FC2ブログ
2012年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2012.09.27 (Thu)

朝から火事

朝の8時半ごろだったか、仕事してたら窓から煙が見えた。

それまで何も聞こえなかったんだけど、
窓を開けたらけたたましいサイレンの音が鳴り響いてる。

パース通り沿いのビルの間から真っ黒な煙が凄かった。
消防車がいたるところからサイレン鳴らしてやってきたみたいだけど、
10分もしないうちに黒い煙は白に変わった。

それからしばらくしたらサイレンも鳴り止み煙もなくなった。
消防車がテキパキと消したんだろうけど、凄い煙にちょっとビビった。

IMG_4341.jpg

IMG_4344.jpg

我が家にもいたるところに火災報知機の感知器が付いてるんだけど、
「スプリンクラーとは違うから消してはくれないよな~」なんて
考えてたらちょっと怖くなった。

マンションだと貰い火事が怖い。

この前もすぐ近くのマンションでもの凄い火事があったばかりだ。
住人の人が大騒ぎで逃げ惑うのが見えてた。

万が一火事にあった時うちの部屋がある階までは、
はしご車もとどくかどうか分からん。

昼間管理人のおっちゃん達と会ったときに火事の話になった。
警報装置とか色んなハイテクの装置がいっぱい付いてるから
うちのマンションは大丈夫だって言ってたけど、ほんとか?

その昔、赤坂のホテルニュージャパンの火事を目の前で見てたから、
ビル火災はかなりビビるんだけど、たとえ話が古すぎてビビっただろう~。



19:59  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.25 (Tue)

居酒屋の出前

週末は嫁と飲みに行こうかと思ってたんだけど、
他人のタバコの煙で燻製にされるのが嫌で躊躇してた。

そこで思い出したのが西屋の宅配サービスだ。

幸い、我が家は宅配エリアに入ってるから早速天文館の西屋に電話した。
二人前にしては焼き鳥の量がちょっと多いかも?というくらい頼んでしまったけど、
残っても家飲みだから大丈夫。

一時間くらいは掛かるだろうとサラダでも作ってっていたら、早ッ!
20分くらいで宅配居酒屋さんがやってきた。

料金もかなり安いから嬉しい(((o^∀^)oワーイ♪

焼き鳥とか唐揚げとか注文したんだけど、意外とピザが旨いのでビックリ。
それとホッケの塩焼きがバカ旨!!

IMG_4339.jpg


何でもっと早くにこのシステムを利用しなかったんだろう。

配達してきた店員さんも礼儀正しくて好感が持てた。
我が家だと、中央駅でも天文館でもエリア内だそうでどっちに電話しても
大丈夫だそうな。

でも天文館のほうが近いから持ってくるのが速いのかもしれない。


どっちでもいいんだけど、
これから間違いなく家飲みが増える事は確かだと思う。


19:41  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.21 (Fri)

大晦日と元旦の無謀な計画

今度の暮と正月の予定はどうしようかと考えあぐねていた。

毎年旅行に行くのもチト疲れたし、たまには家でおとなしく
レコーダーに溜まりに溜まった映画でも観て過ごそうか、
県内の温泉でも行ってのんびり過ごすか迷う。

しかし温泉に行っても2泊が限界ですぐ飽きる。
やっぱ田舎は性に合わないようだ。

何げにネットで遊んでたら年末のコンサート情報に目が行き、
ものすごいコンサートがあるのを発見した。

マエストロ“炎のコバケン”のベートーヴェン交響曲全曲コンサート!

年末といえば第九だけど、毎年いくのもねぇ~と躊躇するんだけど、
3年前にN響の第九をNHKホールで聴いたしぃ~、なんて何となくサイトを見てた。

でもよく見ると、ぜ、全曲?ベートーヴェンの交響曲9曲を全曲だ!!

小林研一郎と言うマエストロはこいうパフォーマンスが大好きなんだと、
つくづく思う。

チェコフィルハーモニーを指揮したチャイコフスキーの6番のCDは
大のお気に入りになっている。

オケも岩城宏之記念オーケストラということで、かなり期待できそう。
しかもコンサートマスターはN響のコンマスだ。

大晦日のお昼12時くらいから始まって最後の第九が終わるのは夜12時前。
コンサート会場を出たら除夜の鐘が鳴ってる頃。

コンサート会場も上野の東京文化会館で、かなり興味を持ってしまった。
上野の文化会館といえば自分の中ではオペラ“ボリスゴドノフ”の日本初演を
小澤征爾が指揮したのをワクワクしながら聴いたのが懐かしい。

それと同時に、残念な思いでもある。

読売交響楽団の定期公演行きたさに、上司のサービス残業断り社内全員を
敵に回しながらも電車を乗り継ぎ大急ぎで行ったことがある。

その時の席は一番安い席で、まさに天井桟敷。

あそこの最上階席はたしか5階だったと思うけど、まさに崖の上のポニョだ。
甲子園のアルプススタンドの一番上だと思ってくれればわかると思う。
とにかく、恐怖を感じるほどの断崖絶壁の上だ。

でも音響効果は日本でも、いや、世界でも屈指らしい。
“奇跡のホール”だっていう事を聞いた覚えがある。
たしかに小澤征爾指揮のオペラでは酔いしれた記憶がある。

しかし、会社を敵に回して行ったその時の読響のコンサートは最悪だった。
プロのオケの卓越した技術で素晴らしい演奏だったんだけど、そこから
魂だけを抜き取った感じ。

お前ら疲れてんのか?と思うほど、つまらん演奏だった。
コンサート会場に来るまでのいきさつを考えたら腹が立ってきて、
最後の曲の途中で席を立ってしまった。そしたら何人か同じような人がいた。
翌日の新聞のコンサート批評も酷評だった記憶がある。

でも良くも悪くも文化会館という巨大なクラシック専用ホールでの
ベートーヴェンの全曲コンサートいう無謀な試みに気持ちが惹かれたのは確かだ。

チケットぴあを覗いてみたら半分以上もすでに埋まってる。
条件反射というか、嫁と二人分のチケット申し込んでしまった。

と、いうことで、必然的に今年の冬も東京旅行に決定だ。

どうせ無茶するならとことんやってやろう。

コンサートが終わるのは大晦日の深夜12時前、その後浅草の浅草寺まで
初詣に出かけよう。その後は今年の夏にあまりの人の行列に断念した
スカイツリーへ営業開始一番で登るといのはどうかと、我ながらいい考えだ。

web予約なら2ヶ月前から予約開始の筈。朝からパソコンの前で予約待機だ。
でも、少しだけ不安がよぎった。年末年始はスカイツリーって営業してる?
ライトアップやカウントダウンはやるみたいだけど営業はどうよ?

スカイツリーのコールセンターに直接電話してみた。

衝撃的な事実が判明。

年末年始の営業はなにせ初めての経験なもんで、まだ決まってないとさ。
決まったらwebでお知らせしま~す♪って、お姉さんが明るく言った。

東武電車さんよ、サクッと休んじゃえば楽だろう。分かるよ、開業以来
休みなしで頑張ってきたんだから年末年始くらい休みたいよな。

でもね、歴史を作ろうよ♪ツリーの上から初日の出ってどうよ。
新しい日本の夜明けを作ろうよ♪

バカ夫婦が歴史に立ち会うからさ~o(*^▽^*)o~♪


ってか~(*^-^)


16:14  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.20 (Thu)

またひとつ賢くなった

今まで気にも留めずにCMでしか聞くこともない雑誌の名前。

内容にいたっては子持ちの主婦が見るみたいな~ってことくらい。

興味すらなかったなかった雑誌だけど、もっとも今も内容には興味はない。

それでも少なくとも雑誌の名前の意味が解った気がする。

今日、TVのCMでやってた“たまごクラブ”“ひよこクラブ”の雑誌。

“たまごクラブ”が妊娠中のお母さんがお腹の子供を卵に見立ててるんだ。

“ひよこクラブ”は赤ちゃんのことなんだ。

なんとなくだけど、ぬぼぉ~っとテレビ見てたら気づいてしまった。

人間一生勉強という言葉があるけどつくづくそうだと感じた日。

また一段と賢くなった日だった♪

エライぞっ、自分。


19:43  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.15 (Sat)

浅草サンバカーニバル2012 写真集

DSC_0025_20120915191644.jpg

今年の夏、浅草で行われた31回目の浅草サンバカーニバルの写真集です。
かなり画像が多くて無謀かとも思ったけどアップしました。

とにかくものすごい見物客で、“おはら祭り”とか“おぎおんさあ”みたいに
自由に動いて撮影できないので押し合いへし合い、怒号飛び交う中、
頑張って撮影しました。

カメラマン席の後ろという最悪な環境にもめげず、時にはテレ朝のカメラクルーや
主催者のカメラクルーを怒鳴り散らして(鹿児島弁で)撮影した奇跡?の写真集です。

DSC_0035.jpg

DSC_0094.jpg DSC_0652.jpg DSC_0663.jpg IMG_4103.jpg

IMG_4126.jpg IMG_4127.jpg DSC_0602.jpg DSC_0606.jpg

DSC_0624.jpg DSC_0646.jpg DSC_0648.jpg DSC_0650.jpg

DSC_0566.jpg DSC_0590.jpg DSC_0591.jpg DSC_0592.jpg

DSC_0593.jpg DSC_0597.jpg DSC_0524.jpg DSC_0525.jpg

DSC_0540.jpg DSC_0541.jpg DSC_0543.jpg DSC_0548.jpg

DSC_0462.jpg DSC_0466.jpg DSC_0471.jpg DSC_0476.jpg

DSC_0511.jpg DSC_0512.jpg DSC_0390.jpg DSC_0393.jpg

DSC_0396.jpg DSC_0397.jpg DSC_0444.jpg DSC_0458.jpg

DSC_0369.jpg DSC_0373_20120915191056.jpg DSC_0375.jpg DSC_0376.jpg

DSC_0383.jpg DSC_0386.jpg DSC_0338.jpg DSC_0340.jpg

DSC_0341.jpg DSC_0345.jpg DSC_0355.jpg DSC_0356.jpg

DSC_0307_20120915190845.jpg DSC_0313.jpg DSC_0319.jpg DSC_0321.jpg

DSC_0325.jpg DSC_0333.jpg DSC_0294_20120915190731.jpg DSC_0295.jpg

DSC_0296.jpg DSC_0297.jpg DSC_0304.jpg DSC_0305.jpg

DSC_0228.jpg DSC_0236.jpg DSC_0249.jpg DSC_0257.jpg

DSC_0262.jpg DSC_0272.jpg DSC_0203.jpg DSC_0204_20120915190535.jpg

DSC_0211.jpg DSC_0212.jpg DSC_0213.jpg DSC_0216.jpg

DSC_0045_20120915190420.jpg DSC_0067_20120915190419.jpg DSC_0074.jpg DSC_0087.jpg

0216.jpg 0217.jpg IMG_4097.jpg

19:43  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.13 (Thu)

スポーツジムで爆睡

今日ジムで、1時間ほどジョギングをしてリクライニングの椅子に座り、
何気にテレビを見ながら休憩していたら突然睡魔が襲ってきた。

テレビの音が少しづつ小さくなり、こと切れた。

どれくらい寝たのかは分からないけど起きたら女性のインストラクターが
「かなりお疲れでしたね」と、笑いながら言いやがる。

大音響でイビキをぶっこいてたらしい。

時々ジムのマッサージチェアやリクライニングの椅子で、大口開けて
爆睡してるおじちゃんやおばちゃんがいるんだけど、まさにそれだった。

あんなみっともないまねだけはしたくないと常々思ってたけど、
まさか自分がやっちまうとは・・・

せめてもの救いは顔にタオルをかけて寝てたらしい。
まるで死体だな、オレ。

合掌


19:30  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.12 (Wed)

家事メンになる

最近流行の言い方をすれば“家事男子”か“家事メン”という事だと思う。
(鹿児島弁で言えば、いまごろばやいのいえんこちゅすっ男子)
もっとも、メンも男子も恐れ多いから、さしずめ家事オヤジだな。

決して潔癖症ではないが、結構綺麗好きでマメに掃除とかするほうだ。
その代わり嫁が散らかしてるからバランスは取れてる・・・?

マメに掃除をしていても風呂場とか洗面所は石鹸カスや水垢がたまり、
ウロコ状にこびりついて来るから年に何回かは徹底してやる。

綺麗好きの虫が騒ぐもんだから、今回も徹底してやりたくなった。
仕事の合間を見ながらだけど、クリーン作戦を敢行することに。

この前の旅行の時に東急ハンズ銀座店で超便利なお掃除グッズを
しこたま買ってきたけど今回はそれが大活躍した。

風呂場の鏡のウロコはすべてクリア!化粧パネルもハンズのお姉さんに
教えてもらったテクで新品に変身し、洗面所も帝国ホテル並みになった。
いや、帝国ホテルはちと言いすぎだけど、品プリくらいには確実になった。

風呂場やトイレや洗面所の金属部分は皆ピッカピカ!!

キッチンもレンジフードや流し台がほぼ新品だ。
嫁も大喜びなのだ(o^ω^o)(o^皿^o)(*^-^+)


家事オヤジはそれだけではない。

料理のほうも大活躍な訳で、ダイエット食がきっかけだったけど、
ピクルス作りもほぼマイスターの域に入ってしまった。

人参やきゅうりとかセロリやミニトマトの定番ものは当然だけど、
ジャガイモとか豆類もいい感じになってきた。

色が変色するのが嫌でブロッコリーは手を出さなかったけど、
この前試しにやってみたら絶品だった。

レンジで少し硬めに蒸してからエスニック風に漬け込んでみた。

さすがに酢に漬け込むから色は残念な感じだけど、
そんな事はどうでもいいくらいに絶品な味に仕上がった。

パプリカは色合いも綺麗で甘みが増すから不思議だ。


家事オヤジの凄技はとどまる所を知らず、
今度はクローゼットの改革までも手を付けようとしているのだ。(*^-^)


19:45  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.05 (Wed)

虎ノ門と赤坂で音楽にどっぷり浸る

この前の旅行のお目当ては、やっぱりコンサートな訳で、
その為に東京まで行ったようなもの。

赤坂のホテルから徒歩で15分くらいだろうか、虎ノ門にあるJTの超高層ビルの2FにあるJTアートホール アフィニスというこじんまりとしたホール。250人も入れば一杯になるようなアンサンブル向きのホールだ。ここのホールでのコンサートは初めてだけど、NHKのBSで以前放送されたNHK交響楽団のメンバーによる弦楽合奏の中継をレコーダーに録画して何度も見てるから初めて来たホールの感じがしなかった。

IMG_4056.jpg

赤坂から虎ノ門にかけては毎週金曜日に繰り返し行われている原発反対デモの日という事もあり、昼真っから機動隊のものものしい警備が敷かれ、あらゆる場所に警官の姿が見られた。夕方7時からのコンサートだったけど、原発反対デモを考慮して少し早めにホテルを出たんだけど、自分達が総理官邸の前に来た時を見計らったようにデモは始まった。自分らはコンサートのためにここへ来たんだと言い聞かせ、ホールのあるビルへ潜り込む。

IMG_4054.jpg


アフィニスはホールの規模のわりにはやけに天井が高いような気がしたんだけど、きっと響きが凄いんだろうな~なんてぼんやりと思っていたら演奏が始まった。恐らく読売交響楽団のメンバーが主体だと思うんだけど、ピアノと木管のアンサンブルと弦楽アンサンブル、それと金管アンサンブルの3つのアンサンブルからなるプログラム。どの曲もクラシックではかなりレアな曲目ばかりだったけど、自分としては、どストライクで大好物な曲ばかり。それを最前列で“かぶりつき”状態で聴けるんだから、まさに至福の時。

オペラシティーとかサントリーホールの様な巨大なホールで聴く大編成のオーケストラも勿論良いんだけど、たまには小じんまりとしたホールで目の前で演奏者が奏でるコンサートも良いもんだ。ブレスの息遣い、アンサンブル時の目の合図、張り詰めた空気感を僅か2m程しか離れてないところで聴くっていうか、演奏に立ち会うような感じだ。

ホールに入ってすぐに感じた響きの良さそうなホールの感じは当たってた。余韻というか、残響がすばらしかった。巨大ホールで大編成のオケを聴いて興奮した客が曲の終わりに間髪入れず、ブラボーって叫びまくるのが大嫌いだ。余韻に浸りたいのにそれをかき消すようなダミ声で叫ぶのは大嫌いだ。拍手が始まってしばらくしてからのブラボーはいいんだけど、これ見よがしに目立とうとするんだろうか、ああいうやからはクラシックファンとしては我慢ならん。NHKホールで一度座席の後ろを思いっきり蹴飛ばしてやったことがあった。ああいうのはカーテンコールのとき思いっきりやればいいんだ。しかし今回は、曲目がレアすぎて曲の終わりが良く分からなかったんだろうか、しばらくしてからの拍手。そして下品なブラボーはなし。なんて上品なコンサートだったんだろう。曲の終わりの余韻にも十分浸れた。

コンゴルドの弦楽六重奏では“かぶりつき”の席の特権?を十分堪能できた。弦の響きがすばらしく、ピュアオーディオのめっちゃ高価なスピーカーからも絶対出てこない絶妙で繊細なビブラートの響きだ。自宅のスピーカーから聴こえるヴィオラの中低域の甘く深い響きが自慢だったけど、目の前で聴く本物のヴィオラの響きはとろけそうな音を出していた。人が聞いたらバカじゃねぇ?と思われるような大金を掛け、スピーカーやアンプやプレーヤーにこだわり、はたまたそれぞれの機器を接続するケーブルにまでこだわって音を追求するオーディオヲタクがどこまでがんばってもかなわないのが生の演奏だ。その事をまざまざと見せつけるプロの演奏家に脱帽しつつ、行きつけのオーディオ屋のおっちゃん達とあーでもない、こーでもないなんて熱く語り合っていたのが空しく思えた。

バッハとクレスポの曲を演奏した金管アンサンブルは圧巻だった。トロンボーンとホルンにチューバ。トランペットは2本で、イタリア系と思われる外人さんと日本人の演奏家だったけど、外人さんのどこまでも明るくきらびやかでホール中に響き渡るような音と、日本人演奏家の生真面目で正確でほんとに几帳面な音の対比が面白かった。バッハもイタリア人が吹くとビバルディの曲のように聴こえるから国民性って不思議だ。日本人の演奏はモロ、バッハの響きだった。この二人がユニゾンで吹いた時の音はとても興味深い音で、韻と陽が混在してて、バロック時代の音って絶対そんな音だったのかも。きっと生演奏でしかこのニュアンスは味わえないだろうな~って思ったら、聴きながら二ヘラ二ヘラしていた。

一部と二部の間の休憩時間、トイレに行こうとしたらビュッフェでワインを販売しているのを発見!急いで客席へ戻り、嫁を連れて「酒が飲める、酒が飲める、酒が飲めるゾ~♪」と歌いながらビュッフェへGO!白と赤のワインを片手にスタンドテーブルを探したけどあいにく全部ふさがってる。とってもお上品な感じのおば様が一人でコーヒーを飲んでるテーブルへ行き、相席をお願いして快く応じて貰った。そのおば様とコンサートの事で話が弾み、わずかな休憩の間に色んな話をした。最初の印象どおり、とってもお上品な感じなんだけど、素人でもわかるお高そうなお召し物で、話しぶりや振舞い方からしてどこぞの名門の家の奥様?はたまた宮家のお方?と思えるような素敵なおば様だった。とても楽しいお上品?な会話を十分楽しんで二部が始まる会場へ戻った。

コンサートが終わり、会場を出ようと玄関に向かってたら嫁が先ほどのおば様を発見し、なんとなくおば様の行く出口へ自分らも向かってたらビックリ!!そこはIDが必要なVIP専用の出入口だった。警備員が最敬礼をして出迎え、IDなしで顔パスで通る数人と一緒におば様も消えて行った。やっぱVIPだったんだ。なのに偉そうに、おば様の問いかけに、由緒ある田舎ものの迷門の出のバカ夫婦が、こともあろうに「音楽って分かる分からないじゃなく、好きだから聴くでいいんじゃないですかね~~~」だって。どの口が言ったんじゃ!オレの口だった・・・。

ハズッ(^^;;;


赤坂サカス近くのホテルから歩いて5分くらいのところに以前から気になってたBフラットというJAZZのライブハウスがある。JAZZは好きだけど詳しくはない。CDも何枚か買ってるけど圧倒的にクラシックが多い。そんな訳でお店に入るのはちょっとした冒険だった。サイトの動画でお店の雰囲気は知ってたけど、いざ入店したらビックリ!ガラガラだ。赤坂の日曜日は人がいない。きっと週末とかは並ぶんだろうけどある意味ラッキーだ。通された席がこれまた“かぶりつき”の最前列。

IMG_4158.jpg

ライブハウスだから演奏者と1mもない目の前だ。最初の10分。正直耳が慣れないからか、トランペットとドラムがうるさかった。10分くらいを過ぎた頃、耳が慣れた頃には本物のJAZZにどっぷり浸かってた。ピアノトリオにペットとトロンボーンとサックスを加えたセッション。安ヵ川さんのウッドベースがビンビンに響いてくる。やっぱ、いい!!自然に体がリズムに合わせて動いてくる。バーボンのロックをあおりながら聴くライブのJAZZに酔いしれる。

IMG_4170.jpg

自宅ではピアノトリオが好きで良く聴いてるんだけど、ドラムの音は正直言ってうるさいと思ってた。静かにリズムを刻んでるときはいいんだけど、ドラムソロの時は自宅で聴く分にはうるさい。でも、ライブでは別物で、かっこいい!これから自宅でJAZZを聴くときはヘッドフォンでガンガンで聴くことにしよ~っと♪

石川さんというトランペッターのファンになってもうた。休憩中のトイレで偶然二人っきりで並んで用を足す。ちょっと気まずかったけど、思い切って話しかけてみたらとっても腰の低い優しい人だった。しかし演奏になると豹変し、ハイトーンは切れのある鋭い音を出していた。低い音でも決してピッチを外す事はない。小柄な体だけど、全身でJAZZに入り込んでいた。自分が作曲した曲では他のメンバーに何かと気を使うようなそぶりで人柄の良さがにじみ出ている。

プログラムも終盤に差し掛かるとプレイヤーも乗ってきたみたいで、テナーからソプラノに持ち替えたサックスは、メロディーラインをギンギンに泣かせながらトランス状態に入る。トロンボーンも明らかにキレキレの音に変身し、自分の目の前でものすごい音の圧力を掛けはじめた。それにつられてピアノもfffで主張し始めた。ウッドベースとドラムのバスドラは、相も変わらず自分の腹めがけてドッカンドッカン心地よい重低音を響かせている。ハイハットとスネアドラムで信じられない難解なリズムを意図も簡単に刻んでくる。そこへ石川さんのペットがキレのあるハイトーンでアドリブを被せてくる。

このセッションは凄すぎだ!

今までピアノトリオばかり聴いてきたけど、これからはブラスが入ったセッションも聞いてみようかと思う。クラシックもだけど、JAZZもビールもやっぱり生がいい!これから上京したら必ずB♭には行く事になると思う。お店を出るときトランペッターの石川さんが丁寧に挨拶をしてくれてとってもハッピーな一日だった♪


21:37  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.03 (Mon)

昔の名前でもう、出ないでね

NHKのBSでたまに見かけるのが昔のアイドルとかフォークとか
ニューミュージックとかの人が出る番組。

この前もやってたけど、見ないほうがいいかも。

ジューシーフルーツとか水越恵子が出てたからしばらく見てたんだけど、
当たり前だけど、昔と顔形が変わってる。

スタジオライブみたいだったけど、お客も自分と同年代の
50、60のおっさんとおばはんばかり。

当然だけど客もAKB48のライブみたいにノリとハキとキレがない。

ジューシーフルーツのイリアが“ジェニーはご機嫌ななめ”を
かなり無理があるミニスカートでアップアップしながら歌う。

昔とっても好きだった水越恵子だったけど、“頬にキスして”のシングルのレコードを
擦り切れんばかりに聴いていた。

その“頬にキスして”を歌っていたけど20秒も聴いていただろうか?
あまりにも不憫でチャンネルを変えた。

声が出ない、高い声がまるで出ない。
思い出のままそっとしてほしかった。

昔はホントに、綺麗だったのに・・・


山口百恵みたいに引退してまったくテレビに出ない方が思い出のまま、
昔の映像と音だけがいつまでも残るほうがいい。

最近はプリンセスプリンセスも再結成されたらしいけど、
あの名曲“M”はもう聴けない。



一番良い時を知ってるだけに、寂しさしか感じない

オジサンなのだ。


20:21  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |