海上自衛隊の護衛艦『くらま』の展示乗船をやってたので駐車場の長い渋滞にめげずにとっても暑い中、『くらま』の体験乗船をしてきた。

海上自衛隊にちゃっかりのっかった形で陸自の戦闘車両も展示してあった。かなりの旧式になったけど、74式戦車はまだまだ迫力十分。主力の90戦車は殆どが北海道の配備だし、さすがに最新鋭の10式戦車は簡単に展示する訳にもいかなかったのだろうけど、装甲偵察車や兵員輸送装甲車や軽装甲車など数台が展示してあった。

IMG_1235.jpg

IMG_1230.jpg

IMG_1223.jpg

IMG_1227.jpg

そして長い行列を経て護衛艦『くらま』へ乗船。いきなり主砲の後ろに存在感たっぷりの対潜魚雷のアスロックランチャーが鎮座する。『くらま』自体が結構な旧式だからしょうがないけど、新鋭艦はすべて垂直発射式のミサイルポッドになってる筈。しかし旧式のランチャーとはいえ、真近で見るとデカッ!

IMG_1239.jpg

IMG_1241.jpg

IMG_1246.jpg

IMG_1398.jpg

高精度のソナーとアスロックで対潜能力が凄いとはいえ、やっぱり『くらま』には対潜ヘリが搭載されているのが凄い。潜水艦にとっては天敵のような存在で、ワイヤーから吊るした高性能ソナーをホバーリングしながら長時間の索敵で位置を特定し、そして高性能対潜魚雷を投下して仕留める。対潜ヘリはある意味対潜哨戒機より潜水艦にとっては厄介な存在らしい。

格納庫には3機分のスペースがあるように見えたけど、展示乗船時は1機が甲板に展示してあった。パイロットのお兄さんが子供達の容赦ない色んな質問に答えていたんだけど、そこはお国の最高機密に触れるのでニコニコしながら当たり障りのなきよう、適当にごまかしてた (^^;;

IMG_1404_201407311033400a5.jpg

IMG_1419.jpg

IMG_1435_20140731103406483.jpg

自衛隊も大変だ。様々なイベントで自衛隊への理解を深めたりする努力をしてるとはいえ、集団的自衛権になるとマスコミはこぞって反対する。でもニコニコしながらガキの質問をごまかしてるお兄さん達のおかげで毎日暑いと言いながらもウダウダ出来る平和が維持される。

以前は“税金ドロボウ”みたいなとんでもない事を言われたけど、その間にも黙々と陸自は災害の度に出動し、海自は中国の潜水艦を毎日追っ払い、空自も中国とロシアの領空侵犯機を追っ払ってる。

ごくろうさんです、ホント。

兵器の展示の他にもパネル展示もあったけど、それよりも、海自のお姉さん達の制服姿ってカッコいいし、美人が多かった (*^-^)

10:46  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.07.16 (Wed)

また、巨匠逝く

数日前のニュースでロリン・マゼール氏が逝ったと知った。

ロリン・マゼールは指揮者で作曲家でストコフスキーやカラヤンなど、歴代の巨匠達に匹敵する偉大な芸術家の一人だと思う。

40年位前、初めて買ったLPレコードがウィーンフィルを指揮したロリン・マゼールのレコード。チャイコフスキーの交響曲第6番『悲愴』と、同じく『ロミオとジュリエット序曲』の録音されたレコード。

高校生だったけど、レコードが擦り切れんばかりに聴いた記憶がある。

天文館の十字屋で買ったんだけど、当時の十字屋には高校のブラスバンドの先輩が沢山働いていて、お願いしてカラヤンのベルリンフィルとジョージ・セルの指揮したレコードと、マゼールのレコードを試聴室でたっぷりと聴かせてもらってから最終的に選んだのがマゼール指揮のウィーンフィル。

カラヤンの劇的な表現も捨てがたく、ジョージセルの卓越した深みのある演奏も捨てがたかったけど、普通の演奏なら第1楽章で弦のアンサンブルがフォルテッシモで尖った槍が突き刺さるように掻き鳴らすユニゾン部分があるんだけど、それを優しく、それでいてインパクトはしっかり残してくれる演奏に完全に魅了された。

当時散々悩んだ3枚のレコードだけど、復刻版でCDとなって今では3枚とも自宅のCDラックに収まっている。

マゼールはNHK交響楽団や東京交響楽団ともよく共演したのでNHKのコンサート番組の録画は永久保存版としてDVDに残してある。

皆巨匠クラスの指揮者は高齢だから、いつかこういう日が来るのは仕方ないことだとはいえ、昨年もN響関係ではウォルフガング・サヴァリッシュさんが亡くなったばかりで寂しい限りだ。

しかしどの巨匠達の演奏も、レコードやCDやDVDでいつでも聴く事が出来るからファンとしては残念だけど、幸せだ。



合掌


16:57  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.07.14 (Mon)

夏の旅行

今年の夏は『安・近・短』で済まそうと、すでに1ヶ月前から予約済み。

正月に名古屋・伊勢・鳥羽に1週間ほど大盤振る舞いの旅行をしたので夏は格安で済ます。特に鳥羽で泊まった旅館は超豪華で過去最高の料金だったけど、サービスと温泉と料理も自分至上過去最高だった。

晩飯の鯛や平目や伊勢えびの舞踊りも豪華だったけど、朝飯も超豪華で太るのも気にせず喰いまくった。

だから、今年の夏は普通に。

それを踏まえて今から1ヶ月前に予約したのが2泊3日の指宿の温泉旅館。嫁に激しく抗議された。なぜ、指宿と。

それはどうしても『菜の花マラソン』のコースを試走したくて、特に最後の難関らしい山川港のアップダウンを体験しておきたくて、独断で指宿に決めてしまった。

C_0031.jpg

小学校4年生まで山川港で育っているし、以前の電話の仕事で何度も指宿と山川には行ってるし、菜の花マラソンのコースは知り尽くしてるけどまだ走ったことは無い。だから自分らには改めて旅行で行く場所ではないと分かっているのにあえての指宿旅行。

しかし、ここに来て後悔しだした。

旅行の時期が問題で、8月のお盆過ぎ。まだまだ炎天下が続いてるであろう、ランニングには最悪の時期。今でさえ昼間の屋外でのランニングは控えてるのに、何ももっと南でとっても暑いであろう指宿は最悪かもしれない。

今まで楽天トラベルで散々旅行をしてきたけど、昨日開催された嫁とのなが~い家族会議の結果、断腸の思いで初めてのキャンセルを決定。

そして改めて選んだのが霧島。高原だったら涼しいし、アップダウンがキツイコースなら山ほどある。特に高千穂河原へ行く道はGPSも届かないくらい木で覆われていて涼しいし、地獄の上り坂を体験できる。

それで、指宿をキャンセルして霧島に決定。宿も今まで何度も候補に挙がっていた『さくらさくら温泉』が予約可能だったので即決。

今年の夏は霧島で地獄の坂道ランの2泊3日の旅ランに落ち着いた。


それにしても、楽天トラベルの口コミは参考にもなるけど読んでて面白い。

中にはとんでもない書き込みも多く、絶対にクレーマーだとおぼしき書き込みもあって笑える。

『今までハイクラスのホテルに何度も泊まってる経験上、このホテルの設備はチンプ過ぎだしサービスも並だ』とか、『以前泊まった高級旅館に比べて料理が豪華ではなかったので残念だ』とか、言いたい放題。あんた達が書き込みしたのは格安のビジネスホテルと普通のリーズナブルな温泉旅館ですから~♪

ビジホにはあくまでも善意のサービスで、無料の簡単な朝食を出してくれるところも多い。その無料の朝食にたいして種類が少ないとかコーヒーが不味いとか言うやからもいるし、アメニティーが充実していないと文句を言う。

特に女性の書き込みで多いのがアメニティーに関してだけど、『今どきシャンプーinリンスなんてありえない』とか、『シャンプーキャップを部屋だけじゃなく大浴場にも常備して欲しい』とか、ホテル側は料金を抑えるために精一杯の企業努力をしてるのに、おまえら一泊にいくらの金を払うならそんな贅沢が言えるんじゃ、オラ!そんなにシャンプーとリンスにこだわりがあるんなら自分で持ってコイヤ!! (`ε´)

正月に泊まった鳥羽の旅館は非の打ち所の無い楽天アワードに選ばれたゴールドプレミアム指定の宿だったけど、そこの口コミ欄にもおバカな書き込みがあった。

『露天風呂から見える鳥羽湾が絶景との触れ込みだったけど、夜に入浴したら何にも見えなくて期待外れで残念でした』とか、『食事の種類と量が多すぎて食べきれないからもっと減らしてその分を料金を安くしたらいいのに』などと、バカか!お前ら!!

夜中の海は普通は真っ暗なの!!だから絶景を期待するなら明るいうちに入るのが普通なの!!

さすがにこの書き込みに対しての宿側のレビューもまさか『バカかおまえ』などと書けないので困ってたし、食事の種類の豊富さを減らして安くしろ・・・の返信書き込みには『貴重なご意見ありがとうございます。料理担当との検討課題とさせていただきます』的な、当然検討などする気もないだろうし、する必要もないと思うけど、宿側の苦肉のレビューも面白いしとっても気の毒だった (*^-^)

他には『トイレがウォシュレットじゃなくてがっかりした』とか、『部屋のキーはカード式が便利だから早い時期に交換された方が良いと思います♪』とか、『都心のホテルの6階なのに周りのビルのせいで夜景がまったく見えなかった』とか、まぁ、良く書くわなぁ~。

ウォシュレットの有無はサイトでちゃんと事前に確認せんか~。カードキーに全室交換したらどんだけの設備投資が必要と思ってんじゃ。都心のホテルの6階ごときで景色を期待する方がどうかしてる。

後、最近多くてイラッとするのが『コスパ的にわ~』と言うくだり。あの言い方はオヤジ的にわ~、キライ!

世の中には頭のおかしな連中も多いのだと、口コミ欄を見ながら思う。

でも旅行の予定が無いときに見ても面白いのでいい暇つぶしになる (*^-゜)


11:05  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.07.11 (Fri)

ビタミンカラーのまとめ買い

このまえランパンとキャップとシャツを通販で買ったばかりなのに、またネット通販でやっちまった。

たしかに、毎日走ればシャツやランニングパンツはいくらあっても足りないくらいなんだけど、それにしても自分でも買いすぎたとちょっと反省。

このままではネット通販依存症になるかもしれないのでしばらくは自重する事にする。

今回購入したのはシャツが4着、パンツが3着、ソックスが1足。気がつけば、その殆どがナイキでアディダスは1着のみ。だんだんアディダスからナイキへ趣味が変わってきてるのかも。

そして、その殆どが蛍光色が入ってたり、およそオヤジには似合わないようなド派手なものばかり。特にソックスはヤバイくらにハデだった (^^;;

DSC_0057_edited-1.jpg

IMG_1188.jpg

DSC_0064_20140711183201539.jpg

DSC_0062.jpg

IMG_1190.jpg

DSC_0076.jpg

こういうド派手な色や蛍光色をビタミンカラーと言うらしい。

Amazonと楽天とランnetからのお買い上げ。台風騒ぎにも関わらず、佐川男子とクロネコさんは速攻で届けてくれた。でも、やっぱり郵便局はダメダメヨ~。販売店の到着予定メールから2日遅れでやっと今日届く。しかもいつものように無愛想。

クロネコさんと佐川男子が届けてくれたランニングウェアを着てジムで走ってきたんだけど、ほぼ全員のジムのインストラクターにいじられる。

なぜこんな派手目になったかと言うと、普通に白や紺や黒のウェアを着てると『今日は地味ですね~』と突っ込まれる。それで徐々にこんな訳のわからないオヤジに次第になってしまった。

歳を取るにしたがって服が派手になって行くのはスポーツジムに限ってはオヤジもオババも一緒らしい。狂ったようにダンススタジオで踊ってる中年以降のオババ達の殆どがピンクや赤や黄色や何でもありのサイケデリックなものばかり。

これを昔は色キチガイと言ったんだけど、今はビタミンカラーらしい。

特に楽しい訳でもない、どちらかと言うと苦しい事が殆どのランニングはシューズやシャツやパンツが派手なくらいが気がまぎれるというか、気分的になんかいい。

ジミ~なジャージとか着て走るのと、ド派手なシューズやウェアやスパッツを着て走るのとでは明らかに走る距離やスピードが変わってくるから不思議だ。

この前、嫁もランニングウェアを買ってたけど、ピンクとかレインボーカラーとか、若い頃には絶対買わなかったド派手な色を選んでた。

それだけ嫁も歳をとったという事だと思う、悲しいけど・・・ (^。^;)(^^;;;



18:54  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.07.08 (Tue)

最近、なんか天文館に有り難味が・・・

いつもの相棒の愛チャリに乗ってプラ~っと天文館の丸屋ガーデンズの本屋に仕事の参考になる本を物色しに行った。

今日のコーディネートは蛍光色のTシャツにハーフパンツ、裸足にちょいオシャレ?な
ビーサン。

仮にも鹿児島県のみならず、南九州で最大の繁華街へ行くにはずいぶんとナメきった格好だ。しかもチャリンコで。

以前は天文館に出かける時はおめかしして出かけたものだ。飲み会の時なんか目いっぱいのお洒落で時にはスーツなんか着たりして。

それがこのテイタラクはなんなんだ。

歩いても10分くらい。チャリでプラ~っと出かけても5~6分という近場に引っ越したら人間って、こんなにグータラになっちまうのか。

だいぶ以前だけど、テニスの試合の帰りに天文館にテニスウェアーのままで行った時、とっても場違いで恥ずかしかった記憶があるんだけど、その恥じらいも今はない。

その時よりはるかにズンダレた格好でも平気になっちもうた。

たま~に天文館で知り合いに出くわす時もあるんだけど、とってもカジュアルな格好だと褒められる?

ビーサンじゃなく、たまにスニーカーを履いてる時なんか、それはもう正装だ。

山形屋には目いっぱいオシャレしたオバチャン達がいっぱいいるんだけど、デパ地下の争奪戦の時はラフすぎる格好が威力を発揮する。

大量のオバチャン達を掻き分けながら目的の場所まで進む時にはオシャレなんてしてられない。

そして、お目当てのバーゲン商品をゲットした時には争奪戦の勝利を祝うようにアーケードの中にある蜂楽饅頭屋で1個90円のアズキ餡を買ってクレープみたく、うまそうに食いながら地蔵角交番の前を通って家路へと急ぐ。

IMG_1176.jpg

これが正しい今どきの天文館の楽しみ方かも(*^-゜)v

ちなみに、白餡より黒餡の方が好き♪


18:30  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.07.07 (Mon)

ポイントで体幹を鍛える

ジムに置いてあるインナーマッスルを強化する為のラテックスゴムで体幹を鍛えてるんだけど、結構イイ♪

でもテロンテロンの帯状のラテックスゴムだから、不特定多数が使ってる事を考えると汗がべっとり付いてそれが乾いてって、何か嫌な気もする。これが若い女子が使った後だったら『よろこんで~♪♪』って、真っ先に使うんだけど現実はオジジとオババしか使わない。

もっとも、悲しいけど自分もその部類に入るんだけど・・・

自分で買って自宅でやればいいかもと、市内の大型スポーツショップを数件探したけどどうも売ってない。やっぱりいつものAmazonに頼るしかないかと思ってたけど、以外にも本屋で発見した。

沢山ある体幹の本の何冊かには付録で付いていた。値段もAmazonで単体で売っている体幹チューブとさほど変わらないからさっそくお買い上げ。

DSC_0050.jpg

本を買う際、お店のオバチャンがTポイントカードのポイントをレジで見て教えてくれた。ポイントが5000円も貯まってる事を。そんでもってポイントでお買い上げ♪

実質タダじゃん (*^-^)

まだまだ残りのポイントがた~っぷりあるけど何買おう?そういえば楽天のポイントもかなり貯まってるし、ニシムタカードのポイントも1万円くらい貯まってる。それとJCBの商品券も結構な額がある。

今年の夏はこのポイントを上手に使ってタダでなんかしよう (((o^∀^)oワーイ♪

まぁ、ポイントはいいんだけど、嫁が体幹チューブを気に入って使ってる。嫁の職場は今が繁忙期で土日の休みもわんさかお持ち帰りの仕事でロクにランニングもできやしない。だからせめて体幹チューブで健康維持。

土日も朝から晩までず~っと嫁が仕事してるから当然家事のすべてを自分がやってるんだけど、まったくよく出来たダンナだ。

だからすべてのポイントを駆使して自分へのご褒美を目論んでいる。

キャバクラでもTポイントやニシムタのポイントが使えればいいんだけど、どこぞのキャバクラが勇気を持ってタイアップしないかね。

そしたら世の中のお父さん達も率先して買い物くらい手伝うと思うんだけど(*^-^)


18:59  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |