FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2019.09.19 (Thu)

調子にのって走りすぎ

この頃は朝晩の気温も結構過ごしやすくなり、ジョギングしてても走りやすくなってきた。

今朝も涼しいうちにと早朝から走り出したけど、ちょっと前のようなうだるような暑さで5キロごと位に休憩をはさむ必要もなくなり、気が付けば15キロほどを走ってた。

それでも帰り着く頃にはいつものようにうだるような暑さになってたけど。

今日は夜もナイトランで集団ジョグをするので軽く走るつもりだったけど、結局ガッツリ走に。

明日からは東京に行かなきゃいけないのに、ま~たオーバーワーク気味になってしまった。

早朝ジョグから帰って近所の温泉に飛び込んでからは明日の羽田からホテルのある新橋までのルート検索。

なにせ輪行バッグに入れたチャリンコを担いでの移動な訳で、少しでも楽なルートを見つなきゃいけない。

オーソドックスなのは羽田からモノレールで浜松町でJRに乗り換えて新橋まで。

後は京急で品川に行ってJRに乗り換える。

もう一つはバスで汐留まで直行。

モノレールは浜松町の駅が古くてエレベーターがなく、階段も急でとてもチャリを抱えては危険すぎるから却下。

バスは新橋を通り過ぎて汐留まで行くので歩きでホテルまで8分ほどかかるので却下。

残るは京急のルートが一番無難そうだ。

荷物が少ないとバスが一番楽なんだけど、沢山のプチプチでチャリンコをくるむように養生してるけど、カーボンバイクは傷がつかないかと気がきじゃない。

IMG_3651.jpg

それに東京の人の多さが最大の敵だ。

アルミのバイクだとさほど気を使わなくてもいいんだろうけど、カーボンは取り扱い要注意だ。

電車が混んでいない事を祈るしかない。
16:45  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.09.18 (Wed)

激坂ライドと旅支度

朝の6時過ぎに自宅を出発して藺牟田池まで2度目の激坂ライドを敢行。

前回は藺牟田池まで後2kmほどの所の激坂であえなく足をついてしまい、残りの300m位を息もたえ絶えにチャリンコを押して上ってしまうという、なんとも後味の悪いというか、敗北感。

今回はリベンジを期しての挑戦だけに、前半の冠嶽や市比野温泉までの峠道は自重して出来るだけ体力を使わないよう、足のスタミナを出来るだけ使わないようなケチケチ作戦で行ってみた。

それでも斜度10%以上の激坂では大変なんだけど、リズムを取ってペダルを足だけの筋力で回さないよう、体全体で漕いでいく感じでいい感じで上れた。

自宅から往復85kmだけど獲得標高は1000mと、自分にとっては結構な難コースだ。

市比野温泉からはほぼほぼ登りっぱなし。

そんで最後は前回撃沈した最大斜度16.5%の超激坂が壁のようにそびえたっている。

今回は前半の抑えた作戦が功を奏したのか、最後の壁も何とか足をつかずに漕ぎ続ける事が出来た (^^♪

でも、蛇行しながら、フラフラしながらなんとか、な~んとか (^^;;


藺牟田池に着くと平日だからなのか、だ~れもいなくてとっても静か。

IMG_3951.jpg

IMG_3950.jpg

休憩スペースにチャリを置き、大汗かいてゼエゼエしながらフラフラでベンチにゴロン!

ヘルメットにサングラスにグローブ外してボトルの水をアミノサプリと一緒に一気飲み。

水はダブルボトルで持ってきたけど、ここですべて飲み干してしまった。

帰りは自販機のお世話になりながら給水を取る。

IMG_3966.jpg

IMG_3960.jpg

しばらくの休憩の後、藺牟田池の周回を回ってから途中食事をとって無事に帰ってこれた。

帰りは当然の事ながら、殆ど下り坂だから楽チン♪

前回足をついてしまった激坂も今回攻略してリベンジを果たし、帰りはちょっとルンルン気分♪

オヤジも単純だ (;^_^A



昨日、東京のホテルへスーツケースを宅急便で送ったけど、チャリンコも藺牟田池激坂ライドから帰ってから綺麗に掃除をし、ホイールもアルミからよそ行きの(*^-^) カーボンに変えて沢山のプチプチで養生をしてから輪行バッグに詰め込んで東京でのイベント参加の準備完了だ (*^-゜)v

明後日の午前の飛行機で東京へ行くけど、初めての飛行機輪行で少しだけ不安だけど、何とかなるでしょう。

たった一日のロードバイクのイベントだけど、3泊4日のちょっと余裕を持ったスケジュールに手ぐすね引いて待ってるのがランナー仲間の東京で暮らす女の子。

ラインで勝手に計画立てて送って来たけど、2度の飲み会と早朝の豊洲ランと皇居ランまで計画してやがる。

さすがに、若い女の子と同じペースでは疲れるので皇居ランだけは却下を申請した。

なにせこっちのメインはロードバイクで都内をほぼほぼオリンピックのマラソンコースを走ろうというイベントなのだから。

そしてそのコース内には先日のMGCのマラソンで激闘があった最後の神宮外苑の激坂も待っている。

ちょっとそこだけはロードバイクじゃなくて、自分の足で走ってみたい気もあるけど・・・

なので、飲み会はほぼ毎日飲んだくれるだろうけど、朝ランは豊洲だけにしてもらった。

ホントは御徒町でスポーツショップを漁って昔遊んだアキバの電気街をフラツキたかったんだけど、チラッと東京行きをラインで教えてしまったが為に、そんな淡い計画はすっ飛んでしまった。

まぁ、若い女の子と東京デートだと思えば、いいか~(^。^;)(^^;;;
17:30  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.09.05 (Thu)

絶対オーバーワークだって!

今日は18kmのジョギングを予定して早朝に家を出発したんだけど、ペースも少し早めに設定して5km付近まではいつもと変わらず走れた。

でも7km行くか行かないかの所で物凄い疲労感に襲われ、8km走った所であえなくリタイアしてしまった。

日陰で30分くらいヌボーっとして後は力なくウォーキングで帰って来た。

その間、水分補給や塩分とパワージェル等でアミノ酸などなど、必要な補給はしたんだけど、疲労感はそのまま回復することはなかった。

やっと家にたどり着き、シャワーを浴びてそのままベッドでグロッキー。

考えれば無理もない、昨日はロードバイクで藺牟田池まで激坂を走って往復85kmライドをやったし、その前日はジョグで近所の山道を走り倒す峠走の25km走りきり、その前日には2km続く坂道をジョグより少し早いペースで上って下りの2kmは全力で駆け下りる練習を3往復。

この練習は全力で坂を駆け下りる事で筋肉の耐衝撃性を高めるらしいけど、かなり全身に応えた。

そんでその前日は5kmのペース走を2本と坂ダッシュ8本。

まだある、その前日は吹上浜公園内の一周3kmあるクロスカントリーコースを5本と、バカみたいな練習をしてた。

パソコンの練習記録を見て自分でもあきれる。

このオヤジ、雨でもびっしょり濡れながら走ってるから気が知れない。

もう直ぐ63になろうかというおっさんが、いや、巷ではもうお爺ちゃんでもおかしくはないかも。

そんなオヤジがやる練習ではなかろう。

もう近所の温泉に行く元気も残ってなくって、今日は一日中寝てた。

そんでも飯はちゃんと喰って栄養補給は怠らないようにはしたけど、明日は少し様子を見て大丈夫そうなら夕方近所を軽いジョギングをする程度にしないと体が持たないかも。

もう直ぐ東京でのバイクイベントもあるし、10月の前半には最大の懸案事項のツールド・南さつまの100kmが待ち受けてる。

100kmより獲得標高の2000mにビビってんだけど・・・

さて、9月はロードバイクの練習を優先するのか、10月後半から始まるマラソンシーズンを優先するのか、悩む。

あれもこれもと歳取ってからの方が欲張りになったのかもね(^^♪
18:26  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.09.02 (Mon)

本日朝帰り

昨日は、ドルフィンポートと天文館でやらかしてしまった♪

先月、以前住んでたマンションの仲良しお隣さん達と管理会社の営業マン氏らと行ったドルフィンポートの『美人ビアガーデン』。

昨日も行ってしまったのだ (*^-^)

今回はランナー仲間と行ってそれわぁもう大騒ぎ (^^;;

前回はおっさんばっかりだったけど、今回は半分は女性でキャストのお姉さん達とそん色ないくらいの美人ぞろいだから、それわぁ~もうおっさん達は大喜びさぁ~(^^♪

IMG_3894.jpg

IMG_3802.jpg

2年前もほぼ同じメンバーで行ったけど、その時と同様、おっさん達がキャストのお姉さん達とくりひろげる醜態の一部始終を、一緒に行ったラン仲間の女の子達に写真や動画ですべて撮られてた。

そして翌日、すなわち今日、すべてラインで配信されてきた。

あんな事もこんな事も・・・

全く進歩してないと、反省。。。

そして2次会の天文館でも大暴れは止まらなかった。

どうせビアガーデンが履けたら天文館で2次会をするだろうから電車の最終で帰るのもかったるいし大変なので、今回は前もって鴨池のマリンパレスを予約して泊って来た。

お昼のランチバイキングには何度も来た事のあるマリンパレスだったけど、まさか泊る日が来るなんて、ねぇ~♪

なので、本日は朝帰り。

あたりまえだけど、とっても楽。

今朝は少し早めに起きてマリンパレスの目の前の長水路沿いの片道2.5kmのランニングコースを2往復、走らない手はない!!

以前は毎日のように走ってたいわゆるホームコース。

IMG_3798_2019090218205327a.jpg

IMG_3797.jpg

IMG_3796.jpg

時には湾岸道路の長水路沿いを走ってから鴨池の運動公園周りをを1周して騎射場に出た後甲突川沿を走って天文館を経由し、城山の展望台まで上がって朝から桜島に向かって雄たけびを上げ、帰りは中央公園の芝生で宇宙と交信してるおっさんや、下手なバイオリンを弾いてるおっさん達を蹴散らして芝生を斜め横断してから自宅のあったマンションまで帰るという、今とは全く環境の違うランニングコースを走ってたけど、たまに走るとやっぱり懐かしい。

すっかりいい汗をかいてホテルに戻って誰もいない展望温泉にゆ~っくり浸かり、朝のバイキングをたらふく喰って車で帰って来た。

電車にも乗らず、天文館で飲んでホテルに泊まって車で帰るなんて贅沢だけど、と~っても楽チンだ (*^-゜)v

ラン仲間との飲み会はどうしても深夜まで飲み明かす事が多いので、一人最終電車で帰る時に抜け出すのも後ろ髪を引かれてたけど、これからは今回の方式で飲むことが多くなると思う。

だって、楽チンだし~~~~~!!

18:26  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.08.26 (Mon)

土砂降りの中、ほぼ泥だらけのランニング大会

曽於市の財部町であった悠久の森ランニング大会に雨の中、走って来た。

距離は9kmと短いけど、想像よりヘビーなコースに途中は土砂降り状態でしかもコースのほぼ三分の二がキャンプ場内の砂利道という、とんどもない大会。

おかげでランナーのお尻や背中は泥跳ねで、シューズは当然泥だらけ。

IMG_3927.jpg

IMG_3928.jpg

スタートからいきなりアップダウンの連続でキャンプ場内は全部上り、後折り返して全部下り。

上りの練習はいつもやってるからそんなに苦にはならなかったけど、後半は全部下りというのは案外大変。

周りのランナーはやっと下りになったからと物凄いスピードで駆け下りていくので、当然自分も闘争心に火がついて同じようにペースを目一杯上げて駆け下りる。

でも駆け下りながらかなり長い下り坂で腰とか太ももへの負担は半端じゃないだろうと考えながら走ってた。

案の定、カラダの色んな筋肉が悲鳴を上げてるのが分かる。

IMG_3933.jpg

まだ真夏のこの時期、そこまで追い込んだ練習は出来ないので10キロから15キロの距離しか走らず、インターバル走などもそこまで追い込んではいない。

なので雨で未舗装のかなりのアップダウンのコースを想定して9kmながら目標は1時間切りと、あまりタイムにはこだわらない筈だった。

とはいってもそこはレースな訳で、想定のタイムより5分ほど速かったのは良かったのか?悪かったのか?

膝とか腰とかに故障がなかったのは幸いだ。

9月からはもっと気温も低くなるだろうから、本格的な追い込み練習はそれからになると思う。

なにせオヤジのカラダはデリケートだから労わりながらやらないとネ(^^♪

そんで県内レースは勿論の事、福岡マラソンや熊本城マラソンでよく一緒になるオジサン達にいっぱい会った。


あまり、嬉しくはないけど・・・


その殆どは向こうは自分の名前を知ってるのに、ちょこっと当たり障りのない会話の後必ず出る疑問『だれ???』

オヤジの名前と顔は覚える気がないのか、覚えられないのか

多分どっちもだと思う (;^_^A

若い美人のお姉さんの顔と名前は絶対に忘れない!

大会サポートスタッフのお馴染みの女の子達とは満面の笑みでシャベリ倒していたのに、オジサン達とは愛想笑いしか出てこない (^^;;


しかたないよね~(^。^;)(^^;;;


そんで帰りに日当山の温泉に寄って貸し切り状態。

お昼時だったからなのか、男湯はだ~れもいなくてとっても気持ちよかった。

IMG_3938_201908260955308f0.jpg
15:47  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.08.21 (Wed)

お盆、その後

終の棲家に選んだ湯之元はそこそこの田舎で、田んぼや山と海があって近所の家には年寄りがた~くさん住んでいる。

なので、お盆の前から1週間前後も子供や孫が帰省して人口があっという間に増えるみたいだ。

隣に住む一人暮らしのばあちゃんの家にも娘が3人のお子ちゃまを連れて帰省してた。

もっとも旦那は1泊でとっとと帰って行ったみたいだけどね。

残された3人のクソガキに囲まれ、ばあちゃんはもう疲れたと、ぼそっといつもの朝の6時からの井戸端会議でこぼしてた。

その反対側の農家のおっちゃんの家も車が何台も広い敷地の駐車場に止まってたけど、福岡や名古屋など県外ナンバーばっかり。

きっと帰りにはお土産をいっぱい持って帰らなきゃいけないから、車での帰省なんだろうね、しかも大きなワンボックスカーばっかりだ (*^-^)

班長さんの家も千葉と福岡から孫を沢山引き連れて息子や娘が帰ってきてた。

犬の散歩をしてる時何度か見かけたけど、犬の散歩の時だけは孫から解放されるなんて、言ってたぞ (^^;;

なのでお盆の間走り込みに集中してて何人もの近所の元住民たちと汗でびっしょり濡れた状態で挨拶を何度も交わしてたけど、きっと変態オヤジだと思われてるだろうに。

お盆が終わった先日、うちの前の道路で夕方の散歩でばったり4軒のご近所さんと遭遇したもんだからそりゃ~もうお盆の愚痴話さぁ~♪

毎年この季節が怖いとか、楽しいのは初日の2時間だけだとか、ばあちゃんやじいちゃん達は無駄に元気な孫たちのおかげで心底疲れてた様子だ。

しかしここは温泉で有名な湯之元だ。

もれなくじいちゃん、ばあちゃん達はみんなが帰って平和な日常が戻ってから温泉三昧をしたそうな。

次は半年後の年の瀬だ。

それまでつかの間の平和を楽しむ田舎のじいちゃん、ばあちゃん達なのだ(^^♪
17:44  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.08.20 (Tue)

あえてのいばらの道?

今日の天気予報は午前中が雨で、午後から曇り空。

こんな天気だといつもなら当然午前中のジョギングは中止して午後からに切り替える所。

しかし今日はあえて雨の午前中に走る事にした。

今度の日曜日は悠久の森ランニング大会で、曾於市まで行って走ってくるんだけど、どうも週間天気予報では雨になるらしい。

最近雨の日に走るのは避けてきたので、今日は雨の日ジョグをする事にした。

小雨の降る中、選んだコースはアップダウンが少ない12kmの比較的走りやすい自宅から江口浜までの半分周回で半分が往復のコース。

田んぼが多くて車が少ないお気に入りのコースの一つだ。

アップダウンが少ないといってもそこそこの上りや下りはあるので、上りはペースを上げていつもはなんちゃってインターバルをやってるんだけど、きょうはイーブンペースで走ってみた。

走り出してから1kmも行かないうちから雨が激しく振り出してきて速攻でびしょぬれ状態。

シューズの中も雨でびしょ濡れでコンディションは最悪。

7kmくらい走った所に神社があるんだけど、そこに差し掛かる前からガッツリの大雨に。

さすがに神社に避難して20分ほど雨宿りさせてもらった位の土砂降り。

雨でスマホのレンズが濡れてちょっと怖い系の写真になってるけど、いつもならのどかな田舎の風景。

IMG_3922.jpg

IMG_3923.jpg

距離的には12kmなんだけど、いつもより疲れた。

雨でびっしょり濡れて、シューズも走りにくくなっていたのが原因だろうけど、いいシュミレーションにはなったと思う。

日曜日のレースは前半ゆっくり目のペースで入らないと雨で後半はバテル筈だから・・・

とは言っても、9kmしかないレースなんだけどね (;^_^A

真夏の暑い時期に比較的涼しいキャンプ場の森で山道を走りましょう的なレースみたい。

だから最長でも9kmと短いから、ごちゃごちゃ言ってないで前半から突っ込んで走らんかい!!

みたいな (^。^;)(^^;;;
17:52  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.08.08 (Thu)

ついにチュルチュル解禁!

うちのニャンコの『小夏』が最近夏バテなのか、めっきり元気がない。

大好物?のカリカリもあまり食べない。

マジで具合でも悪いのか心配になって来たのでネットで近所に動物病院がないか検索したけど、残念ながら田舎に引っ越した代償だろうか、んなもんある訳ない!

でも1年前までは立派な野良ニャンだったので、そんなひ弱なネコではない筈。

そんで今まで『ぜいたくは敵だ!』『欲しがりません勝つまでは!』とばかりにかたくなに餌はカリカリしか与えてこなかったけど、試しに『チャオちゅーる』を買って与えてみた。

初のチュルチュルを一心不乱にペロペロ、ペロペロペロ!!

速攻で元気回復!!

IMG_3722.jpg

IMG_3724.jpg

何の事はない、ただカリカリの餌に飽きただけだった。

その後は元気に庭でうるさく鳴いてる蝉を追っかけてた。

お得だったのでチャオちゅーるの沢山入った袋も買ってきたけど、毎日やるほどには甘やかさない。

IMG_3759.jpg

うちはしつけは甘いけど、餌には厳しい家庭なのだ (;^_^A

今日も3日ぶりにチュルチュルしたけど、まぁ~可愛いこと(^^♪

IMG_3739.jpg

IMG_3743_2019080816303745c.jpg

夢中でペロペロした後はウッドデッキで満足そうにお口の周りをペロペロ。

その後人工芝の上でなが~い昼寝をしてた。

IMG_3761.jpg

IMG_3762.jpg

チャオちゅーるを作った人って、いったいどうやってネコが夢中になって食べるほど美味しいと思う味にしたのか、不思議ではある。
16:35  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.08.07 (Wed)

山岳RUNを極めようかと・・・

チャリンコの大会も100kmの獲得標高2000mという無謀なエントリーをしてしまい、マラソン大会も10kmとハーフも含めて合計7レースを予定してる。

そのうちフルマラソンは3レース。

なかでも長島のレースは10kmと短いけど、とんでもないアップダウンの厳しいコースらしく菜の花マラソンがかすむくらいに激坂が続くそうな。

そんな坂との闘いが続くので、オヤジの鈍ったカラダを鍛え直すために選んだギアが『ルナサンダル』だ!

なんでもメキシコの山岳民族が履いてるサンダルらしいけど、それをトレイルランも走れるように改良したサンダルで足の指全部と脹脛や体幹を鍛えられるそうな。

今でこそサンダルを履いて走ってるランナーも時々見かけるけど、最初にレースで履いてる人を見たときには「マラソンなめとんのかこいつ!」と思ったものだ。

それがサンダルで走るランナーに限ってとんでもなく速い。

色々調べたらランニング用のルナサンダルという事が分かり、10kmやハーフで走ってフルマラソンのタイムアップの為に鍛えてるという事だと思う。

そんでいつものAmazonでお買い上げのサンダルが昨日届いた。

小ジャレた箱に入ってなんかトロピカルな感じ(^^♪

IMG_3689.jpg

IMG_3691.jpg

造りはしっかりしてるので走ってる最中に壊れる心配はないと思う。

もっともそんなことがあっては困るけど。

サンダルといっても普通のランニングシューズとさほど変わらない13,500円也。

結構な値段がするのネ・・・

IMG_3693.jpg

IMG_3694_20190807121422b59.jpg

昨日と今日の二日間、それぞれ激坂を含む山道15kmを走ってみたけど、キッチリとフォームを意識しないとあちこち痛くなりそうなので気が抜けない。

その分しっかりと体幹や脹脛がいい感じで筋肉痛を起こしてる。

素足で砂浜を走る時の感覚に少し似てるので、フォアフットの感覚が養えそう。

いつもフォアフットを意識して走ってるけど疲れたらだんだんミッドフットになってくるのでそれを防ぐ意味でも足を鍛えるのはいいと思う。

踵着地ではブレーキがかかってタイムロスするけど、ミッドフットよりもフォアフットの着地の方が断然有利になると、今までの経験で分かってはいるんだけど、フルマラソンになると疲れて後半失速するのを防いでくれればいいんだけど。

その為には夏場はこのルナサンダルで足腰強化を図らねば。

IMG_3695_20190807121424aa2.jpg

そんで夏場はどうしても走り終わったら靴下もシューズも、いや全身ぞっぷり汗で濡れので複数のシューズをローテーションで履いて、そして洗って干してを繰り返さないとそのまま玄関に置きっぱなしにしたら玄関が臭くてしょうがない。

その点サンダルだと外の水道で履いたまま水ぶっかけてその辺に干してたらすぐに乾くし、玄関も臭くならないから大助かりだ (*^-^)

でもまだ自分の足ではルナサンダル履いて15km走るのが限界なので、ロング走をする時や坂ダッシュなんかする時にはシューズに履き替えた方がよさそう。

走っててキロ5分のペースまでは普通に走れたけど、もっとペースを上げて走るのはまだサンダルではちょっと怖いので、夏場のジョギングの時だけ履くことにしようと思ってる。

だって、冬はサンダルだと足の指が凍えそう (^^;;
16:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.08.05 (Mon)

オヤジの無謀な挑戦!

先週末は以前住んでたマンションの管理会社の営業マン氏やご近所の仲良しオヤジ達と一緒に、ドルフィンポートの『美人ビアガーデン』と天文館でバカやって来た。

鹿児島のマンションから引っ越して2年近くになるのに、ま~だ以前のご近所さんと管理会社の営業マン氏達と年に数回は天文館で遊んでる。

特に美人ビアガーデンでは美人のキャストのお姉さん達に、エロオヤジ達はだらしない満面の笑みでハッチャケてしまった(^^♪

IMG_3703 -1


飲みながら、今悩んでる事を酒の勢いで話してしまったんだけど、まぁ、どうでもいい事だったと話した後、ちょっと後悔。

それは10月にある自転車の『ツール・ド・南さつま』のエントリーの件。

昨年初めて参加したチャリンコのサイクリングイベントでレースではないけど、60kmの部で獲得標高が750m位だったと思うけど、参加者の殆どが激坂で苦労してるなか、結構いい感じで走れたもんだから今年は調子に乗って100kmの部に挑戦しようかどうしようかと、悩んでた。

今年は100kmの部は過去最長の107kmにコース変更されたらしいけど、距離の事はそんなに苦ではないけど、問題は獲得標高な訳で・・・

全行程走った上り坂をすべて足し算して何メートル登ったかが獲得標高というんだけど、それが多ければ多いほど上り坂ばっかりという事。(サイクルコンピューターに数字は出てくる)

そんで100kmの部の獲得標高はなんと2000mらしい。

しかも笠沙とか坊津の辺りの海岸線の激坂を107km走って登ってと、合わせて2000mも!!

そこにビビってた。

それをビールかっ喰らいながらオヤジ達に話してたら、『オヤジの意地を見せろ!』と。

今にして思えば所詮他人事な訳で、酒の勢いでヤレ!ヤレ!ってなもんだと思うけど、調子ブッコイテ翌朝エントリーして100kmの部にポチってしまった。

いまさらながら後悔、後悔、後悔、、、

過去最高の獲得標高は1000m前後しかなく、その倍の坂道を100km以上かけて走るなんて、グスッ (=_=)

一緒に飲んだオヤジ達が、『マラソン走るんだからチャリなんて軽い軽い~♪』と、酔ってたとはいえ、なんと無責任な励ましに乗せられたことか。

でもエントリーしちまった。

こうなったら覚悟決めて、マラソン練習と並行して激坂チャリ練習をせねば。

また、疲労骨折しない程度にネ (O.O;)(oo;)
16:30  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.07.29 (Mon)

輪行バッグ収納の練習

9月の東京遠征で使う輪行バッグをどれにするか悩んでたけど、ネットのブログ記事など読み漁って一番ポピュラーと思えるオーストリッチのバッグを買うことにした。

Amazonでポチって速攻で届いたけど、なんか忙しかったからしばらく箱から出してそのまんまにしてた。

昨日ネットの動画や取説を見ながら実際にチャリを収納する練習をやってみた。

1回目は試行錯誤してたんで汗ダラダラかいて45分くらいかかって収納したけど、なんか不格好。

2回目はもう一度ネットの動画を見て20分くらいでサクッと出来てそこそこ綺麗♪

100均で前もって買ってたプチプチと、のび~る布製のバンドみたいなヤツとかでしっかりと養生と固定をしていい感じ。

IMG_3653 (2)

まずチャリをひっくり返して前後のホイールを外し、固定用の金具を後輪のホイールの部分に取り付けてチェーンが暴れないように別売りのカバーを装着。

バッグの指定された向きにチャリ本体を置き、両サイドのポケットにホイールを入れてバンドでしっかり固定する。
IMG_3639 (2)

IMG_3640 (2)

ベルトを装着する部分とか、デリケートな部分には布やプチプチで傷がつかないようにちゃんと養生をして、袋のチャックを閉めていけば出来上がり(^^♪

IMG_3641 (2)

IMG_3652 (2)

肩で担ぐベルトの部分には他のバッグの肩当を装着して肩に食い込まないようにする。

スーツケースは宅急便で送るけど、このチャリンコ入りの輪行バッグを担いで飛行機に乗り、羽田から予約している新橋のホテルまで運ばねばならないから結構大変かも。

チャリが9kgくらいだから、緩衝材や固定金具やら全部で10kgちょっとはあるる筈。

スーツケースの10kgはどうってことないけど、中身がカーボンのチャリとなると取り扱い厳重注意になる訳で、気を使うだろう。

羽田からモノレールで浜松町まで行って山手線に乗り換え新橋まで。

かさばるし、人も多いだろうから気を遣う。

羽田でチャリを組み立て、チャリに乗って新橋のホテルまでって一瞬考えたけど、道中の交通量を考えたらゾッとして却下。

大変だけど、安全第一で担いで行かなきゃネ (;^_^A
17:25  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.07.27 (Sat)

我が家&ご近所が蝉だらけ

梅雨が明けてクソ暑い真夏になったとたんに庭の木々に止まってる蝉が早朝からやかましいくらいに鳴きまくっている。

数日前の朝、玄関横の木に必死でしがみ付いてる蝉を発見したけど、どうやら脱皮したいらしい。

土から一生懸命に出てきてやっとの思いで木によじ登って脱皮しようとしているので何度も外に出て経過観察してみた。

木にへばりついてから1時間、中から脱皮した蝉が出てきて必死で殻を脱ごうともがいてる。

そしてつぶらな瞳で見つめてる。

IMG_3615.jpg

それからさらに1時間、やっと全体像が表れて来たけど、まだまだ色が軟弱だ。

IMG_3617.jpg

IMG_3630_20190727182224059.jpg

それから30分もしないうちにやっと蝉らしい色になって来たけど、まだまだひ弱な感じがする。

IMG_3632.jpg

それからまたまた30分くらいしてから見に行ったらもう蝉は殻だけ残してそこにはいなかった。

そして近くの木の上で、おそらくさっき脱皮した蝉だろうけど、やかましいくらいに鳴き始めてた。

他にも庭のあちこちでセミの抜け殻がた~くさん残っている。

こんなの、62年も生きてて初めての、ケ・イ・ケ・ン (^^♪

IMG_3678.jpg

IMG_3687_20190727182229306.jpg

そして今朝も朝早くから沢山の蝉たちが、ひとんちで勝手に鳴きまくってやがるし、隣のばあちゃんちの庭も、その反対隣の農家のおっちゃんのちの庭にも、た~くさんの、いや無数の蝉たちが騒音公害をまき散らしやがる。

蝉だけではない! よく見ると他の木の陰でハチが巣を作ってたので以前買ってたハチ用の強力殺虫剤を散布して撃退した。

そんで殺虫剤をまき散らした直後に横にいた嫁と二人でダッシュで逃げた (^^;;

何匹かのハチが追っかけてきたからで、逃げながら持っていた殺虫剤を振りまいてたから良かったけど、もう少しで刺されそうだった。

ホ~ント、危なかった。

だって、ド素人だし (^。^;)(^^;;;

しばらくしてハチの巣の下には20~30匹のハチ達が死んだりもがいたりしてた。

他にもアゲハチョウがやたらたくさん飛んでいる。

改めて思ったけど、自然だらけの所に住み着いたのだと、実感する。

鹿児島市内のマンション暮らしの頃、殺虫剤なんて買ったこともなかったし、蚊にも刺されたこともなかった。

蚊が飛べるのはマンションの4階までが限度と以前聞いたことがある。

エレベーターに紛れ込んでも上層階に出たら飛ぶのも困難になるらしい。

でも今では、クモ用・ハチ用・蚊用・ナメクジ用・ダンゴムシ用などなど、殺虫剤や薬剤や、様々な撃退グッズが玄関とベランダと倉庫にと、三か所に常備してある。

数日前、隣のばあちゃんと朝っぱらから世間話をしてたら結構大きなヘビが庭にいたのでホウキで追っ払ったらどこぞへ消えたとのいらないし怖い情報。




うちはその隣だし・・・

それ以来、とってもビビってるし・・・


18:33  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.07.19 (Fri)

自転車担いでお江戸へGO!

梅雨の雨の合間を縫ってランニングの練習に明け暮れてるけど、チャリンコも並行して練習してる。

どちらかというと最近はチャリンコの方が楽しくもあるんだけど、チャリは準備に時間がかかるのが難点かな。

ボトルに水を入れてチャリンコを担いで外へ出して空気圧を測り、ピッチピチのサイクルスーツを着てヘルメットにサングラスに、後グローブもはめて最後はサイクルコンピュータをセットしてなどなど、結構な時間がかかってしまうけど走りだしてしまえば楽しい(^^♪

今年もマラソン大会の合間にチャリンコレースやイベントにも参加しようと計画してるんだけど、たまたま東京のチャリンコイベントの広告をネットで見てしまった。

新宿と渋谷以外のほぼほぼ東京オリンピックのマラソンコースをチャリンコで走ろうというイベント。

距離は35kmと短いけど、チャリンコ2500台がいくつかの集団に分かれてゆっくりだけど(4時間以内で)交通ルールを守って東京のど真ん中を走るって、ある意味凄い!

と、後先考えずにエントリーボタンをポチってしまった。

イベントは9月だけど、急いでホテルと飛行機を予約した。

それからが大変というか、困った問題が当然出てくる。

今まで地元でチャリンコを楽しんでたけど、せいぜいチャリのホイールを外して車のトランクに積んで移動するくらいしか経験がない。

そう、輪行の経験が全くない。

しかもバスとか新幹線や電車じゃなく、いきなり初めての輪行がハードルの高い飛行機輪行になってしまった。

(輪行とは、ロードバイクのホイールを外して車体と固定して専用バッグに詰めて交通機関で移動してサイクリングを楽しむ事と、ウキペディアに出てた (^-^; )

そんで予約した航空会社に念のために電話して聞いてみたら、事前に輪行バッグに詰めた状態の大きさを測って連絡してくれと、そしてパンク修理のためのCO2ボンベは飛行機には載せられないので諦めろと、タイヤの空気圧も下げた状態で持ち込めと、様々な注意事項があるけどこれさえクリアすれば自転車輪行のお客様はたくさんいらっしゃいますので私たちも経験がありますから心配されなくても大丈夫ですよ~♪と、オペレーターのおねえさんが優しく言ってくれた (*^-^)

そんでまだ輪行バッグ買ってないのでサイズがまだ分かりませんと言ったら、んなもん買ってから連絡せんか~われぇ~~~!!


輪行バッグと言っても色々種類があるのでどれがいいか迷ってるんだけど、まずはネットで飛行機輪行の記事を検索して体験談やらで情報を仕入れて早いとこ決めようかと思ってる。

そうじゃないとまた航空会社のおねえさんに怒られる。。。

そんで分解・収納・組み立ての練習もせにゃならん。

大変じゃこれは・・・

ちなみに、東京に住むラン仲間の女の子は東京オリンピックのチケットを百数十万円分も応募したけど倍率が高くてすべて外れたみたいだ。

そんで来年三月の東京マラソンの抽選も外れて、もっともこれは今回も自分も含めて知り合いのランナー全員がサクッと外れてる。

そして腹いせに、10万円出して寄付金枠で東京マラソンを走るんだそうな。

大人の力を行使したそうな。

ランナーもチャリダーも、バカばっかしだ (^。^;)(^^;;;
08:55  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.07.13 (Sat)

何となく調子が戻ったかも

今年3月前半の鹿児島マラソン後に足指の疲労骨折が発覚して以来、2ケ月半もランニングやチャリンコに乗れなくてやっと完治したと思ったら速攻で梅雨に突入。

その間、ジムで筋トレや体幹は足の回復とともに続けてたけど、肝心な心肺機能はダダ下がり。

やっとランニングを再開できてもゆっくりとしたLSDをやるしかなく、坂ダッシュなんてもっての外。

最初はキロ6分30秒くらいで走ってみたけど、ビックリするくらいにゼエゼエハアハア状態でたった3kmしか走れなかった。

なのでLSDペースで8kmから徐々に距離を伸ばして行ってその間に心肺機能を前の状態に戻すことに専念。

やっと最近になって以前の状態に近いところまで戻った気がする。

これからインターバル走や坂ダッシュをやってせめてハーフマラソンを走れるところまで回復させねば。

まだ今の状態ではフルマラソンで自己ベストなんてもっての外で、完走すらできないと思う。

もっと若かったら回復も早いと思うけど、悲しいかな62年モノの体はそうそう簡単には戻ってはくれない。

手っ取り早いのは峠走とダッシュ系かな?

坂道を走り倒して心肺機能を強化すれば以前の走力は戻ると思うけど、梅雨さえ終わってくれればアップダウンの激しいクロスカントリーコースで練習できるんだけど・・・

今は雨が降らない隙を見てモモ上げとかインターバルとか短距離みたいな練習をやって少しでも心臓と肺に元気になってもらうしかないかも (^。^;)(^^;;;

オヤジの肺と心臓は頑固な訳で、簡単にはマッチョになってくれないけど、また骨折しない程度に頑張るしかない。

と、自分に言い聞かせてる今日この頃 ヽ(><;)ヽ(^_^)ヽ=3=3=3
10:39  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.06.27 (Thu)

押入れ攻防戦

うちの猫に限らずネコ類は皆そうだと思うけど、狭い所や暗いところが好きなんだけどうちの猫は押入れの中に入りたがる。

我が家に二か所ある押入れでも要注意なのが布団を仕舞ってる押入れで、爪を上手に使って押入れの襖を開けて中に潜り込む。

特に押入れの上の段には今年の春に買ったばかりの新しい羽毛布団が仕舞ってあり、その上で寝るのがお気に入りらしい。

でもしっかりと天日干しして仕舞ったのにネコの毛がついてたまったもんじゃない。

再度天日干しして仕舞ってからストレッチマット2枚を掛けて防御してたけど、マットをはぐって羽毛布団でま~た寝てやがった。

押入れの横に置いているソファーの上に飛び乗って襖を開け、上の段の羽毛布団で寝るのが得意な様で、とても賢い (*^-^)

でもそんな可愛さに目を細めてばかりもいられないので、根本的な対策として襖を開けられないようにする方法を色々考えて散々試した。

襖の片方を突っ張り棒で締め切り、片方はソファーで圧力をかける方法は簡単に突破された。

その際、襖の枠の部分に爪痕をこれ以上残さないように100均で買った爪痕防止シートを貼って防御したけど、完全ロックはそう簡単には思いつかなかった。


が、試行錯誤の結果とうとう完璧な対策を考えついてしまった。


自分、天才ジャン(^^♪


何のことはない、解決策は以前100均で買ってたS字フック!!

襖の交差する部分に差し入れ、奥の襖の端っこに引っ掛けたらそのまま真下にストンと落とす。

たったこれだけで完全ロック完了 (*^-゜)vィェィ♪

IMG_3570.jpg

IMG_3571.jpg

いつものようにうちの猫(小夏)がソファーに飛び乗ってガタガタと音を立て、襖を開けようとしてる現場に遭遇。

一瞬目が合ってそのまま一目散に自分のベッドに避難して『ゴメンナサイ』ってな感じで愛くるしい目を向けやがる。

IMG_3569.jpg

IMG_3568 (2)

カワユイ(^^♪


その後何度か襖のロック解除に挑戦してたみたいだ。

ガタガタと音が聞こえてた。

でも完璧なS字ロックと爪痕防止シートのおかげで大事な羽毛布団は敵の侵入から守られたのだ!

それからしばらくして覗いてみたら、諦めたのか、とってもカワイイ格好で寝てた。

100均の威力は凄すぎる。

IMG_3573.jpg

とってもカワユイ(^^♪

17:10  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.06.24 (Mon)

初めての100km超えライドに挑戦!

フルクラム社のカーボンホイールに変えてから調子コイテの長距離ライドを敢行した。

過去最高は85キロほどだったけど、昨日は天気にも恵まれたので自宅から笠沙まで行ってみたんだけど、ざっくりと片道50キロくらいかと思ってたけど実際は60キロもあり、往復で120キロも一人でチャリを転がしてしまった。

いわゆる完成車に付いてる“鉄下駄”と呼ばれるアルミのホイールからメチャクチャ軽いカーボンホイールは向かい風でも時速35kmも楽に出せてしまうので、ついつい調子に乗ってしまう。

おまけに19日にあった宮崎の青島太平洋マラソンの先着順エントリーに首尾良く入れたので心もウキウキ♪

ネット受付で20分ほどはサーバーに接続できなかったけど、焦る気持ちをじっと耐えてたら見事に8500人のエントリー枠をゲットできた。

恐らく日本中のマラソンヲタク達がスマホやPCの前で接続を試みてただろうけど、30分ほどで完売だったそうだ。

金曜日にラン仲間たちと甲突川周辺を一緒に走ったけど、5~6人が漏れたそうな。

倍率はかなり高かったんじゃないかな? でも無事に今シーズンのメインレースと位置づけたアオタイを走れることができるので、チャリンコのロングライドも新しいホイールとともに軽快にサイクリングを楽しめた、行きは・・・

ずっと海岸線をいい景色を堪能しながら楽しかったのにね、行きは・・・

IMG_3548.jpg

IMG_3549_20190624084911008.jpg

まさか120キロも往復であるなんて思ってなかったので、帰りは腰と背中と腕と肩がバッキバキ!!

ヒィ~ヒィ~言いながら自宅までのラスト30キロはボロボロになりながらペダルを漕いでいた。

今までより軽いホイールでスピードが出るもんだから調子に乗ってしまうと足が大変なことになるのね (;^_^A

早いけど、決して楽にはならないという教訓だ。

IMG_3557.jpg

IMG_3559_20190624084914c28.jpg

IMG_3560.jpg

しかも笠沙付近ではかなりの激坂もあり、次第に足が削られたことも後半ヘロヘロになった要因だと思う。

マラソンと同じで前半に調子コイテ飛ばすとロクなことはない。

初めてチャリンコ漕いでて太ももが攣ったのを経験する羽目になってしまった。

やっぱりマラソンのようにネガティブスプリットで前半を抑えて後半勝負に掛けないとマラソンのような30キロの壁がチャリンコも立ちはだかるのだと、いい経験をさせてもらった (^。^;)(^^;;;

それにしてもカーボンのホイールはいいわぁ~~~♪

IMG_3541_20190624084918d97.jpg

IMG_3542_20190624084908d9d.jpg

IMG_3536.jpg

ブレーキ音がカーボン特有のジェット機のようなヒューンって、カッコイイ音がするし、乗り心地もとってもマイルドでギャップのゴツゴツをかなり緩和してくれるからオヤジライダーにはとっても優しい。

チャリンコもカーボンだからホイールのマイルドさとの相乗効果でオヤジでも120キロライドが、まぁ、どうにかこうにかだけど、走りきれたんだと思う。

以前のアルミのチャリンコだったら帰りは絶対バスでの輪行になってたかも。

少しだけバカな事を考えてチャリを漕いでたんだけど、笠沙から枕崎を抜けて指宿まで行って鹿児島を経由して帰ってくるという、南薩一周なんてバカな事を、前半調子いい時にチラッと考えてた。

もう二度とそんなバカな事は考えません!

ゴメンナサイ。。。
08:58  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.06.19 (Wed)

マラソンエントリー

今年もすでに始まっているマラソンのエントリーだけど、福岡マラソンと神戸マラソンにはすでにエントリーを済ませた。

でも、神戸マラソンから早速『落選』の通知が来て凹んだ。

今回はご縁がなくて・・・グスっ


去年もそうだったけど、ことごとくエントリーしてた県外レースに落選し続け、東京、福岡、大阪、湘南、と後どこだったっけ? もう忘れてしまうくらいに落選の連続でメチャクチャ凹んだ記憶がよみがえる。

なんとか救ってくれたのが熊本城マラソンと鹿児島マラソンで、それに菜の花マラソンを加えて3レースのフルマラソンを走れることができた。

10kやハーフは殆ど抽選なんてないけど、菜の花マラソン以外のフルマラソンは抽選はあたりまえ。

なので毎年当落メールに一喜一憂してしまう。

今年も沢山の落選メールが来るんだろうけど、なんか就活をしてる学生もこんな感じなのかな?

いや、もっと深刻かもしれない (^-^;

マラソンは趣味だからいくら落ちてもちょっと凹むだけでいいけど、就活はべつだね。


今年の自分なりのメインレースと思っているのが鹿児島マラソンと宮崎の青島太平洋マラソン(アオタイ)。

そのアオタイのエントリーが今日の20時から始まるんだけど、このエントリーは早い者勝ち。

といってもネットでの先着順だから、過酷な申し込み合戦が繰り広げられるのは必至だ。

多分絶対にすんなりとはエントリーできないことは分かってる。

ず~~~~っとフリーズ状態でそれでもめげずに更新ボタンをクリックし続け、ホントに運のいい回線がサーバーに繋がってエントリーできるんだと思う。

昨年運よくエントリーが出来たラン仲間も大変だったと言ってた。

だから今日は早めに晩飯食って、コーヒーをたっぷり入れたポットを横に置き、指先のストレッチなんかしちゃって運命の決戦に臨もうと思ってる。

アオタイを運良くゲット出来たら昨年外れた福岡マラソンが万が一当選しててもスルーするつもりだ。

だって福岡の1ヶ月後がアオタイだから、もう今年の初めに走った熊本城マラソンと鹿児島マラソンみたいに極近のレースは年齢的にもオジサンだし、いやオヤジだし、ま~た疲労骨折なんて嫌だし、だから福岡ゴメン (^。^;)(^^;;;

なんて、まだ結果も分からないのにね(^^♪



でも12月の青島の海岸線を自己ベストで走り抜ける自分の姿が見える

なんか、見える

まぼろしか?

09:55  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.06.15 (Sat)

フルクラム レーシングクワトロカーボン開封の儀

ロードバイクのホイールを海外通販を使って思い切って買ってみた。

ロードバイクホイール業界ではイタリアのカンパニューロ、フルクラム、フランスのマヴィック、日本のシマノのホイールがステータスらしいけど、ネットや雑誌で徹底的に調べ上げ、いくつかの候補の中から性能や値段やデザインなどなど、さんざん悩んだ挙句に決定したのがフルクラム社のレーシングクワトロカーボン。

最初はアルミのレーシングゼロというホイールを考えてたけど、ヒルクライムだけじゃなく、ロングライドも楽しみたいしと妄想と欲が頭を駆け巡り、値段との兼ね合いと最後の最後に頭の中を支配してたのは、


見た目のカッコよさ~~~~~~♪


趣味の道具において購買欲を支配するのはいろんな要素があるけど、最後に勝つのは


カッコよさは絶対的な正義という法則!!


普通にチャリンコ屋さんで買ったらホイールに加えてタイヤとチューブと消費税で恐らくホームセンターで売ってるママチャリが17~18台は買えるハズ。

下手したらチャリンコのホイール前後2本で乗用車のタイヤ付きアルミホイール4本より、よっぽど高くついちまう (^^;;



ロードバイクの底なし沼地獄にズブズブズブ~~~

と、どこまでも落ちていくとこだったけど、手を差し伸べてくれたのが海外通販様(^^♪



ロードバイク乗りなら海外通販で高価なホイールを格安で買うのは当たり前の事らしい。

有名なのがWiggleとProBikeKit(PBK)で、いずれもイギリスの通販サイトだ。

今回は比較したらPBKの方が安かったので迷わずポチリ!

価格は常に変動しているらしく、最初見たときは12万円ほどだったので他のアルミのホイールを考えてた。(これでもかなりのお買い得価格になってるんだけど・・・)

だけどある日、劇的に安くなってて9万円台に。

IMG_3492.jpg

IMG_3491.jpg

調べたら海外の有名なレース等がある時にはバーゲンをするそうだけど、たまたまジ・ロ・デ・イタリアという、ツールドフランスの次に有名なレースが行われていた関係らしい。

なのでアルミから急遽カーボンにグレードアップして速攻で注文、それから2週間ほどで無事にイギリスから船便で我が家まで宅配されて、その時関税が通関料と合わせて4,800円かかったけど、日本の消費税よりもよっぽど安かった。

Amazonで事前に買っておいたタイヤとチューブとスプロケットを外すときに使う工具まで入れても、なんと全部で11万円で収まったからビックリだ。

IMG_3494.jpg

IMG_3496.jpg<

宅配業者から届いた大きな箱を受け取ったとき、思わず『かるッ!』っと声を出してしまったほど軽かった。

英語で書いてあるステッカーがべたべた貼ってある箱を開けると、クワトロカーボン君との感動のご対面! 傷もなく無事に他の付属品と一緒に収まってて感激の笑み。

そして掛った費用を考えてまたまた喜びの笑み♪

IMG_3487.jpg

IMG_3498.jpg

以前チャリンコ屋さんで点検してもらった時にホイールのグレードアップの話になり、アルミのホイールでタイヤとチューブを入れて15万円だと聞かされてたので、カーボンホイールがこの値段で買えるって、チャリンコ乗りが海外通販に走る筈だ。

でも自分でスプロケット(ギア)を外したりブレーキシューを交換したりとある程度の知識は必要だと思う。

でもネットにすべて公開されてるから、タイヤとチューブ交換ができれば問題ないレベルだ。

届いたホイールは2本でメーカー的には1,500gちょい位だけど、どうもネットで実測してる人たちが言うには1.400gとちょいらしく、うれしい誤算らしい。

測るのはめんどくさいので今までのホイールと持ち比べただけでも直ぐにわかるくらいに軽い。

完成車のロードバイクに付いてるホイールは、俗に鉄下駄というらしいけど、トレックに付いてくるボントレガーのホイールがそんなに重たいとは思ってなかった。

むしろ鉄下駄と呼ぶには失礼だし可哀そうだしと。

ところが、そんな思いも一瞬にして吹き飛び、今までお世話になってきたボントレガーのホイールにさよならをしなければならないと、涙をこらえながらも正直、笑みしかこぼれない (;^_^A

だって軽いし、とっても速そうだし、


かっこいいし~~~~!!


カーボンの黒光りした繊維を見てるだけで晩酌が出来そうだし。

さ~てと、じっくりと時間をかけてタイヤとチューブをはめて、カーボンホイール用のブレーキシューと交換し、スプロケットをボントレガーから外し、その間にいっぱいいっぱいニヤケながら、またカーボン繊維の黒光りに見とれながら、ブレーキ調整とか色んな作業を楽しみましょうかね~♪

この作業すらプロのチャリンコ屋じゃないんだから、チャリンコ乗りの趣味の醍醐味として楽しみたい。


まぁ、実際に走るのはしばらくは出来そうにない。

なぜならば、梅雨だから!

たとえ一時の晴れ間があったとしても、水たまりの道路なんて走りませ~ん。

数日晴れ間が続いて完全に乾ききった道路しか走りませ~ん。


だって、イギリスからはるばる海を渡
って来た

フルクラムさんちのクワトロカーボン君だから~~~(^^♪


IMG_3493.jpg


20:54  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.06.13 (Thu)

みるみるダイエットしてる

1か月ほど前、ホームセンターでニャンのえさを物色してたら『太りすぎのネコちゃん用』って書いてあったニャンのえさがバーゲンで安くなってたので安けりゃ何でもいいかって感じで買ってみた。

うちの猫はとっても過保護に育ててるので、腹の下の肉がプラーンって垂れ下がってて明らかな肥満ネコ。

IMG_2773_201906131721073d5.jpg

IMG_3350_20190613172109f14.jpg

それでも可愛いのでいつでもエサは食べられる状態を維持してる。

餌箱にはいつも山盛りのカリカリと水を用意してる。

もったいないので缶詰は絶対与えない。

チャオクールなんてもっての外!!

ぜいたくは敵!!

なので安い餌だけど、いつもたらふく食える状態にしていたら、肥える肥える(^^♪

それがどうでしょう? たまたまバーゲンで安かったダイエット餌を喰ってたら見た目がビックリするくらいにスッキリしてきた。

まだ多少は腹のだぶついた肉は残っているけど、それでも人間だったら90kgのデブが80kgに痩せました!的な、感じ。

このままバーゲンのダイエット餌を喰ってたらシュッとした美人ネコになっちまうかも (*^-^)

そんでもま~だ2階から階段を下に降りていく姿はメッチャブサイクだ。

ブッサイクでも良い、うちの“小夏ちゃん”はとってもカワユイノダ (^。^;)(^^;;;
17:24  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.06.04 (Tue)

ランニングロードのアジサイ

いつもランニングするコースに2キロ続く坂道があってその沿道に咲いてるアジサイがとっても綺麗だ。

IMG_3470.jpg

IMG_3471.jpg

IMG_3476_201906041906493ef.jpg

人の手が入って綺麗に管理されているんだろうけど、周りの雑草などはいつもきれいに刈り取られて庭園の様な感じで坂道でキツいんだけど、ここを走るのは好きだ。

頂上まで広めの歩道があり、車の通りも殆どなくて2キロも続く坂道なんてそうそうざらにあるものではない。

たいていの坂道というか、山道には歩道なんてなくて道路もガッタガタに痛んでるのが殆ど。

傾斜も結構キツくて頂上付近の最大斜度は10%を超え、平均でも5%はあると思う。

頂上は東市来の運動公園になってるんだけど、そこのジョギングコースは殆どだれも走ってないので走り放題 (^^♪

IMG_3472.jpg

もしこんな環境が鹿児島市内にあったら、週末に限らず平日でもランナーで賑わってるんだと思う。

冬場なんてどこぞのランニングサークルが大挙して押しかけ、2キロの坂ダッシュなんて絶対やってるんだと思う。

それを~、ほとんど独り占めでオヤジの2キロ坂ダッシュ!!

なんて幸せなんだろう (*^-゜)vィェィ♪



今日は雨の予報で走るのは無理かもしれないと思ってたら朝のうちは曇り空だったので走れてよかった。

梅雨の時期は雨の合間を縫って少しでも走れるときは走っておかないと、特に疲労骨折で2ヶ月半も走れなかったから今日のランニングはモウケモノ。

雨が降るとジムのトレッドミルで走る人が多いけど、あれは自分にはこらえ性がないので30分が限界。

だったら自分の家でロードバイクのローラー台を漕いだ方がいいかも。

ローラー台ならレコーダーにツール・ド・フランスやアメリカでのロードバイクの大会などを沢山録画してるので、それを観ながら選手になりきってロードバイクを漕げば1時間半は漕いでいられる。

ジムのトレッドミルも窓際に置いてあるのが空いてればまだいいけど、どうも壁を見ながら走るのってすぐ飽きちゃう。

窓際のトレッドミルは競争率が高いから殆ど空いてない。

ミルの前に付いてるテレビも面白い番組ならまだしも、ワイドショーを観ながらだとつまらないからテレビは殆ど付けいない。

やっぱりランニングは外で走った方が気持ちいいし、あっちゅうまに2時間なんて平気で走ってられるから環境は大事だ。

それにきれいな景色やアジサイなどの花を見ながら走るって最高。



でも、、、

ホントは綺麗なおねえさん達を見ながらだともっともっと楽しいけど、

田舎に引っ越してからはそんな事は皆無だ。


ってゆうか、人とほとんど遭遇しない。

ウオーキングのじいちゃん・ばあちゃん位なもので、その分集中して走れるからいいのかな?

鹿児島市内を走ってた頃は、集中できなかったな~(^。^;)(^^;;;

だっておねえさん達がいそうな所をめがけて走ってたから。。。
19:21  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT