FC2ブログ
2010年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2010.03.30 (Tue)

お尻が痛くて

長時間のパソコンを使っての仕事。
当然の事ながら、椅子に座ってる時間もハンパじゃなく長い。

痛い・・・お尻が。。。

クッションの材質や形の違いも試しては見た。

効果なし。

特に尾てい骨のあたりがメッチャ痛い。
何か簡単に直せる方法がないかとネットで検索してみたら、
結構深刻な状態なのかもしれない。

骨盤がずれているとか、悪性の何とかじゃないかとか、
やっぱりちゃんと整形外科に行かなきゃと思う・・・けど~。

場所が場所だけに、あられもない姿を医者と看護婦に見られてしまう。
この歳になって、ちとハズいかも。

でも、結構っていうか~、かなりっていうか~

痛い。


23:55  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.26 (Fri)

最近のお気に入り♪

AKB48の『桜の栞』(*^-゜)vィェィ♪

GyaOが配信しているPVを何度も見ながら聴きながら、
「エエ曲やな~♪」なんて、オヤジなのにデレェ~(^0^)/~~

また、姪っ子にボロカスに言われそう。
オヤジだってたまにはJPOPも聴くんだゾッ。

勿論!ipodに入れた。

あと~、中島美嘉 「桜色舞うころ」も好きかも(*^-^)ニコ


20:11  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.18 (Thu)

買った後のサポートが大事かも♪

久々にHP社のカスタマーに電話した。
Win7の64bt版と32bt版の手持ちのソフトの互換性を詳しく知りたかったから。

HP社のカスタマーには、中国人のオペレーターも多くいるみたいだけど、
技術的な事をはさて置き、日本語の細かなニュアンスが伝わらずに
とても苦労する。

外人にしてはかなり日本語が達者なんだけどネ♪

しかし細かなニュアンスは伝わらなくても、必死で問題を解決しようとする。
国籍関係なく質の高いオペレーターがHP社には多いように思う。

どうしても言葉の面で時間が掛かり、大変だった時、日本人のカスタマーを
リクエストしたらちゃんと答えてくれるのでありがたい。

でも、同じ外国メーカーでもDEL社の中国人オペレーターには閉口した。
HP社とDEL社のスペックの比較をしてた時、技術的な事を聞きたく電話したら
「今週までキャンペーンでお安くしていますヨ♪」と、たどたどしい
日本語でアピールする。

その時問題だったのは、仕事で使うメインPCの技術的問題な訳で、
価格の問題じゃなかった。(安いに越した事はないけれど・・・)

で、その旨伝えると、「お客さん、お金持ちですね」だと・・・
まさかメーカーのカスタマーからそんな事を言われるとは想定外。

それ以来、我が家のPCにDEL社のロゴの入ったPCは入り込む余地はない!
ネットのレビューなどを見ても、かなりオペの評判は良くないみたい。

そんな訳でHP社のロゴの入ったPCだけが増えていくけど、
今回の電話でのHP社の対応で、益々ファンになってしまう。

だって教えて欲しかった情報を、詳しく調べて後日ファックスで
送信してくれるそうな、ありがたや~(;_;)ウルウル


19:55  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.16 (Tue)

証拠隠滅失敗

仏壇に供えるお菓子が後を絶たないのだけど、チョット困った。
みんな「ご仏前に」と、沢山持ってきてくれるんだけど、後はどうする?
平日は自分が一人だし、嫁は週末しか帰ってこない。

こんな大量のお菓子をすべて食ってたら、メタボに拍車が掛かる。
そこで目を付けたのがお向かいの中学生になるお姉ちゃん。
だけど、堂々と両親の前であげる訳にいかない理由が・・・

バレエをやっているのでお母さんから太らないように言われてる。
今月末には発表会も迫っているけど、そこは育ち盛りの中学生、
まだまだ甘いものには目がない筈だ。

先週の土曜日に、ご主人と奥さんの車が2台ともない、チャンス!
高校生のお兄ちゃんと中学生のお姉ちゃんの2人しかいない筈。

あまり大量だとご両親にばれるので、直ぐに食べれる量だけ持っていった。
包み紙は証拠が残らないように工夫しなさいと言ってお菓子をあげる。

その日の夜、嫁とベランダで焼肉をしてた時、
バレエの練習から帰ってきたお向かいさん御一家。

奥さんがすかさず、「昼間はお菓子をいただいたそうで~♪」

ギョエッ!ばれてぇ~らぁ~(((^^;)(;^^)))

しっかりお菓子の包み紙をゴミ箱にそのまま捨ててたそうな。
まだまだ中学生なのね・・・(^。^;)(^^;;;

今度お菓子をあげる時は、大人の証拠隠滅方法まで教えなきゃ(▼ .▼)y-~~

完全犯罪テキ~な o(*^▽^*)o~♪


17:39  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.15 (Mon)

一人ビフォーアフター

あと一ヶ月くらいに迫った我が家のビッグイベント、四十九日。
この高級住宅街、西陵の大豪邸の我が家に大勢の爺さん婆さんになった
何年もご無沙汰の親戚連中が大挙してやってくる。

正座するならさほどのスペースは必要ないが、皆年寄りばっか。
膝が悪くて正座が不可能な連中ばかりだから、坊さんのお経の最中は
椅子を用意しなくてはならない。

椅子は結構な数が我が家にはある。
(殆どがアウトドア用・・・要するに折りたたみ椅子だ)

問題はそのスペースが確保できるかだけど、一部屋は完全に仕事用の
パソコン類や周辺機器類でふさがっている為、どうもならない。

そこで目を付けたのがベランダだ。
ウッドデッキにしているので、そこに何人か押しやれば大丈夫!?
どうせお経なんて聞いてないだろうから、いいかも。

でも、4年前に作ってもらったウッドデッキも風雨にさらされて、
だいぶニスが剥がれ落ちている。

まだ時間的余裕があるのでウッドデッキリフォーム作戦を
実施する事にした(*^-゜)vィェィ♪

ナフコでニスやハケなど、必要な材料を買ってきて、
お向かいのご主人から借りた新兵器の電動工具、サンダー何とか
(自動で紙やすりを掛けるやつ)も準備万端。

後は晴れる日を待って作業をするだけだ。
明日には晴れると天気予報では言ってたけど、明日にならないと
あてには出来ないかも・・・

今年のお盆が初盆になる訳で、四十九日もそうだけど、お盆までは
色んなお客さんが来たり、今までと違った生活面の不自由さや
気苦労が続くんだろうな~ってネ。

それから後、親父がいなくなったほんとの寂しさがやってくるかもね。

だってほら、今は色んなイベントの準備や何やらで忙しくって(;^_^A
落ち込んでる暇もない訳で・・・


19:25  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.10 (Wed)

来客あり、しかも多数

確定申告の時期だけど、2月中には済ませたかったんだけど、
親父が亡くなって実際それどころじゃなかった。

やっと昨日、無事終了でホッと一息、なんて世間は甘くなかった。

親父の葬式が終わった翌日の朝から、絶え間なく続く来客の嵐。
それも殆どが来て欲しくない来客ばかりだ。

セールスマン

ギフト、仕出し、墓石、仏壇などなど、ets~。

新聞のお悔やみ欄を見て来るんだろうけど、もしこれが
お年寄りが一人だったらと考えると、精神的苦痛は凄まじいに違いない。

幸い、同じ一人でも、ガラの悪いイケメン?オヤジだと話は別だ。
初七日までは我慢して、世間体もあるので差し出される分厚いカタログを
「ご苦労様です」なんて殊勝な事を言って受け取っていた。

だけど今週に入ってからは仕事や税金の申告等の作業を始めたので
態度がついつい豹変してしまう。

「そろそろ先日渡したカタログの中からご注文を決めて下さい」などと、
勝手な解釈でのたもう営業マン。

「だれがお前の会社に頼むと言った?」
とうとうブチギレ、吼えた!

大抵の営業マンはどっかに車を止めて歩いて来るんだけど、
アポも取っていないのに当然のように家の駐車場に車を止めて
ニヤニヤしながら来たオヤジ営業マンには、相手が用件を言う前に
とてつもなく吼えた!!

四十九日の仕出しや香典返しの品物の注文取りなんだけど、
面倒を考えると葬儀をしてくれた葬儀社に丸投げするのがラクだ。
一括で、かなり値引きもしてくれるらしい。

バラバラに頼んでやったほうが安く出来ると言ったヤツがいたけど、
こっちは労力と時間がもったいないのだ。

それに、親父が亡くなったんだから、あまりケチリたくもない。

それにしてもご近所にも迷惑な事だろう、
入れ替わり立ち代りの営業マンの訪問は。

たま~にブッキングなんかしてんじゃねぇ~よ!

おかげで溜まりに溜まった分厚いカタログの山!捨てるのが大変だ。

でも、気の弱い人だったらもっと沢山の営業マンが何回も来て
ノイローゼになるかも・・・

そういった人たちの為にも、イケメン?オヤジは
今日も吼え続けるのだ。

ガルゥゥゥ~~~~~~~~~~!!!


13:19  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.05 (Fri)

やっぱり季節の変わり目だったのね

しばらくぶりにブログを再開したばかりなのに、
また間が開いてしまった。

今まで親戚や知人など、沢山の葬儀を経験してきたつもりだけど、
自分が喪主となると立場が違うもので、疲労感がハンパじゃない。

数年前から「いつでも大丈夫」と、覚悟はしていたものの、
実際、逝ってしまうと寂しさは募る。

まだまだ初七日やら四十九日やら、沢山の事をこなさなくてはならず、
役所への様々な手続きも・・・

病院の点滴だけで、ただただ弱って行く親父を傍観している訳にもいかず、
お世話になっているケアハウスのスタッフと立てた悪巧み。

強引に退院させて「流動食でもいいから口からの食事をさせてみよう」
という、無謀な作戦。

『最後の悪あがき作戦』を実行した。

おかげで入院中、殆ど会話が出来なかったが、
強制退院させてから数日間、十分すぎる、ある意味、
お別れの会話ができてよかった・・・

何年も顔を合わせていない親戚などなどから、
結果的に死期を早めてしまったかもしれない事への沢山の批判を
浴びる事になるかもしれない。


知ったことか!


最後の親父の満足そうな顔を見たのは自分と直近の親族と、
ケアハウスのスタッフだけだ。

これでいいのだ。


これからしばらく続く沢山の法事や手続きを、
これで淡々とこなして行ける。


07:37  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |