FC2ブログ
2014年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2014.01.30 (Thu)

市役所の食堂

市役所に書類を取りに行く用事があったので、いつもの自慢の愛チャリで行って来た。

用事を済ませ、駐輪場に置いていたチャリンコを取りに行くんだけど、いつもここでは眉間しわ寄せになる。それは駐輪場の屋根の下に灰皿が置いてあり、駐輪場が喫煙所を兼ねてるからタバコの煙でむせ返ってる。

いつもの事だけど、自転車を出す間は息を止めなければならない。ちったぁ~考えろよ市役所!

と、プリプリしながらチャリンコに乗って帰ろうとしたら、怪しげな地下へ続く階段を発見。その横には食堂の看板がある。

ちょうど昼飯を天文館で食ってから帰ろうと考えてたので、市役所の食堂を探検してみることにした。もう一度チャリンコをプリプリ息を止めながら駐輪場に置いて、怪しい階段を降りてみた。

昭和のたたずまいがモロに残る社員食堂みたいな食堂。

IMG_0867.jpg

IMG_0868.jpg

ラーメンとかチキンライスとか、色々メニューはあったけど、定食を頼んでみた。ご飯と味噌汁だけおばちゃんがよそってくれて、後は冷めきったおかず。500円也。水とお茶と食べた後の食器返却はセルフ。

健康やダイエットの為にはこれくらいの量でいいんだろうな~ホントは。と言うような定食。

メインのおかずはヒレカツとメニューには書いてあったけど、冷めてたせいもあるだろうけど、「ヒレカツってこんなに硬かったか?」と思うくらい硬かった。

IMG_0869.jpg

一般の市民の姿もちらほら見られるけど、殆どが市役所の職員ということもあり、他の社員食堂では見られるであろう食事時の話し声や笑い声が皆無。皆黙々と食って茶をすすり、たまにオヤジが爪楊枝でシーシーと嫌な音を立てる。

市役所の旧館の地下という陰気な場所だったけど、食堂の中もな~んか陰気な感じがした。

こんど市役所に行くときは、帰りに天文館で昼飯を食って帰ろうと思う、
陰気がちょっと苦手な明るいオヤジなのだ♪


17:48  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.01.28 (Tue)

ヨカブイゴロ

今年はまだ、いつものA5ランクの松阪牛の焼肉しか食べていないことに気づき、たまには普通の人が食べる焼肉を食べてみたくなった。

勿論、舌が変になるからと嫁は猛反対したんだけど、これも社会勉強だと嫁を説得し、いつもは決して行かない天文館の焼き肉屋へ行ってみた。

当然だけど、いつも出かけるときはリムジンなんだけど、一般の生活を体験するなら徹底しようと思い、チャリンコで行ってみた。

不満顔の嫁をなだめながらお店に行ってみると全席個室じゃないことに衝撃を覚える。そこはぐっと我慢して、運ばれた肉にあたりまえなんだけど、松阪牛独特の上質のサシが入っていない事と、肉厚がうす~い事にまたまた衝撃を覚える。

焼いてみる。臭いが、獣臭い。

自分も嫁も、松阪牛の芳醇で上質な肉が焼ける臭いしか知らないものだから、こんなものを食べてもいいのかと不安になった。でも怖いもの見たさっていうか、一般の味を一度は味わおうとの高い信念から食してみた。

IMG_0859.jpg

IMG_0860.jpg

嫁に、それ以上はお腹を壊すからと制してハシを置く。

決して食べ放題だからって肉を3皿もお変わりなどしないし、ご飯やサラダバーなんて当然お代わりはしなかった。それにうちの嫁は上品だから小さく切ったケーキなんて何個も食べたりもしなかった。となりの女性客は平気でそんなお下品な事をしてたようだったけど、うちの嫁に限ってそんな事は絶対しない。

デザートでソフトクリームも食べたけど、和風の小鉢で食べるなんて・・・


鹿児島ではこう言うやからの事を『ウソヒイゴロ』とか『ヨカブイゴロ』というらしい(*^-^)


15:45  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.01.27 (Mon)

酔っ払ってからの~寿司!

土曜日はジョギングに行く予定だったけど雨が降ってきたので断念し、代わりといってはなんだけど、昼過ぎからの家飲み。

年末に買っておいた白と赤のワインがあったので、白を先に飲んでみた。やす~~~いワインだからしょうがないけど、水っぽくてまずい。ホントにワインなんだろうかと疑いを持つほどまずくて水っぽい。それでもワインの水割りだと言い聞かせ、全部飲んじゃった。

せっかくだからと赤のワインっぽい飲み物も飲んでみた。で、その時点で嫁は酔っ払ってるんだけど、お構いなしに飲んでみたらやっぱり赤ワインっぽい飲み物だ。でも酔っ払うことは出来る飲み物だから、まっ、いいか~~って♪

ろくなつまみもなく腹が減ってきた。朝のうちに正月に残っていたマグロを解凍してたのを思い出し、急いでご飯を炊いて酢飯を作り、マグロの握りを作ってみた。上質の全形海苔を姉夫婦から貰っていたので早速あぶって風味を出してから鉄火巻きにしてみた。

IMG_0853.jpg

かなり足元がふらついて、二ヘラニヘラしながら作った鉄火巻きと握り寿司。マグロずくしっていうか、マグロしかネタがなかったんだけど、多少見た目は悪いけど酔っ払って作った割には寿司らしくなり、めちゃくちゃ旨かった。材料が良かったのもあるけど、ワインっぽい飲み物が良かったのかも (*^-^)

極うすのワインっぽい飲み物を2本空けちゃって、日本酒の熱燗を飲みたくなった。正月のお酒が残ってないかと探したら、全部飲んじゃったことが判明。しかたなく、焼酎の熱燗で我慢?お湯割りか。

IMG_0858.jpg

ちなみに、鹿児島で熱燗やお銚子って言うと焼酎のお湯割が出てくる。福岡で焼酎を『ゴンゴウビンで』と言ったら???の後に「ボトルですね」って言われた。ゴンゴウビンは標準語ではないとその時認識し、以来、五合瓶と正しく発音する事を心がけてる。

寿司が出来上がり、焼酎を作って2回戦の飲み会を始めたら、それまでグデングデンに酔っ払ってた筈の嫁がムクッと起き上がり、寿司を旨そうにパクついた。

一度でいい、嫁の手作りの『美味しい』酒の肴で飲んでみたい・・・


16:44  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.01.24 (Fri)

ロペとアキラ先輩とクマモン

正月から名古屋の繁華街の栄で飲んだくれて店をハシゴしてる時、店先にガチャガチャが大量に並んでる雑貨店を発見。どう見ても子供向けでないのは明らかで、酔っ払った勢いで覗いてみた。

エロいフィギアのガチャガチャを覗いていたら嫁が“紙兎ロペ”のフィギアが入ったガチャガチャを発見!急いでコインを出して2回やってみた。ロペとアキラ先輩をゲット♪

IMG_6450.jpg

IMG_6451.jpg

IMG_6453.jpg

酔っ払ってるとこんなたわいのないモノでも結構テンションがあがるから不思議。

毎日フジテレビの朝6:50くらいからちょこっとだけある紙兎ロペを、ほぼ毎日欠かさず楽しみに見てる中年オヤジ。それを見てからパソコンに火を入れて、仕事を始める毎日。ちなみに、うちのパソコンはいまだに昔ながらの炭で火をおこすタイプだ (^-^;

冬場はパソコンが炭で動くので、暖かいから仕事部屋の暖房は要らない・・・(*^-^)


栄で見つけた東急ハンズの看板。大の東急ハンズ好きにはよらない訳には行かず、2時間も遊んでしまった。ちょうどアカパックンが寿命だったので、新しいアカパックンを探していたらクマモンバージョンを発見。名古屋でクマモンって、まぁいいか~って。クマモンアカパックンとバス用の鏡の曇らないシートをお買い上げ。

IMG_6437.jpg

IMG_6439.jpg

旅先で必ず楽しみに行くのが東急ハンズとH&Mだったけど、H&Mは鹿児島のイオンの中に出来ちゃったし、東急ハンズも今年中央駅に出来るらしいからちょっと残念。渋谷と銀座の東急ハンズはお気に入りだった。これからは旅の楽しみが少し減るけど、うちからチャリンコで行ける範囲に出来るのはありがたい気もする。

ちょこっと複雑。



16:30  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.01.23 (Thu)

巨匠達が逝ってしまう寂しさ

クラシック音楽の話題というのは新聞やテレビでもさほど大きく扱われることはないんだけど、ネットのニュースで小さく扱われていたクラウディオ・アバドの死去の記事にはとても残念な思いに駆られた。

また一人、偉大な音楽家が世を去った。


中学や高校の頃、クラッシック音楽にうつつを抜かし始めた頃、当時の世界の若手指揮者達はキラ星のごとく輝いていた。もっともクラッシク音楽での若手とは中年を意味するんだけど、その中でもむさぼるように聴いていたレコードの中の指揮者達は小澤征爾であり、ズビン・メータやロリン・マゼールであり、クラウディオ・アバドだった。

その頃すでに巨匠と呼ばれていた指揮者は今は全員逝ってしまったけど、当時からカラヤンやカール・ベーム、レナード・バーンスタインなどのマエストロ達とは違い、彼ら若手指揮者達の少し乱暴なくらいの解釈でブイブイ言わしてたフルオーケストラの響きに酔いしれていたものだ。

80歳。少し早すぎるのではないかと思うけど、当時の同世代の指揮者達を見ると少しづつ活躍の場が少なくなっていくのが寂しい。

元気になった小澤征爾の斉藤記念オケやウィーンフルの演奏をまた聴きたいと思ってるファンは自分だけではなかろう。メータやマゼールがN響のコンサートで指揮してる番組を見つけると、永久保存版としてブルーレイに録画するのは、心のどこかでこれが最後になるかもしれない不安もあるからだと思う。

少しづつ、指揮者も演奏者も世代交代していくのは世の常とはいえ、逝ってしまうのは寂しい。昨年もヴォルフガング・サヴァリッシュが逝ってしまった。晩年はNHK交響楽団をこよなく愛したマエストロだけに、残念だ。

最近テレビで観るNHK交響楽団コンサートに世界の名だたる巨匠達が、実に嬉しそうに指揮してる姿が印象的だ。ヴォルフガング・サヴァリッシュがそうだったように、どのマエストロも一つ一つの音をいつくしむかのように指揮をしてる感じがする。

ヘルベルト・ブロムシュテット、アンドレ・プレヴィンといった物凄いキャリアを誇る巨匠達が、N響の音を楽しむかのように指揮をしてる。また、彼らが嬉しくなるような音を響かせているN響も凄い。ライブでN響の演奏を聴くと、世界の名だたるオケよりもN響の響きの方が優れていると絶対思ってしまう。

今をときめくヴァレリー・ゲルギエフ指揮でマリインスキー劇場管弦楽団のコンサートに行ったことがある。少しのミスもなく、完璧なピッチとハーモニーでロシアのオケ特有の圧倒的な音圧でチャイコフスキーをぶちかましてきた。正直、凄かった。客席で聴いてるだけなのに、アドレナリンが出ていたのか、汗ビッショリになってしまった。

しかしサントリーホールの世界有数の箱鳴りで、N響のキメの細かいとろけるような弦の響に酔いしれるのは、もっと心地がいいものだ。

そんなN響サウンドを響かせるブロムシュテットやプレヴィンのN響名誉指揮者達が喜んでる顔をもっと見たいのだが、なにせ高齢でもあり、そのまま逝ってしまわないかと不安になる。

今の若手の指揮者達が束になっても引き出せないであろう音を、いとも簡単に引き出してしまう超能力を備えた彼らの音楽を、もう少し長く聴いていたいと思わずにはいられない。


クラウディオ・アバド氏へ、合掌。

16:50  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.01.20 (Mon)

お伊勢さんのごりやく?宝くじ、大当た~り~♪

IMG_6382.jpg

とっても罰当たりな行為かもしれないけど、お伊勢参りの時にお願いしたことが「宝くじが当たりますよ~に♪」だった。

それとは別に、門前街のおかげ横丁は招き猫がシンボルみたいになっていて、さまざまな招き猫が出迎えてくれる。猫好きにはたまらない場所だ。

IMG_6269.jpg

IMG_6380.jpg

IMG_6381.jpg

沢山のお土産屋がひしめく中、招き猫グッズを専門に販売しているお店がいくつかある。そこで“宝くじ招き猫”を発見!即購入♪

鹿児島の自宅に帰ってから昨年買ったジャンボ宝くじを宝くじ招き猫ちゃんにはさんでヤオヨロズの神々に、高額当選をお願いしていた。

IMG_0831.jpg


その事を今日思い出し、ネットで当選番号をチェックしてみた。

お伊勢さんのごりやくか、宝くじ招き猫の力なのか、当たった♪


3000円だけど。。。

その宝くじは宝くじ招き猫を買う前の去年買ったジャンボ宝くじだったから、3億円の予定が3千円になっただけ。

今年ちゃんと買った宝くじではきっと、きっと高額当選を勝ち取れる筈 (*^-゜)vィェィ♪

と、自分に言い聞かせる。


しかし、小銭のお賽銭でなんと虫のいいことか・・・




18:26  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.01.19 (Sun)

修行?荒行? その2

今日の鹿児島の日曜日はとっても良いお天気。

我が家は朝から健康の森まで車で行き、2日連続の荒行をやってきた。

IMG_0847.jpg

前日の夫婦だけのハーフマラソン大会?の影響がモロに体を蝕んでいたんだけど、あまりにも天気が良かったので、予定通りクロスカントリーのトレーニングを強行してきた。

昨日は2時間半も走り続けていたので、途中腹が減って大変だった。走りながら握り飯が喰いたくて、喰うことだけを妄想してたんだけど、その反省を踏まえ、今日は朝から弁当を作って準備万端だ。勿論、でかい握り飯がメインで塩分補給で塩もたっぷり握り、具を入れたら大きな海苔で巻く。分厚い卵焼きも焼いた。唐揚げは冷凍をチン♪ 魚肉ソーセージをフライパンで焼いて出来上がり。

見た目はどうでもよく、味とボリュームが命!
写真では少なく見えるけど、大人3人分は軽くある。

IMG_0837.jpg

ちなみに、この弁当ができるまで、嫁はスヤスヤと寝てた。弁当を作って朝飯の準備をした後、とっても、とってもやさ~しく起こしてやり、飯食って着替えてストレッチして車で約20分、健康の森までGO!

アップダウンの厳しい1周700mのコースを10周。ちょっと短いけど昨日の疲労を考慮して今日は7kmでランニングはおしまい。その後、ストレッチをはさんで急勾配の坂へ移動して、約300mの上り坂をダッシュをする。

IMG_0841_20140119191409288.jpg

IMG_0842.jpg

天気が良く、あちこちの芝生の上でピクニックをしている家族連れがいたんだけど、その横を鬼の形相した夫婦が何本も坂道を駆け上がってくる図はどう映ったんだろう?

IMG_0844.jpg

子供達がとっても不思議な光景を見た時みたいに瞬きもしないでこちらを見てた。中には恐怖で泣き出しそうな子も、確かにいた。

数本の坂道ダッシュで精根尽き果てたバカ夫婦は疲れきった体にムチをいれ、何とか車のところまで歩いて弁当を取りに行く。それを家族連れで賑わう芝生まで持って行き、無言で貪り食った。

修行の後の握り飯は、旨かった (^-^;


19:20  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.01.18 (Sat)

寒風の中、修行のLSD

今日は午前中から嫁と二人でLSD。ちょっとやばいネーミングだけど、ロング・スロー・ディスタンス。ゆっくり長く走るトレーニングの事らしい。

鴨池の海浜公園の片道約2.5kmの直線コースを4往復、20kmを目標に嫁と時速8.5kmくらいのゆっくりとしたペースで走ってきた。

DSC_4277.jpg

行きは追い風で楽だったけど、帰りは強風でしかも風が冷たくてもはや修行だ。何が楽しくて夫婦でこんなきつい事やってんだろうって思うけど、しょうがない。

嫁にとっては勿論、初体験の距離でラストの5kmは太ももがパンパンだったらしい。しかもラストに走ったのは海側の調水路の方で、道幅がやたら広く、海の中の一直線のコース。何も目印がないから過酷。まるで海の中に出来た小型飛行機の滑走路を走ってる気にさえなってくる。

途中にあるウェルビューの結婚式場では結婚式をやってた。教会っぽい建物で、ウェディングドレスとタキシードを着た新郎新婦が牧師っぽいおっちゃんに愛を誓ってた、ように見えた♪

さすがにハーフマラソンを走りきると全身がガタガタで、走りきった後はゾンビのようになる。それまであんなに軽快に走ってたのに、一旦走るのを止めると小走りしただけで膝が笑ってケッタンケッタンしたブッサイクな走りになっちまう。

結局、20.5kmの距離を2時間30分くらいかけてゆっくり走る。こういうトレーニングをたま~にやると体が長距離的に強くなるらしい。ジムのインストラクターが言ってた。

夫婦で半年位前から本格的に長距離を走り始めたんだけど、嫁は最初の頃は1km位走ると必ずスネの部分が痛くなり、立ち止まってしばらくストレッチをしなきゃダメだった。自分は膝が痛くなり、時々完全休養日を設けないと走れなかった。そして徐々に距離も伸びてきて、ハーフマラソンまで漕ぎつけたのはエライ (*^-^)パチパチ♪

帰ってから入念にストレッチをした後、長めの風呂に入り、マッサージチェアーでグデグデして昼飯食って夕方まで暴睡した。

明日の日曜日は健康の森まで車で行き、アップダウンを走るトレーニングをやる予定だけど、、、できるかな?


18:45  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.01.17 (Fri)

伊勢神宮の正式なお参りとは・・・

5~6年前に仕事で名古屋に行った時、伊勢神宮へのお参りは一度経験してるんだけど、その時行ったのは内宮の方。その後様々なテレビ番組で伊勢神宮の式年遷宮の特集を見てたんだけど、正式なお参りは外宮をお参りしてから内宮へ行くというのが正しいらしい。

今回はその反省を踏まえ、2日に渡ってのお伊勢参り。

初日は朝から外宮をお参りし、本殿以外にも小さなお社をくまなくお参りしてきた。正月だから大変な人出だった。その後は内宮まで移動したんだけど、内宮のお参りは翌日のお楽しみという事で、門前町にあるおかげ横丁で遊んできた。

IMG_6209.jpg

IMG_6224.jpg

IMG_6259.jpg

IMG_6280.jpg

ここはお伊勢さん以上に人がごった返してた。その中を掻き分け、赤福や伊勢うどんや牡蠣やサザエの浜焼きにうつつを抜かしてた。

後で分かったけど、たいていの人は午前中に外宮に行って午後から内宮をお参りし、それからおかげ横丁で楽しむというパターンだそうな。観光バスの客はまずそのパターンだ。胸にバッジを付け、ガイドが旗を持って行くお馴染みの光景がいっぱい。それでも少しでも個性を出そうとの努力だろうけど、旗に色んなぬいぐるみまでつけてるガイドや添乗員が多かった。

多かったってことは、殆どのガイドが旗にぬいぐるみを付けてるもんだから、紛らわしい。だから迷子になったツアー客のあばちゃん達をいっぱい見た (*^-^)

翌日、朝から内宮へお参りに。こちらは一度経験してるから勝手知ったるという事で、沢山の参拝客でも余裕のお参り。

前回お参りした時は神殿の隣は塀だけの空き地でそこに新しい神殿を造ると聞かされていたんだけど、今回は真新しい立派な神殿が出来ている。20年に一度の式年遷宮の意味がやっと分かったような気がした。

風が吹き、真新しい神殿の入り口に掛けてある布がたなびき、中の神殿が何度か見えた。話によるとこれは大変縁起が良いらしい。当然撮影はNGで中に入る事はかなわぬ夢。だけど完全ガードじゃなく、入り口に大きな布を一枚だけにしてるっていうのは、お伊勢さんも粋な計らいじゃねぇ~か、にくいねぇ~ (*^-^)

参道のあちこちにある手すりというか、柵っていうか、そこまで全部ヒノキ。神殿を触る訳には行かないのでその柵をちょっと触れてみた。恐らく、日本の名だたる匠達が関わっているんだろうけど、柵の表面も裏側も、まったく手抜きなしでツルッツル!一切のコーティングを施すことなくカンナの仕上げだけでつるつるに仕上げてるって、いい仕事してる♪

いろんな意味で感動した内宮を後にして、前日も行ったおかげ横丁でまたまた遊んだ。

IMG_6249.jpg

IMG_6300.jpg

IMG_6322.jpg

IMG_6244.jpg

真昼間から名物の手こね寿司や穴子煮を肴に日本酒の熱燗を飲み、夫婦で上機嫌!前日の3日は押すな押すなの大賑わいだった門前街も、4日になるとかなりすいてた。前日沢山見られたツアー客と入れ替わり、スーツを着た仕事始めの会社の社員総出の参拝が目立った。

その横を千鳥足で顔を真っ赤にした上機嫌のオヤジが若い女子社員達に二ヘラニヘラしながら近づこうとするのをちょっとだけ鬼の形相をした嫁に引き連られながら歩く図を想像していただければいいかも♪

思うに、お伊勢参りの正式なやり方って、1日で全部回るのではなく、2日掛りでおかげ横丁で酒かっ喰らいながら陽気にお参りするのが正しいのではないかと思う。

何の根拠もないんだけど、恐らく、きっと正しい・・・


19:09  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.01.16 (Thu)

A5ランク乱れ食い!

正月の旅行で名古屋とお伊勢さんと鳥羽で各地元めしを食い散らかしてきたんだけど、八丁味噌で殆どが味付けされた名古屋めしはお値段もそれなりにリーズナブル。

しかしお伊勢参りの為に宿泊したのは伊勢市ではなく、お隣の松阪市。ここで喰らうものはただひとつ、松阪牛!(マツサカウシ)

全席個室で専属の仲居さんがつく名店で食べるすき焼きは、お一人30,000円ほど。それに1割のサービス料が掛かるらしい。二人で6万円超だ。以前、銀座のミシュラン一つ星レンストランのディナーを予約して、ワインやブランデーとかで散々酔っ払った時よりはるかに高い。

しかし松阪にはリーズナブルなA5ランクの店も存在し、しかも回転する焼肉屋があった。

“一升びん”という焼肉屋が予約したホテルの近くにあるのをネット確認していたので、嫁と何度も開いた家族会議で鹿児島を出る時からそこの回転焼肉なるものを食すと決めていた。

回転寿司みたいに冷蔵庫で覆われたレーンの上をA5ランクの松阪牛のサーロイン達がゆっくり回転する。まるでファンタジーみたいなお店で食い意地のはったバカ夫婦は異常に興奮し、生まれて初めて喰う松阪牛を乱れ食いしてきた。

mat3.jpg

mat2.jpg

お店の店員さんも親切で、勧められたのはとってもリーズナブルだけどとろけるように美味しかった松阪牛のホルモンたち。柔らかく、口の中で解けていく初体験のホルモンたちだ。それに牛トロというネーミングのホルモン?レバー?要するに、ほぼ脂だけど、旨かった。

当然なんだけど、サーロインとフィレ肉は極上を通り過ぎて至福の味 (*^-^)

IMG_0802.jpg

IMG_0799.jpg

生ビールでかっ込む肉たちがあまりにも旨くて夫婦の会話はゼロ。ほぼ無言で何枚もの肉たちが腹の中へ消えて行く。激ヤセした筈の自分の腹がみるみる膨らんでいくのが分かった。

沢山のサシが入った極上の肉って脂っこくて何枚も食べられないんだけど、さすがに松阪牛のサシはまろやかで何枚でもいけた。調子に乗って何枚も行ってしまった (^^;;

mat1.jpg

IMG_0805.jpg

IMG_0803.jpg

とっても旨い肉をしこたま喰って生ビールもしこたま飲んで、気持ちのいい対応の店員さんに別れを告げホテルへ戻る。肉の臭いの染み付いた体をシャワーでさっと洗って胃薬飲んでベッドにばたん。

深夜、極度の胸焼けで目が覚める。また胃薬を飲む。嫁も起きて胃薬を飲む。朝まで胸焼けで苦しかったけど、「絶対吐かない!」という強い信念で何とか胃を落ち着かせた。

『せっかく喰ったA5ランクの極上の松阪牛を、胸焼けごときで吐いてなるものか!』

なんか、こんな異常な執念の自分がちょっとだけ怖かったo(*^▽^*)o~♪


19:03  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.01.15 (Wed)

久しぶりのコタツはやっぱり良い♪

以前住んでた借家の時代にかなり奮発して買ったアメリカ製のリクライニングソファー。リクライニングしない時はロッキングもするので2人掛けにしてはかなりの大きさがある。

一度そのソファーの生活に慣れてしまうと畳に座るのが嫌になるくらいに座り心地がいい。あまりにも座り心地が良かったので、いつしかコタツが我家から消えていた。

今のマンションに引っ越した時、リビングの横に唯一あった畳の部屋と押しれを取っ払ってリビングを広くする工事をして貰い、我家には畳の部屋が完全に消滅。

エアコンを家庭用では一番大容量のものを設置して、昨年さらに追加でもう一台のエアコンまで入れて温度管理には問題はないけど乾燥がハンパないのでファンヒーターを買ってみた。暖かいけど今度は灯油の値段がハンパない。

マンションに引っ越す際に家電製品をまとめ買いしてその時ついでに買って今まで使う事がなかったホットカーペットを引っ張り出し、毛布をかけてゴロゴロしてみた。とても良い♪


だったらコタツもいいのでは?


早速嫁と電気屋へGO!コタツ、買ってきた。

この感覚、10年ぶりくらいだと思うけど、とっても良い(*^-^)

やっぱり日本人はコタツよネ~♪って・・・。

IMG_0823.jpg

畳を捨て、一時は日本人の心まで捨てた?やからが今更ながらメイドインJAPANの暖房器具でゴロゴロしながらみかんを食べる。あの時、マンションの営業マン氏に頼んで畳の部屋をフローリングに変えてしまった事をチト後悔。

2人暮らしには広すぎるリビングって冷暖房費が結構な出費だ。我家の電気代って4~5人家族のそれに匹敵するって以前、九電のおっちゃんが言ってたのを思い出した。

16:20  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.01.10 (Fri)

名古屋メシも二度目は感動薄く

多分に期待を込めすぎたのがいけなかったのかもしれないけど、今度の旅行で散々食い散らかした名古屋メシも、ちょっと感動が薄かった。

勿論、ひつまぶしも味噌煮込みうどんも美味しかったんだけど、数年前に同じ名古屋で食い散らかした時の感動が薄らいでたのは二度目だったから?

定番の名古屋メシ

相変わらず“世界の山ちゃん”の手羽先はこしょうがきつくて辛かったけど、こちらはなぜか一度目より旨いと感じた。こしょうの辛さに慣れたのか?わからん。以前、散々教わった手羽先の正しい食べ方を体が覚えてたのか、完全にマスターしていた自分が凄い!(*^-^)

土手煮も味噌カツも一通りの名古屋メシを食ったけど、最初に感じた感動が味わえなかった。しかし、嫁は感動したらしく、必要以上にすべての名古屋メシをかっ食らってた。

以外にも、美味いと思ったのが“コメダ珈琲”のコーヒーだ。前回はクライアントである名古屋の占い師女史から散々色んな名古屋メシを食わされ、毎晩飲みに連れまわされた挙句に酔っ払った時に飲んだコメダ珈琲だったため、味も何も分かったもんじゃなかった。食いすぎと飲みすぎで、ただただ苦しかったことしか覚えてない。

あらためてコメダ珈琲を飲んだんだけど、旨い。スタバよりよっぽど旨い。腹の中が八丁味噌の味で殆ど占領された身には旨いコーヒーが染み渡る思いがした。

コメダ珈琲

名古屋メシ食い過ぎ♪

年末にがんばってがんばって走りまくって苦労して激ヤセしたんだけど、名古屋で完全に元に戻った気がした。嫁の後姿は完全にそれ以上になった気もした。

まぁ~、旅行の主たる目的が食う事だから、仕方ないんだけど、すべての旅費の予定金額の殆どが食費っていう旅は、もう若くもないのだからそろそろ見直す時期に来てるような気もした。


16:27  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.01.09 (Thu)

初ラン♪

今年の初ランは旅先の名古屋を走ってきた。

2014.jpg

3日の朝、名古屋のテレビ塔前の公園から名古屋城周回コースを写真を撮ったり、のんびり見物しながら走ってたら13kmも走ってたのでビックリ (*゜ー゜)v

前日の2日の午前中に名古屋に着き、ホテルへ手荷物を預けたら速攻で買い物へGO!

ホテルの人にリサーチしたら、ホテルから歩いて2~3分のところがデパート街で大きなアディダスショップも近くにあるとの情報をゲット。その日が初売りらしく、ほぼ全品半額になってたものだから買わない訳には行かない!!アディダスショップの店内では嫁とは別行動をとり、買いあさりスタート。

結局、上から下まで何組ものランニングウェアーをお買い上げ♪ 嫁も山ほどの買い物袋を両手で持っていた。

鹿児島からランニングウェアーは持参したんだけど、スーツケースにしまいっぱなしで着ることはなく、シューズ以外のすべてを買ったばかりのウェアーに着替え、名古屋城を何周も走ってしまった。

最初は6kmくらいでかる~く走って終わりにしようかと思ってたけど、環境が変わると知らないうちに沢山走ってたみたいで13kmも走ってた。もうちょい走って20km行っちゃおうかとも思ったけど、嫁がアップアップしてたんで断念。

それにしても旅行の時必ず思うんだけど、桜島の灰が降らない環境ってうらやましい。降らなくても風で舞っていたり、積もった灰の上を走るとホコリが舞う。

一年中そんなんだから、年末に買ったジャンボ宝クジが当たってたら今のマンションを売っぱらって桜島のいない名古屋に住むのもいいな~って、でも横浜も良かったし、吉祥寺と麻布の辺りも捨てがたいし、などと、妄想しながら走ってると時間が経つのが早く、距離も伸びる (;^_^A

それにしても名古屋城の周辺ってうらやましいくら環境がいい。走るにはもってこいの場所だと思う。名古屋の道路が広いから歩道も当然広いし、公園にはランニングコースが幾通りも併設されている。

鹿児島の自宅付近では甲突川周辺とドルフィンポートの2箇所しか選択肢がないけど、なんかうらやましい。

IMG_6146.jpg

IMG_6151.jpg

それに気がついたんだけど、名古屋城の隣に名古屋城公園というのがあって、そこまでチャリンコで来て駐輪場に預けて周辺を走るらしい。まず鹿児島にはそんな設備はない。駐輪場で沢山のおっちゃん達が新年の挨拶の後、思い思いに走ってた。

名古屋のニャンとも触れ合えたし、公園のベンチで一晩過ごしたであろう若い女性も泥酔して寝てたし、朝の名古屋城周辺は平和だった(*^-^)


09:33  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |